朝日土木株式会社アサヒドボク
業種 建設
建築設計
本社 三重
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

工事部工事長
稲垣斉法(34歳)
【出身】名城大学  理工学部 建設システム工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 中勢バイパスの擁壁を作っています。
現在、工事中でもある「中勢バイパス」の道路建設工事の現場に携わっています。その中で、「擁壁」と言われる工程における施工管理を行っています。図面を見て工程を組み、その通りに進めて行くために現場に印をつけたり、安全面の管理などを行っていきますが、経験もまだ浅いので、先輩社員の動きや指示の出し方を間近で見ながら、知識を習得したり、身につけていったりと経験を積んでいます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
工事現場が完成した時の達成感は格別です。
やはり、自分が携わっている工事現場が完成を迎えた時の達成感が嬉しいですね。以前に、道路の舗装の現場を担当していました。その時は、入社して間もない頃だったので、先輩方がスムーズに指示をされている姿や工程を管理していくための行動、完成までの流れなどを見て学んでいました。しかし、舗装が完成された道路を見ると、達成感による清々しさを感じながら、同時に大きな仕事を進めていくための大変さも感じました。これから自分が担当した現場で、この達成感を味わっていきたいですね。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 舗装工事において技術力の高い会社だからです。
土木系の大学に進んでいたこともあり、土木の企業に就職したいと考えていました。また、地元で就職をしたいという思いもありました。その中で、朝日土木は「道路の舗装工事において三重県の評価が非常に高く、技術レベルが高い」ということをHPや会社説明会で聞き、「技術レベルが高い会社で自分も成長していきたい!」と思ったことが一番の入社の決め手でした。会社説明会でも丁寧に話をしてくれて、会社のことや仕事内容がきちんとイメージできたことも決めてになりましたね。
 
これまでのキャリア 工事:現場施工管理(現職・今年で7年目)

この仕事のポイント

職種系統 施工管理
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

面接の場ではどうしても緊張してしまうと思います。しかし、面接では気を使いすぎる必要は無いとおもいます。気持ちを楽にして臨むことで、「自分自身をきちんと相手に伝えること」が出来ると思います。これが、一番大事だと思いますので、気負うことなく、頑張ってください!

朝日土木株式会社の先輩社員

土木工事の現場監督です。

工事部技士長
山下瑞喜
名古屋工業大学 工学部 社会開発工学科

下水道処理施設などの公共工事の現場管理。

工事部技士長
樋口雄介
愛知工業大学 工学部 土木工学科

地域にとって大切な耐震補強工事に携わっています。

工事部工事長
松田 知大
近畿大学 理工学部土木工学科

国道の道路拡幅のための工事現場を担当しています。

営業部
中野 真人
四日市大学 総合政策学部総合政策学科

「東海環状道路」に携わる、“地図に残る”を担当しています。

工事部工事長
桑原 佑司
名城大学 理工学部 建設システム工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる