鳥越製粉株式会社
トリゴエセイフン
2023

鳥越製粉株式会社

東証一部上場/Pan de Smart
  • 株式公開
業種
食品
本社
福岡
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

当社は、パン、麺、菓子などの製造メーカー様に対して、小麦粉やミックス粉などの業務用製品を提供している会社です。BtoBを主体とするため当社の製品だと気づかれていないことが多いですが、1960年日本で初のフランスパン専用粉を開発。1975年ライ麦粉の製造開始、2007年低糖質食品パンdeスマートの発売など、時代を反映した新しい製品を作り出している会社です。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

日本初。日本唯一。がたくさんある会社

日本初のフランスパン専用粉「フランス印」発売、日本唯一のライ麦粉専用工場の建設、日本初の小麦の皮(ブラン)を活用した低糖質粉の開発などなど。”穀物加工”という一見目立たない業界において、当社には知られざる「日本初」「日本唯一」がたくさんあります。また、国内に留まらず、アメリカ、ドイツ、イギリスなどの有力メーカーと技術・業務提携を行っています。このように、常に時代の最先端を走り続ける、「独創・挑戦の精神」が当社の強みです!

仕事内容

世の中やお客様の要望に応え続ける仕事

世の中のお客様の要望に応え続けることで成長できる。当社の特徴は「研究開発型企業」だということ。今ある商品の提供だけでなく、社内の各部署が連携し、時代の変化やお客様のご要望に応じた商品の提供にこだわっています。まず、「営業」が日々接するお客様の要望を集め、その情報をもとに、「研究開発」が当社の資源や技術力を用いて商品の改良・開発に取り組みます。そして、製品化が決まった商品は、「製造」「品質保証」の手によって自社工場で生産、品質確認がなされ、お客様のもとに届けられます。このように、常に世の中のことにアンテナを張り、社内で協力し合いながら「世の中に求められる商品」を提供し続ける仕事です。

社風・風土

1人1人の成長が要!少数精鋭部隊!

当社は東証一部上場も果たし、数多くの特許や国内No,1を持っていながら、社員数は300名に満たない、まさに“少数精鋭”です。だからこそ、1人1人の成長を大切にしています。成長のためには「スキル」と「経験」その両方が必要です。当社では、会社の定める「研修」はもちろん、外部の専門業者と提携した「通信教育」、「国内外への留学」など自らの目指すキャリアに応じた学びの機会があります。また、当社では「ジョブローテーション」によって、それぞれの志向や適性に応じた経験を得られる機会を設けています。

会社データ

事業内容 製粉・ミックス類等加工食品・精麦飼料の各部門における製品の製造と販売

■製粉部門  
小麦粉(パン用、めん用、菓子用)、ライ麦粉、ふすま

■ミックス類等加工食品部門
業務用ならびに家庭用プレミックス、製パン・製菓用原材料、食品素材、品質改良剤、日持向上剤、冷凍食品、ドライイースト、食塩、米粉 、大麦加工品

■精麦飼料部門
焼酎・味噌用等の原料麦、押麦、食用レトルト加工大麦、麦ぬか
設立 1935年12月
資本金 28億526万円(2020年12月現在)
従業員数 265名(男215名 女50名)  ※2020年12月現在
売上高 218億7,063万円(連結 2020年12月期)
181億8,265万円(単体 2020年12月期)
代表者 代表取締役会長兼社長 鳥越 徹
事業所 ■本社
 〒812-0014
 福岡市博多区比恵町5番1号
 TEL:092-477-7110

・本社/福岡
・研究開発/福岡、東京 (船橋市)
・営業所/福岡、広島、大阪、東京、仙台
・工場/吉井、福岡、広島、大阪、静岡、東京(船橋市)
仕事内容 ■営業
パン、麺、菓子などの二次加工メーカーを中心に、当社の商品を販売。また、実際にパンや麺を作り、プレゼンテーションを行う機会もあるため、年間を通して技術研修にも取り組んでいます。

■研究開発
小麦粉やプレミックス、ライ麦粉、食品改良・日持向上剤、冷凍食品、製菓・製パン用原材料など、当社が手掛けるさまざまな商品の品質改善、新たな商品の開発に向けて研究を行います。また、海外メーカーからの素材や食品の輸入業務とその用途開発を行っています。

■製造
全国に6つある生産工場で生産計画の策定、生産状況の管理、原料の手配と管理、商品を得意先に届けるための物流の手配、工場の建物や機械設備の保守・点検等の管理、現場で作業している人たちの労務管理などを行っています。

■品質保証
製品の安定した高品質と安全・安心のため、製品開発、原料選定、資材、生産工程、製品、保管状態などの確認業務を行います。また、トレーサビリティの確認や製品に関する社外提出文書の作成なども行っています。

■事務(総務、経理、業務など)
会社を側面から支えるさまざまな業務を行います。業務では、主な原材料である小麦の買い付けに際して、官庁(農林水産省)とのやりとりなども担当します。
沿革 1877年10月 米穀・日用雑貨取扱業開始

1935年12月 (株)鳥越商店設立

1951年12月 鳥越製粉(株)に商号変更

1960年3月 日本で最初のフランスパン専用粉「フランス印」開発・発売

1962年9月 東京証券取引所第二部および福岡証券取引所に株式を上場

1975年3月 日本で最初のライ麦製粉工場完成

1979年11月 アメリカ、ドーン社と技術提携

1983年6月 ドイツ、ウルマ・シュパッツ社と業務提携

1990年11月 小麦粉、プレミックス事業で農林水産大臣賞受賞

1997年5月 オーストラリアのバーンズフィリップ社のグループ会社であるマウリ社(現 イギリスのABマウリ社)製ドライイーストの販売を開始

1998年6月 東京証券取引所第一部に指定替え

1998年10月 福岡市博多区比恵町に新本社社屋完成移転

1999年2月 日本におけるフランスパンの普及に貢献し、フランス国政府より農事功労章受章

2002年12月 国内産小麦パン専用粉「そめいよしの」が食品産業技術功労賞及び新技術・食品開発賞をダブル受賞

2007年8月 アメリカのファイバースター社と業務提携

2007年11月 糖質オフのダイエット&健康パン「パンdeスマート」発売

2011年1月 寺彦製粉(株)を吸収合併、当社静岡工場となる

2014年11月 「パンdeスマート米糠ミックス」が「フード・アクション・ニッポン アワード2014」研究開発・新技術部門で「優秀賞」を受賞

2016年3月 鳥越徹 会長兼社長に就任

2017年4月 中島精麦工業(株)、中島倉庫(株)の全株式を取得、連結子会社とする

2017年6月 国内産はだか麦をレトルト加工した「つこうてみんね」が「日本雑穀アワード2017」第1回業務用食品部門で「金賞」を受賞

2019年1月 穀物事業を推進する組織、グレイン・プログレスチームを新設

2019年12月 戦略商品の新たな販路開拓の専任組織、マテリアル戦略室を新設

2020年3月 石橋工業(株)の事業を譲り受け、連結子会社とする
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)