株式会社ホンダトレーディングホンダトレーディング

株式会社ホンダトレーディング

Hondaグループ/商社/自動車
業種 商社(総合)
商社(金属)/商社(機械)/商社(自動車・輸送機器)/自動車
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

ホンダトレーディング イギリス駐在(当時)
H・W
【出身】外国語学部 英語学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 Hondaとともに、二輪部品のグローバル調達を企画提案
今まで、2つの部門で業務を経験しました。1つ目のアジア中国課では、二輪・四輪部品をアジア各国や中国へ輸出・販売する業務を経験しました。2012年からは企画推進課という部門で、二輪の新機種立上げに向け、部品をグローバルに調達・供給する仕組みを創る業務をしております。Hondaと協力しながら世界各国の部品メーカーを比較検討したり、最適な商物流を検討したり、コスト管理をしたりと業務は多岐に渡りますが、量産がスタートするまでの企画領域が、私の仕事です。2014年からはインドネシア、現在はイギリスへ駐在しておりますので、今までの経験をベースに、今後は営業・企画だけではなく、現地スタッフの指導育成も含めマネージメントとしての力をつけていきたいと思います。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
お客様の満足を最大化するため、真剣に考え行動する
入社3年目のとき、初めて重要顧客を担当した際、「どうしたらお客様へ貢献できるか」という一心で、コストダウンの提案をしたことがありました。コストを管理している部門の方からは、「良い提案だ」と評価していただいたのですが、その後、営業部門の方や現場の方にも同意していただくために提案に伺うと、なかなか同意を得られませんでした。今までの仕事のやり方を変えるということに抵抗感があったようです。しかし、この提案はお客様の競争力UPに繋がる正しい提案だという確信がありましたので、真摯に根気強く説得を続けた結果、1年後にようやく提案を採用していただきました。営業として新しい仕事を取ってくることも嬉しいですが、周りを巻き込みながら仕事を変革していくことこそ商社の醍醐味だと感じました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 成長のためにチャレンジできるフィールドがHTにはあると確信した
学生時代に国際物流の会社でインターンシップを経験したことをきっかけに、グローバルなビジネスに興味を持ち、その後、色々勉強したうえで、ビジネスを創造する商社業界を中心に就職活動を始めました。また、私の就職活動の軸は「入社10年で自分が最も成長のできる企業に入る」というものでしたので、ホンダトレーディングは、自動車業界という世界の基幹産業の中で、グローバルなビジネス環境を土台に、若手にもチャンスが与えられる点から私の軸に合致しておりました。この会社なら、10年後きっと成長できているという確信がありましたし、実際、入社3年目には重要顧客を任せていただき、6年目に海外駐在という成長のチャンスをいただけました。貪欲にチャレンジしたいという気持ちがあれば、成長する環境は整っている会社だと思います。
 
これまでのキャリア (2008年入社)
部品事業部 アジア中国課→部品事業部 企画推進課→ホンダトレーディング インドネシア駐在→ホンダトレーディング イギリス駐在

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル ニッポンを飛び出して、海外の人と働く仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事
特に向いている性格 使命感に燃えやすい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

「どんな社会人になりたい」とか「社会人として叶えたい夢は何なのか」とか、できるだけ明確なビジョンを持ったうえで就職活動をスタートすることをお勧めします。ビジョンが無いまま就職活動を始めると、会社からの情報量が多く、「なんとなく」な就職活動になってしまいがちです。ビジョンをしっかり定め、常にそのビジョンにマッチしているかどうかという視点で会社選びをすれば、より良い会社に巡り合えると思います。頑張ってください!

株式会社ホンダトレーディングの先輩社員

自動車エンジンに使用されるアルミニウムの取扱い

軽金属事業部 原料課(当時)
H・K
経済学部

海外の工場へ設備機械の補修品や消耗部品を日本から輸出

ホンダトレーディング インドネシア駐在(当時)
H・I
理工学部・機械工学科

自動車に使用される樹脂部品の原料販売

樹脂事業部 樹脂課(当時)
Y・T
法学部

アジア・中国のHonda向け自動車部品の輸出

部品事業部 輸出業務推進課(当時)
S・H
社会・国際学群

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる