鈴榮特許綜合事務所スズエトッキョソウゴウジムショ

鈴榮特許綜合事務所

国内外の特許権、実用新案権、意匠権及び商標権の取得代理等
業種 コンサルタント・専門コンサルタント
その他サービス
本社 東京

先輩社員にインタビュー

第1技術管理部
安藤 貴寿(35歳)
【出身】東京理科大学大学院  基礎工学研究科 材料工学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 特許技術者は、世の中に影響を与える新しい技術に触れられる仕事です。
特許技術者として、主に国内クライアントの日本国・外国特許取得案件を担当し、特許明細書の作成と中間処理を行っています。流れとしては、まず、メーカーの知的財産部の方および発明者からご依頼を頂き、発明の提案内容について打ち合わせをします。打ち合わせ結果に基づいて、特許明細書を作成。その後、依頼主に作成した明細書の確認をしていただき、適宜修正対応を行い、出願します。私たちが取り扱う内容は、まだ世に出ていない新しい技術なので、常に新鮮な気持ちで仕事に取り組めることが楽しいですね。実際に自分が担当した案件の技術が使用された製品・サービスが世に公開されたとき、大きな達成感が得られます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
担当外の案件に挑戦させてもらい、しっかりと遂行した経験。
私が所属していない部署の緊急案件を任せてもらえたことが印象に残っています。背景技術を知っているということで、部署を超えて私が選ばれました。普段は電気系の制御や構造に関する案件を担当しているため、ソフトウェアに関する発明である緊急案件は、正直、慣れていない分野でした。しかし、先輩たちに確認するなど周囲の協力のもと、原稿作成を進め、予定通りに納品することが出来ました。新たな成長を実感するとともに、頼りになる先輩方が多くいる環境の有難さが身に染みました。弊所は、部署毎にメインで取り扱う技術分野が異なっており、各技術者は異なる技術のエキスパートです。ひとつの技術を深く掘り下げている発明者と対等に打ち合わせするためにも、社内で協力し知識を共有できる風土の弊所は働きやすいと感じています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 歴史の長さと実績、技術力の高さに興味を持ちました。
前職は地方のメーカーでエンジニアとして勤めており、勤務地が都内であること、今までの経験を活かせることを重視して転職活動を進めていました。エージェントの提案で、弊所を知ったのですが企業研究を進めるうちに、100年を超える長い歴史のある伝統的な事務所であり、実績と技術力が高いことに強く興味を持ちました。大きな事務所のため研修体制がしっかりしている点も、異業界から飛び込む私にとって重要なポイントでしたね。これは入所後に知ったことですが、研修では業務において重要な法律を基礎から学べますし、その後、部署に配属されてからも慣れに応じて定期的に勉強会を開催してもらえるなど、新卒の方と同じ教育体制でイチから知識を高めることができました。こうした育成環境は弊所の強みだと思います。
 
これまでのキャリア 前職:半導体メーカーのプロセスエンジニア(3年)
現職:第1技術管理部の特許技術者(2014年入所~現在に至る)

この仕事のポイント

職種系統 コンサルタント・研究員
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

会社のことを知るにしても、外から見る場合と中から見る場合では違いがありますので、実際に働いている社員の話を参考にした方がいいと思います。ストレスなく働ける仕事こそが強みを活かせる適職だと思うので、そういった仕事は何かよく考えながら自身に合った環境を探すことが大切です。とは言え、適性・適職は、自分だけの目線では捉えきれないこともあります。やりたい仕事に勇気をもって一度挑戦してみるということも、新たな得意分野の発見に繋がると思います。

鈴榮特許綜合事務所の先輩社員

弁理士として特許出願に関する原稿作成から権利化までを行っています。

第9技術管理部
鷹巣 明彦
横浜国立大学大学院工学府 物理情報工学専攻

商標の取得から更新までをトータルにサポートします。

商標部
金澤 結花
神奈川大学 経営学部 国際経営学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる