大峰堂薬品工業株式会社
オオミネドウヤクヒンコウギョウ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

大峰堂薬品工業株式会社

【製薬/食品/化粧品】
  • 正社員
業種
医薬品
食品/化粧品
本社
奈良

私たちはこんな事業をしています

主に漢方薬などの天然物を使用した医薬品に特化し、製品を開発・製造しています。

新規事業にも積極的に取り組んでおり、
超臨界二酸化炭素抽出技術を用いた機能性素材の開発を展開しているほか、
ヨーロッパ初の医薬品としての漢方薬の販売承認取得を実現するなど海外事業にも着手しています。

健康創造総合企業として、天然物が持つ可能性を追究し、
人に優しく安全な素材や製品として提供しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

老舗メーカーとしての確かな技術で、様々なブランドの製品を開発

当社は漢方薬を中心とした天然物医薬品を得意分野としており、その研究開発力は業界でもトップクラスです。大手製薬メーカーを含めた多くのお客様より製品開発の依頼をいただいており、開発の初期段階から当社が中心となって製品開発を進めています。CMに登場するようなブランドの製品ももしかすると当社が製品開発を行ったものかもしれませんよ。さらに、生薬の調達から製品の包装までを自社で一貫して行うことで、自社による品質チェックを全製造工程で実現。多くのお客様から信頼される高い研究開発力と高品質製品で人々の健康に貢献していきます。

戦略・ビジョン

世界で通用する健康創造総合企業を目指して。

当社はドイツにおいて世界で初めて医薬品としての漢方薬の販売許可を得ることに成功しました。これは漢方薬の世界市場創出のための大きな第一歩。漢方薬の普及活動と現地の人に合った新製品の開発を進めることで日本の誇る伝統医薬品を世界中に広めていきたいと考えています。また、天然物の可能性は漢方薬だけにとどまりません。超臨界二酸化炭素抽出といった当社独自の抽出技術を生かし、食品や化粧品に利用する機能性素材の研究開発をおこなうことでさらなる天然物の可能性を追求。さらに、漢方薬基礎研究や生薬栽培研究にも取り組むことにより世界中で必要とされる健康創造総合企業の地位を確立していきます。

社風・風土

若手の活躍こそが成長発展に不可欠なエンジン。

若手であっても様々な仕事を任せていくのが、当社の特徴であり社内に根付いている風土です。中には入社1年目から新工場の立ち上げに参加し、中心メンバーとして活躍したという猛者も・・・。これは若手社員が主体的に活躍することこそが会社の成長の大きな推進力となると考えているからです。上司やベテラン社員たちも若手社員の才能を引き出し、活躍の場を作ることに労力を惜しみません。若手の柔軟な発想力とベテランの豊富な経験を融合させることで、より一層成長していくことができる、そう信じて全社員が一丸となり、努力を続けています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

「天然物」を活かした商品作りで、人々の幸せに貢献すること。
それが私たち大峰堂薬品工業の使命です。あなたにも、ぜひともその使命を担っていただきたい。

当社は常に、世の中にない新しいものを生みだすことを目指していますので、
みなさん一人一人のアイデアや活躍でどんどん「世の中にとって必要なもの」を生み出してください。

【代表取締役社長 辻将央】

会社データ

事業内容 ■漢方薬を中心とした医薬品の研究開発
■医薬部外品や保健機能食品、化粧品などの原料となる新素材開発
■海外での新規市場開拓
■漢方薬のOEM事業
設立 1947年(創業1900年)
資本金 4,000万円
従業員数 従業員数178名  (2018年11月現在)
売上高 56億9200万(2017年度9月末実績)
代表者 辻 将央 (代表取締役社長)
事業所 ■本社/奈良県大和高田市根成柿574
■奈良工場,奈良第二工場/奈良県五條市住川町1321
■橿原研修センター/奈良県橿原市葛本町字西知見寺501-1
海外展開 天然物回帰の流れの中、特にヨーロッパでは伝統的にハーブ薬が使用されてきた経緯があり
今日益々伝統医薬に対する期待が高まっている。
当社では2011年から現地の提携会社と協力してドイツを中心とした
ヨーロッパの医師と共に漢方薬の普及活動に取り組んでいる。
また、世界初のヨーロッパでの医薬品としての漢方薬の販売を目指して、
ドイツの連邦保健省に対して承認申請もおこなっている。
TradReg2017-BfArmのシンポジウムでは漢方薬の承認申請に関する発表をおこなった。
(BfArmとは連邦保健省直轄の機関である医薬品・医療機器連邦研究所のこと)
2018年にはドイツに新会社を設立。
本格的に漢方薬の販売を開始する準備を進めている。
沿革 1900年 大峰堂薬品工業株式会社の前身である「行者本舗大峯堂 辻利吉」 創業
      
1947年 大峰堂薬品工業株式会社設立
      
1949年 配置向けに製品を販売開始

1968年 漢方エキスプラントを新設
      
1972年 薬局向けに製品を販売開始

1980年 GMP工場完成

1981年 医療用漢方製剤のOEM開始

1989年 橿原研修センターおよび生薬倉庫を新設

2000年 辻 将央が代表取締役社長に就任
      
2004年 King’s College Londonと提携し、アーユルヴェーダの研究を開始

2006年 奈良工場完成
      総敷地面積8900坪の土地に超臨界抽出プラント、アルコール抽出プラント、
      原料・商品倉庫を保有する工場を完成させた。

2008年 辻将央社長、稲盛経営者賞を受賞
      
2012年 イギリスにOMINEDO UK COMPANY LIMITED 設立

2014年 シンガポールにOMINEDO SINGAPORE PTE.LTD 設立

2015年 奈良第二工場完成

2018年 ドイツに新会社設立

2019年 ドイツでの漢方の販売を開始

連絡先

【所在地】〒635-0051 奈良県大和高田市根成柿574 
【電話番号】0745-22-3601
【e-mail】saiyo@ominedo.co.jp
掲載開始:2019/03/01

大峰堂薬品工業株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

大峰堂薬品工業株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)