リクナビ

自己分析ツール利用までのステップ

会員登録 5分で完了 マイページ 自己分析を選択 自己分析 好きなツールを選択

リクナビに会員登録 or ログインして
マイページから自己分析へアクセスしてください。

会員登録して、さまざまな自己分析ツールを活用しよう!

リクナビ自己分析ツールで無料診断

長所などの特徴がわかる 性格検査 向いている仕事がわかる 適職診断 周囲から見た長所・短所がわかる 他己分析 企業志向の軸がわかる 企業選びの傾向分析 自分の順位や平均点がわかる 言語・非言語テスト

リクナビで自己分析を始める

自己分析とは?

就活準備・就活において自己分析とは、自分の特徴を理解するために、これまでの経験や考え方を振り返って整理すること。
自己分析をしておくことで「自分の仕事選びの軸」と「自分自身のこと」を明確にすることができます。
まずは自己分析ツールを活用し、気軽に自己分析をはじめてみませんか?

自己分析のやり方はこちら

自己分析ツール紹介

自己分析に活用できるリクナビの
オリジナルツールを紹介します。

  • 01

    リクナビ性格検査

    あなたの持つ性格や行動特徴がわかる!

    あなたの基本的な特徴から、課題への取り組み姿勢まで検査結果から知ることができます。

    自己PRの準備に活用できます!

    あなたの持ち味などを知ることで、体験を思い返すキッカケになり、自己PRをまとめやすくなります。

  • 02

    リクナビ診断(適職診断)

    向いている仕事のタイプが5分で分かる!

    「働く」という場面に即した個人の特徴や向いている仕事を把握することができます。

    個性や能力を活かした適職探しに役立ちます!

    診断結果から自分に合った仕事の軸がわかり、適職が見つけやすくなります。

  • 03

    リクナビ他己分析

    周囲からみた自分を知ることができる!

    知人にアンケートを送って答えてもらうだけで、周囲からみた自分の特徴や強みがわかります。

    新たな自分の一面を発見でき自己PRに活用できます!

    自分が知らない強みや改善点に気づけて、自己分析の答え合わせにも役立ちます。

  • 04

    企業選びの傾向分析

    気になる企業を選ぶだけであなたの志向がわかる!

    表示される企業から気になる1社を選んでいくだけで、あなたの企業選びの軸を明らかにします。

    あなたの興味にあった企業の発見に役立ちます!

    あなたが興味を持ちそうな企業がピックアップされるため、気になる企業と出会えるかも。

  • 05

    言語・非言語Webテスト

    適性検査の受検に向けた準備ができる!

    言語分野(語い力や文章理解力)と非言語分野(計算力や論理的思考力)の問題に挑戦できます。

    順位や平均点から苦手分野の洗い出しに活用できる!

    各分野の自分の得点・順位・平均点などを知ることができ、苦手分野の理解に繋がります。

会員登録して、さまざまなツールを活用しよう!

リクナビで自己分析を始める

自己分析のやり方を学ぶ

  • 自己分析の一般的なやり方

    自己分析のやり方で最も一般的なのは、自分がこれまでやってきたことや印象に残っていること、うれしかったこと、悲しかったこと、頑張れたこと、つまらなかったことなど、いろんな出来事やエピソードをたくさん思い出し、「自分史」や「モチベーショングラフ」などの形式で書き出していく方法です。
    「自分史」は年代順に何があったか書き出す形式で、「モチベーショングラフ」は喜怒哀楽などの感情で印象に残っていることを出していく形式を指します。あなたに合うやり方で自分を振り返ってみましょう。

  • まずは自分を振り返ってみよう

    自分を振り返るために「リクナビ性格検査」や「リクナビ診断」などの自己分析ツールを生かす方法があります。
    上記のツールを使うと「物事に主体的に取り組む行動力がある」というようなあなたの持ち味などを知ることができます。
    その結果を起点にして、「どんなときにそんな行動力を発揮しただろう?」「主体的に取り組んだのは、どういうときのどんなことだっただろう?」と、自分の出来事を思い出すキッカケにして振り返ってみてください。

  • 身近な人と話してみよう

    自分ひとりで考えていると、意外と忘れてしまっているエピソードがあったりします。そこで、保護者、兄弟姉妹、友達、ゼミや授業の先生、大学職員の方など身近な人と話してみるのも一つの手段です。
    思わぬエピソードが出てきたり、ほかの人からの自分の印象を話してもらえたりするので、自分を客観的に見られる良い機会です。
    そのきっかけとして、他己分析ツールを活用するのもおすすめです。

  • なぜ?を探ろう

    出来事がたくさん並んだら、なぜそれらをやったのか、どうして印象に残っているのかなど、「なぜ?」を考えてみましょう。
    当時は、ただ「楽しそうだったから」くらいの理由だと思っても、なぜ楽しいと思ったのか、何があると楽しいのかなど、言語化してみてください。
    そうすると、出来事や事実はさまざまでも、自分なりのこだわりや価値観、強みや得意・不得意などの共通点が見えてくるはずです。
    その共通点を通して、あなたが人生での中で大切にしていることが具現化し、自己理解が深められるようになるはずです。

会員登録して、さまざまなツールを活用しよう!

リクナビで自己分析を始める

自己分析でよくある質問

「自分に合う企業を見つけるため」と「自分自身を他人にわかりやすく伝えるため」に必要です。

<自分に合う企業を見つけるため>
世の中に多数ある企業の中から自分に合う企業を見つけるには、「自分は、働く上で何を重視したいのか」を明らかにすることがヒントになります。
例えば、「目標に向かって個人ではなくチームで一丸となって頑張りたい」「お客さまから直接『ありがとう』と言ってもらえる仕事がいい」など、重視したいことが人それぞれにあると思います。
このような「働く上で大事にしたい価値観」を明らかにして企業選びの基準を持つことが、自己分析の目的の一つです。

<自分自身を他人にわかりやすく伝えるため>
インターンシップや採用選考においては、初めて接点を持つ企業の人、すなわち、自分のことをまったく知らない人に対して、「自分はどんな人で、何を考え、どういう個性があるのか」などを、エントリーシートや面接を通じて文字数や時間に制約がある中で、伝えなければなりません。
そのためには、自分の特徴を把握し、適切な言葉で端的に伝えられるよう準備が必要です。

具体的にいつまでに自己分析をやっておかないといけない、ということはありません。

「企業研究は自己分析が終わっていないといけないのでは…」と就活準備の着手の順番について不安に思うかもしれません。けれども、自己分析の前に気になる企業を調べてみても、ESを書きながら自己分析してもいいんです。むしろ、自己分析は就活を通して深めていくもの。
一度やったら終わりではなく、企業研究や面接を重ねていくと、「自分の仕事選びの軸」や「自分自身のこと」の理解が深まっていくので、その都度新しく得た観点や考えを整理していきましょう。

例えば、面接で志望動機を尋ねられた時です。

そのような時は、「御社の○○という企業理念にひかれたから」「御社の○○な社風にひかれたから」のように伝えればよいと思うかもしれません。
けれど、“なぜひかれたのか”具体的な理由まで伝えないと、あなたが入社して何をやりたいと考えているのか企業は判断ができません。
この“なぜ”を明確にしておかないと、「面接時に答えられないことがあった」「結局自分が何をしたいかよくわからなかった」など困ることにつながります。
自己分析をして、これまでの経験や考え方を振り返って整理することで「なぜ」を明確にしておきましょう。

性格や適職などがわかり自己分析に役立つツールです。

選択式で簡単に診断できることが多いため、自己分析の導入・下地作りに向いています。
リクナビでは、性格・適職以外にも「周囲から見たあなたの強みや弱み」「企業選びの傾向」「基礎能力(言語分野、非言語分野の能力)」などがわかる自己分析ツールを用意しています。

関連記事

“自己分析“は就活でどうして必要なの?方法は?

就活準備を進めていると、「自己分析をした方がいい」と耳にすることもあるのではないでしょうか。とはいえ、「自分を分析するってどういうこと?」「具体的に何をするといいの?」と思った人に向けて、就活で自己分析が必要とされる理由、就活を経験した先輩たちのどれくらいの割合が自己分析をしたのか、どんな方法で自己分析をしたのかを紹介。それぞれの自己分析の方法についても解説していきます。

5分で本格診断!自己分析ツール「リクナビ診断」。活用法やメリットも解説

自己分析ツール「リクナビ診断」を使うと、約5分であなたに向いている仕事を知ることができます。企業探しや採用選考の過程で直面することになる「あなたはどんな人?」「働く上で重視することは?」など、自分の特徴や企業選びの基準に関する質問。答えを出すには、自分について知る=自己分析が近道です。「リクナビ診断」を使って自己分析を進めてみませんか?

SNSでシェアしよう!

facebook twitter
リクナビ

自己分析ツール利用までのステップ

会員登録 5分で完了 マイページ 自己分析を選択 自己分析 好きなツールを選択

リクナビに会員登録 or ログインして
マイページから自己分析へアクセスしてください。

会員登録して、さまざまな自己分析ツールを活用しよう!

リクナビ自己分析ツールで無料診断

長所などの特徴がわかる 性格検査 向いている仕事がわかる 適職診断 周囲から見た長所・短所がわかる 他己分析 企業志向の軸がわかる 企業選びの傾向分析 自分の順位や平均点がわかる 言語・非言語テスト

リクナビで自己分析を始める

自己分析とは?

就活準備・就活において自己分析とは、自分の特徴を理解するために、
これまでの経験や考え方を振り返って整理すること。
自己分析をしておくことで「自分の仕事選びの軸」と「自分自身のこと」を
明確にすることができます。まずは自己分析ツールを活用し、
気軽に自己分析をはじめてみませんか?

自己分析のやり方はこちら

自己分析ツール紹介

自己分析に活用できるリクナビのオリジナルツールを紹介します。

  • 01

    リクナビ性格検査

    あなたの持つ性格や行動特徴がわかる!

    あなたの基本的な特徴から、課題への取り組み姿勢まで検査結果から知ることができます。

    自己PRの準備に活用できます!

    あなたの持ち味などを知ることで、体験を思い返すキッカケになり、自己PRをまとめやすくなります。

  • 02

    リクナビ診断(適職診断)

    向いている仕事のタイプが5分で分かる!

    「働く」という場面に即した個人の特徴や向いている仕事を把握することができます。

    個性や能力を活かした適職探しに役立ちます!

    診断結果から自分に合った仕事の軸がわかり、適職が見つけやすくなります。

  • 03

    リクナビ他己分析

    周囲からみた自分を知ることができる!

    知人にアンケートを送って答えてもらうだけで、周囲からみた自分の特徴や強みがわかります。

    新たな自分の一面を発見でき
    自己PRに活用できます!

    自分が知らない強みや改善点に気づけて、自己分析の答え合わせにも役立ちます。

  • 04

    企業選びの傾向分析

    気になる企業を選ぶだけで
    あなたの志向がわかる!

    表示される企業から気になる1社を選んでいくだけで、あなたの企業選びの軸を明らかにします。

    あなたの興味にあった企業の発見に役立ちます!

    あなたが興味を持ちそうな企業がピックアップされるため、気になる企業と出会えるかも。

  • 05

    言語・非言語Webテスト

    適性検査の受検に向けた準備ができる!

    言語分野(語い力や文章理解力)と非言語分野(計算力や論理的思考力)の問題に挑戦できます。

    順位や平均点から苦手分野の
    洗い出しに活用できる!

    各分野の自分の得点・順位・平均点などを知ることができ、苦手分野の理解に繋がります。

会員登録して、さまざまなツールを活用しよう!

リクナビで自己分析を始める

自己分析のやり方を学ぶ

  • 自己分析の一般的なやり方

    自己分析のやり方で最も一般的なのは、自分がこれまでやってきたことや印象に残っていること、うれしかったこと、悲しかったこと、頑張れたこと、つまらなかったことなど、いろんな出来事やエピソードをたくさん思い出し、「自分史」や「モチベーショングラフ」などの形式で書き出していく方法です。
    「自分史」は年代順に何があったか書き出す形式で、「モチベーショングラフ」は喜怒哀楽などの感情で印象に残っていることを出していく形式を指します。
    あなたに合うやり方で自分を振り返ってみましょう。

  • まずは自分を振り返ってみよう

    自分を振り返るために「リクナビ性格検査」や「リクナビ診断」などの自己分析ツールを生かす方法があります。
    上記のツールを使うと「物事に主体的に取り組む行動力がある」というようなあなたの持ち味などを知ることができます。その結果を起点にして、「どんなときにそんな行動力を発揮しただろう?」「主体的に取り組んだのは、どういうときのどんなことだっただろう?」と、自分の出来事を思い出すキッカケにして振り返ってみてください。

  • 身近な人と話してみよう

    自分ひとりで考えていると、意外と忘れてしまっているエピソードがあったりします。
    そこで、保護者、兄弟姉妹、友達、ゼミや授業の先生、大学職員の方など身近な人と話してみるのも一つの手段です。
    思わぬエピソードが出てきたり、ほかの人からの自分の印象を話してもらえたりするので、自分を客観的に見られる良い機会です。
    そのきっかけとして、他己分析ツールを活用するのもおすすめです。

  • なぜ?を探ろう

    出来事がたくさん並んだら、なぜそれらをやったのか、どうして印象に残っているのかなど、「なぜ?」を考えてみましょう。
    当時は、ただ「楽しそうだったから」くらいの理由だと思っても、なぜ楽しいと思ったのか、何があると楽しいのかなど、言語化してみてください。
    そうすると、出来事や事実はさまざまでも、自分なりのこだわりや価値観、強みや得意・不得意などの共通点が見えてくるはずです。
    その共通点を通して、あなたが人生での中で大切にしていることが具現化し、自己理解が深められるようになるはずです。

会員登録して、さまざまなツールを活用しよう!

リクナビで自己分析を始める

自己分析でよくある質問

「自分に合う企業を見つけるため」と「自分自身を他人にわかりやすく伝えるため」に必要です。

<自分に合う企業を見つけるため>
世の中に多数ある企業の中から自分に合う企業を見つけるには、「自分は、働く上で何を重視したいのか」を明らかにすることがヒントになります。
例えば、「目標に向かって個人ではなくチームで一丸となって頑張りたい」「お客さまから直接『ありがとう』と言ってもらえる仕事がいい」など、重視したいことが人それぞれにあると思います。
このような「働く上で大事にしたい価値観」を明らかにして企業選びの基準を持つことが、自己分析の目的の一つです。

<自分自身を他人にわかりやすく伝えるため>
インターンシップや採用選考においては、初めて接点を持つ企業の人、すなわち、自分のことをまったく知らない人に対して、「自分はどんな人で、何を考え、どういう個性があるのか」などを、エントリーシートや面接を通じて文字数や時間に制約がある中で、伝えなければなりません。
そのためには、自分の特徴を把握し、適切な言葉で端的に伝えられるよう準備が必要です。

具体的にいつまでに自己分析をやっておかないといけない、ということはありません。

「企業研究は自己分析が終わっていないといけないのでは…」と就活準備の着手の順番について不安に思うかもしれません。けれども、自己分析の前に気になる企業を調べてみても、ESを書きながら自己分析してもいいんです。
むしろ、自己分析は就活を通して深めていくもの。
一度やったら終わりではなく、企業研究や面接を重ねていくと、「自分の仕事選びの軸」や「自分自身のこと」の理解が深まっていくので、その都度新しく得た観点や考えを整理していきましょう。

例えば、面接で志望動機を尋ねられた時です。

そのような時は、「御社の○○という企業理念にひかれたから」「御社の○○な社風にひかれたから」のように伝えればよいと思うかもしれません。
けれど、“なぜひかれたのか”具体的な理由まで伝えないと、あなたが入社して何をやりたいと考えているのか企業は判断ができません。
この“なぜ”を明確にしておかないと、「面接時に答えられないことがあった」「結局自分が何をしたいかよくわからなかった」など困ることにつながります。
自己分析をして、これまでの経験や考え方を振り返って整理することで「なぜ」を明確にしておきましょう。

性格や適職などがわかり自己分析に役立つツールです。

選択式で簡単に診断できることが多いため、自己分析の導入・下地作りに向いています。
リクナビでは、性格・適職以外にも「周囲から見たあなたの強みや弱み」「企業選びの傾向」「基礎能力(言語分野、非言語分野の能力)」などがわかる自己分析ツールを用意しています。

関連記事

“自己分析“は就活でどうして必要なの?方法は?

就活準備を進めていると、「自己分析をした方がいい」と耳にすることもあるのではないでしょうか。とはいえ、「自分を分析するってどういうこと?」「具体的に何をするといいの?」と思った人に向けて、就活で自己分析が必要とされる理由、就活を経験した先輩たちのどれくらいの割合が自己分析をしたのか、どんな方法で自己分析をしたのかを紹介。それぞれの自己分析の方法についても解説していきます。

5分で本格診断!自己分析ツール「リクナビ診断」。活用法やメリットも解説

自己分析ツール「リクナビ診断」を使うと、約5分であなたに向いている仕事を知ることができます。企業探しや採用選考の過程で直面することになる「あなたはどんな人?」「働く上で重視することは?」など、自分の特徴や企業選びの基準に関する質問。答えを出すには、自分について知る=自己分析が近道です。「リクナビ診断」を使って自己分析を進めてみませんか?

SNSでシェアしよう!

facebook twitter