株式会社明光ネットワークジャパン
メイコウネットワークジャパン
2024

株式会社明光ネットワークジャパン

明光義塾本部/【東証プライム】 教育/塾
  • 株式公開
業種
教育関連
出版/スポーツ・フィットネス・ヘルス関連施設/専門店(音楽・書籍・インテリア)/コンサルタント・専門コンサルタント
本社
東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

◆人の可能性をひらく企業グループとして◆
個別指導のパイオニアとして市場の開拓を続けてきた明光ネットワークジャパン。個別指導No.1の明光義塾事業をはじめ、様々な教育事業を展開しております。そして、今まで培ってきたノウハウを最大限に活かし新たな価値創造をしていくことで、社会貢献を続けてまいります。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

Purpose経営への移行による事業の拡大と多角化

個別指導のパイオニアとして明光義塾の拡大を続けて今年で38年。長い年月の中で我々が社会に提供してきた本質的な価値とは?なぜ我々は皆様から選ばれ続けてきたのか?を考え、社会的な存在意義であるPurpose、将来の目指す姿であるVision、行動指針のValueを策定しました。Purpose:「やればできる」の記憶をつくるVision: “Bright Light for the Future”人の可能性をひらく企業グループとなり輝く未来を実現するValue:「隣に立つ」「繋ぐ」「自分にYES」我々はPurposeを起点として、経済合理性だけを追い求めるのではなく、予測できない時代に対して社会課題の解決策を提案し、変化し続ける企業として価値創造を続けていきます。

戦略・ビジョン

明光グループの目指す未来

Vision(我々の目指す未来):”Bright Light for the Future"「人の可能性ひらく企業グループとなり輝く未来を実現する」。明光ネットワークジャパンは、弊社のグループ企業とともに「明光グループ」としてこのVisionの実現に向けて社会への貢献を続けております。これから先の我が国においては、ITやデジタル技術の発達が進む一方、人口減少が起こり、「人」の重要性がますます高まってまいります。弊社だけでなくグループ企業一丸となり、人の可能性をひらく企業グループとして、社会から選ばれ続ける企業でありたいと考えております。

魅力的な人材

当社の求める人物像と採用担当からのメッセージ

目まぐるしく変化する現代社会では、「やりたいこと」や「やるべきこと」は変わって当然です。新たなステージへと向かう弊社のあるべき姿は、変化を恐れずに能動的に行動できる人材の志向性が多様性に富んでいる組織です。つまり、「何をしたいか」よりも「なぜするのか」が明確である人材を求めています。当事者意識を持ち、自身の描いた未来に向かってやり抜く力を持った皆さんと共により良い社会を創っていきたいと考えております。私たちに共感いただける一人でも多くの皆さんにお会いできることを楽しみにしております。

会社データ

事業内容 「明光義塾」運営 (日本初の個別指導塾)
「自立学習RED」(AIを活用した個別最適化カリキュラムで学ぶ自立学習塾の運営)
「ESL club」運営
 (バイリンガル講師による個別英語スクール)
「明光サッカースクール」運営
 (プロコーチが指導するサッカースクール)
「明光キッズ」運営
 (長時間預かり型学習塾(学童保育))
「明光キッズe」運営
 (オールイングリッシュの学童保育)
「MEIKO GLOBAL」運営
 (外国人雇用に関するワンストップサービス)
「明光キャリアエージェント」運営
 (日本人人材紹介サービス)
「明光スタッフィング」運営
 (日本人人材派遣サービス)
「MYLAB(マイラボ)」運営
 (子ども専門のプログラミング教室)
「ふれたび」運営
(子どもたちを対象としたイベント・旅行事業)
「しんぷる保育」運営
(保育士向けの有料職業紹介事業)
「しんぷる栄養士」運営
(栄養士向けの有料職業紹介事業)
各事業ブランドのフランチャイズ展開
設立 1984年9月(昭和59年)

会社ができて38年。めまぐるしい社会の変化とニューノーマル時代において、価値観の広がりを感じるたびに、「教育インフラ」としての自負と責務の大きさを再認識しました。生徒さん・親御さん・講師やスタッフの皆さん、そして何より社員に対して「もっとできることがある」という未来への希望は増すばかりです。これからも、会社としてたくさんのチャレンジをしていき、たくさんの人たちがワクワクできる未来の実現を果たしたいと思っています。
代表者 代表取締役社長 山下一仁
企業理念 ◆創業の精神◆
【経営理念】
教育・文化事業への貢献を通じて人づくりを目指す
フランチャイズノウハウの開発普及を通じて自己実現を支援する
【教育理念】
個別指導による自立学習を通じて、創造力豊かで自立心に富んだ、21世紀社会の人材を育成する
【基本方針】
教育・文化事業への貢献を通じて顧客・株主・社員の三位一体の繁栄を目指す

◆Pupose/Vision/Value◆
【Purpose】「やればできる」の記憶をつくる
【Vision】 "Bright Light for the Future"
 人の可能性をひらく企業グループとなり
 輝く未来を実現する
【Value】隣に立つ / 繋ぐ / 自分にYES
資本金 9億7,251万円
明光義塾事業 個別指導のパイオニアとして常にNo.1で市場を牽引

明光義塾事業は、弊社の中核となる事業です。会社設立の1984年(昭和59年)以来フランチャイズ展開により拡大を続け、今では全国47都道府県すべてに教室展開をしております。

明光義塾は「個別指導による自立学習を通じて、創造力豊かで自立心に富んだ、21世紀社会の人材を育成する」という教育理念を掲げ、その具現化のために奔走しております。
◆明光義塾の特徴◆
1.自立学習のための個別指導
2.小学生~高校生までを対象とした未来教育
3.全国すべての都道府県に教室を展開
4.カウンセリングを強みとした「人」重視の運営
5.ICTコンテンツの導入による地域に合わせた
  質の高い授業運営

また本部DX推進室を置き、デジタルマーケティングの実践による新たな顧客創出への挑戦も進めております。
全国すべての都道府県に教室展開している学習塾は明光義塾だけです。身近で親しみやすい学習塾として認知されてきています。こうした知名度の高さ、ブランド力が明光義塾の強みとなっています。
自立学習RED AIでやればできるを実現、「自立学習RED」
現在全国170教室以上を展開する当事業は、AIによる学習指導が生徒・保護者に高く評価されております。教室長たちが「子どもたちとたっぷり向き合える」運営形態です。

◆自立学習REDの特徴◆
1.AIタブレットを活用した自立学習
2.生徒と教室長が常に意思疎通を密に図る
3.新規事業として急速に拡大中
明光キッズ 子供たちと考える学童事業( 学童保育の機能を兼ね備えた長時間預かり型学習塾)

我々は、豊かさと引き換えに環境問題を始めとした様々な社会問題に直面しております。そして様々な社会問題の中でこれからの世の中を生き抜いていくのは、紛れもなく今の子どもたちです。つまり、様々な社会課題を解決していくのはこれからの子どもたちなのです。教育業界をフィールドに「保育」事業を展開する当社は、日々目の前の子どもたちに様々な「まなび」と「たいけん」を提供しています。時にはSDGsについて考えてみたり、キャンプ等の課外活動をしたりと、「学びの根っこ」を育てています。

「明光の学童に通っていただいた子供たちが、豊かで明るい持続可能な未来を創っていく」そんな未来を描きながら、日々事業を展開しております。
明光グローバル 【外国人への就職支援や企業への採用支援など
 一気通貫の人材サービス】
日本の少子高齢化により企業による働き手の争奪戦が一層過激なる中で、外国人雇用や企業への採用支援の重要性は高まっています。「人の可能性をひらく企業グループ」として、新たなフィールドで社会貢献をめざしてまいります。
【日本人や外国人へのキャリア支援】
終身雇用の時代が終わりを迎え、誰しも「キャリア」について考える時代になりました。カウンセリングに強みを持つ弊社だからこそ、明光義塾で得たノウハウを最大限に生かし、新たな社会貢献に努めております。
明光サッカースクール 元プロ選手や公認指導ライセンスを持つプロコーチが、本物の技術を直接指導

明光サッカースクールのコーチは元プロサッカー選手をはじめFIFA(国際サッカー連盟)やJFA(日本サッカー協会)公認の指導ライセンスをもつ高い技術と豊富な経験を持つプロコーチです。子どもたちのサッカー技術の向上とともに、サッカーへの夢や情熱を通して子どもたちが自立した人材へと成長していくことを目指しています。

売上高 98億2800万円  2005年8月実績
 (経常利益 22億4200万円)
100億4700万円  2006年8月実績
 (経常利益 24億8800万円)
103億8600万円  2007年8月実績
 (経常利益 27億4300万円)
112億3500万円  2008年8月実績
 (経常利益 29億100万円)
118億2500万円   2009年8月実績
 (経常利益 30億5800万円)
128億5500万円 2010年8月実績
 (経常利益 32億4300万円)
137億1500万円 2011年8月実績
 (経常利益 34億7700万円)
144億8400万円 2012年8月実績
 (経常利益 37億2700万円)
152億7900万円 2013年8月実績
 (経常利益 37億1800万円)
155億6500万円 2014年8月実績
 (経常利益 35億3700万円)
187億6800万円 2015年8月実績 ※連結
 (経常利益 38億 300万円)
186億7200万円 2016年8月実績 ※連結
 (経常利益 23億2500万円)
193億8300万円 2017年8月実績 ※連結
 (経常利益 28億 600万円)
191億1600万円 2018年8月実績 ※連結
 (経常利益 15億5800万円)
199億6700万円 2019年8月実績 ※連結
 (経常利益 19億700万円)
182億1800万円 2020年8月実績 ※連結
 (経常利益 4億5100万円)
190億3900万円 2021年8月実績 ※連結
 (経常利益 11億1300万円)
従業員数 612 名
男性社員:382 名、女性社員:230 名
平均年齢 36.9歳
事業所 ■本社(東京都新宿区西新宿)
■北海道事務局(北海道札幌市中央区)
■仙台事務局(宮城県仙台市青葉区)
■名古屋事務局(愛知県名古屋市中村区)
■大阪事務局(大阪府大阪市)
■九州事務局(福岡県福岡市)
■明光義塾各教室
沿革 昭和59年09月 全学年を対象とした個別指導塾の
          全国フランチャイズチェーン展開を
          目的として『サンライト株式会社』
          を設立。『明光義塾』フランチャイズ
          及び直営教室による運営を開始。
昭和61年07月 『明光義塾』100教室を達成。
昭和61年12月 商号を現在の『株式会社明光
          ネットワークジャパン』に変更。
昭和62年01月 全国ネットワーク構築のため、
          コンピュータによる独自の学習
          総合管理システム『CMIシステ
          ム』による生徒授業管理を開始。
昭和62年03月 大阪事務局を設置。
平成08年04月 名古屋事務局を設置。
平成09年04月 JASDAQに株式を店頭登録。
平成11年09月 学習総合管理システム『CMI
          システム』に教室運営・経営
          管理機能を加えた「METS-
          明光トータルシステム-」を導入。
平成14年02月 『明光義塾』1,000教室を達成。
平成14年11月   サッカースクール事業に参入
平成15年02月 『明光義塾』1,100教室を達成。
             北海道事務局を設置。
平成15年07月 『明光義塾』1,200教室を達成。
平成15年08月 東京証券取引所市場第2部に上場。
平成16年03月 『明光義塾』1,300教室を達成。
平成16年08月 東京証券取引所市場第1部に上場。
平成17年02月 『明光義塾』1,400教室を達成。
平成18年03月 『明光義塾』1,500教室を達成。
平成19年07月 『明光義塾』1,600教室を達成。
平成20年08月 『明光義塾』1,700教室を達成。
平成21年06月 『明光義塾』1,800教室を達成。
平成22年02月 本社を東京都新宿区西新宿に移転。
平成22年07月 『明光義塾』1,900教室を達成。
平成23年02月 小学生対象の長時間預かり型
          学習塾「明光キッズ」開校。
平成23年08月 『明光義塾』2,000教室を達成。
平成24年02月 プロコーチが教えるサッカースクール
          「明光サッカースクール」の
          フランチャイズ展開開始。
平成24年07月 模試及び教材販売、学内予備校を
          運営する株式会社ユーデックを
          連結子会社化。学術専門書出版の
          株式会社晃洋書房を子会社化。
平成25年02月 韓国人向け個別指導塾「MEIKO
           PLUS Academy」開校
平成26年09月 明光義塾、早稲田アカデミーの
                       フランチャイズ運営を行う株式会社
                 MAXISエデュケーションを連結子会社化
平成26年10月 日本語学校及びインターナショナル
                       スクールを運営する株式会社
                       早稲田EDUを連結子会社化
平成27年11月 台湾において個別指導塾事業を展開
          するための合弁会社 明光文教事業
          股分有限公司を設立
平成28年03月 JCLI日本語学校を運営する国際人材
          開発株式会社を連結子会社化
          大学入試問題の査定及びサンプル
          問題の作成を行う株式会社古藤
          事務所を連結子会社化
平成30年04月 明光義塾のフランチャイズ運営を行う
          株式会社ケイラインを連結子会社化
平成30年12月 明光義塾のフランチャイズ運営を行う
          株式会社ケイ・エム・ジーコーポ
          レーションを連結子会社化
令和元年09月 日本初の就労インバウンドトレー
                   ニング施設「YOLO BASE」を運営する
                   株式会社YOLO JAPANと業務提携
                   契約を締結
令和 2年09月  明光義塾のフランチャイズ運営を行う
                   株式会社One linkを連結子会社化
                    (簡易新設分割)
令和 3年12月  明光義塾のフランチャイズ運営を行う
          株式会社クース・コーポレーションを
                  連結子会社化
令和 4年04月 保育士・栄養士の人材紹介サービス事業の
                  運営を行うSimple株式会社を連結子会社化
令和 4年06月 デジタルマーケティング&DX事業を行う
                  Go Good株式会社を設立(連結子会社化)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)