日野出株式会社
ヒノデ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

  • OpenES
  • 正社員
業種
商社(総合)
商社(紙)/商社(化学製品)
本社
福岡

私たちはこんな事業をしています

取扱商品数は10万アイテム以上。
ふだん利用するスーパーやドラッグストアで購入するティッシュペーパーやトイレットペーパー、刺身やお肉を美味しく見せる食品用トレーなど、日野出株式会社は生活するうえで欠かせない「家庭紙」や「包装資材」の専門商社です。
メーカーと小売業を幅広くつなぐ中間流通業として、九州トップクラスの規模と西日本一円をカバーする営業・物流網を活かし、成長を続けています。

当社の魅力はここ!!

仕事内容

専門商社の枠にとらわれない営業

当社は家庭紙・包装資材の分野において60年以上の歴史をもつ専門商社です。ティッシュペーパー、食品トレーといった家庭紙・包装資材が主な商材になりますが、他にも「取り扱えない商品が無い」というほど多種多様な商品を扱うことができます。食品を加工する機械、商品を陳列する什器備品、バックヤードの物流備品など、ニーズにあわせた幅広い提案が可能です。また、「モノ」だけでなく、物流やシステムを通してお客様の課題を解決するといった、卸売業の枠にとらわれない営業が魅力です。

事業優位性

九州トップの規模と成長性

家庭紙を中心とした紙業事業、包装資材を中心とした包装事業という2つの中核事業を持つことにより、創業以来安定した成長を実現してきました。既存の卸の姿にこだわることなく、時代の変化にあわせ、自社製品を海外生産する輸入事業や、物流・ITへの積極的な投資を進めています。今後も九州のみならず、西日本一円をカバーする営業・物流網を活かし、各地域でNo.1を目指していきます。

企業理念

創業以来一貫する「お役立ち」の理念

当社は福岡・朝倉の地で和紙問屋としてスタートしました。取扱品目を家庭紙全般に広げ事業を拡大する一方、スーパーマーケットの登場による事業環境の変化に伴い、包装資材事業へ進出しました。創業から60年以上を経ても一貫しているのは、「地域密着」と「お役立ちの理念」です。歴史の中で蓄積された知見に加え、地域性や市場動向なども加味した上で、お客様の「お役に立てる」提案を心がけています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

スーパーやディスカウントストア等の小売店だけでなく、精肉加工、水産加工、農事法人など幅広い業種と取引しています。
容器だけでなく、工場であれば生産ラインにあった包装形態を提案するなど、ニーズや要望をヒアリングして「お客様に一番最適なもの」を提案するのが仕事です。
日野出の強みをフルに活かしながら、あなたらしい営業を行ってください!

会社データ

事業内容 家庭紙・包装資材及び機械の卸販売
通信販売事業
店舗設計、施工のプロデュース
輸入事業
設立 昭和26年5月31日
資本金 4,811万円
従業員数 280名(パートタイマー等含む)
売上高 288億円(2018年5月31日現在)
代表者 代表取締役社長 日野 一壽
事業所 本社 /福岡市博多区(本社営業部、管理部、システム、営業開発部、営業業務部、営業1課)

支店 /福岡紙業、福岡包装、広島、山口、北九州、長崎、熊本、大分、鹿児島、宮崎、久留米、佐世保、ロジスティクスセンター、鳥栖センター、コンビニエンス事業部、福岡青果市場
本社所在地 福岡市博多区博多駅南6丁目12-30
関連会社 沖縄日野出(株)、山陰日野出(株)、(株)パックスタイル九州、熊本包装資材(株)、関日野出(株)、(株)アイパックス
主な仕入先 大王製紙(株)・王子ネピア(株)・日本製紙クレシア(株)・カミ商事(株)・コトブキ製紙(株)・服部製紙(株)・(株)エフピコ・中央化学(株)・三菱商事パッケージング(株)・福助工業(株)・リスパック(株)・三井化学ファブロ(株)・シーピー化成(株)
沿革 明治     福岡県朝倉郡杷木町にて創業
大正     産地問屋日野出商店の屋号で営業、広く販売網を開拓
昭和21年  日野出商店の主力を福岡市に移す
   26年  株式会社日野出和洋紙店を設立
   34年  製造部門設立
   36年  小倉に北九州店開設
   37年  福岡市和白に新工場完成
   40年  包装資材の取扱い開始
        資本金1,300万円に増資
   42年  社名を日野出株式会社に改称
        久留米店・熊本店・長崎店・大分店開設
   43年  本社を現在地に新築移転
        広島市に広島店を開設
   46年  山口店開設
        資本金3,500万円に増資
   47年  サンペーパー(株)と合併
        資本金4,000万円に増資
        長崎店を諫早市に新築移転
   48年  鹿児島店・宮崎店を開設
   49年  熊本店を新築移転
   55年  現本社を新増築
   56年  北九州店移転
   58年  新卒定期採用開始
   59年  宮崎店を新築移転
        佐世保市に佐世保店開設
   61年  沖縄に沖縄日野出(株)を設立
        山口店を新築移転
   62年  熊本店新築移転
        店舗用品の取扱い開始
平成 2年  久留米店新築移転
        流通システム研究会発足
        情報紙の取扱い開始
    4年  鹿児島店新築移転
    7年  佐世保店を新築移転
        資本金4,811万円に増資
    8年  新コンピュータシステム導入
    9年  日野出ロジティクスセンター完成
   10年  CI導入
   12年  宮崎店移転
   15年  CVS部稼働
        沖縄日野出株式会社 新社屋完成(西原町)
   17年  輸入事業部稼働
   19年  アメーバー経営導入
   20年  山陰日野出株式会社(松江市)設立
        大分流通業務団地に大分店新社屋完成
        鳥栖センター稼働
   21年  TV会議システム導入 3KMプログラム導入
   23年  北九州店新築
   24年  長崎店を大村市へ新築移転
   25年  CSV部を朝倉市へ移転
        広島店移転
   26年  (株)パックスタイル九州を設立
        宮崎店を新築移転   
   26年  熊本包装資材(株)を買収
   27年  (株)佐賀ポリ工芸社を買収
   28年  福岡青果市場に出店
   29年  (株)アイパックスを買収
環境問題への取り組み 環境保全が地球規模のテーマとしてクローズアップされている今、地球環境を守るための取り組みは、企業に課せられた責務です。そこで日野出では、環境問題への取り組みもスタートしました。

例えば、トレーなどの容器を回収して、再生・再利用のためにリサイクルを推進するほかラップ素材を環境にやさしい素材に切り替えています。また、燃やしてもダイオキシンを出さないゴミ袋や再生紙混入率の高いコピー用紙を積極的に取り扱うなどがその一例です。

このように環境保全の精神をさまざまな商品に託すと同時に、社員一人ひとりの意識の高揚を図る観点から、自動車のアイドリングストップに全社的に取り組むなど、今できることから実行して、地域に貢献しています。

連絡先

〒812-8558
福岡市博多区博多駅南6丁目12番30号
TEL:092-431-7834
FAX:092-431-7833
E-mail:hi-hino@hinode-jp.com

採用担当:管理部 日野 寿人、柳瀬 鉄平
掲載開始:2019/03/01

日野出株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

日野出株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)