株式会社クラリシオンクラリシオン
業種 放送
芸能・芸術
本社 東京

先輩社員にインタビュー

八重垣 諭(35歳)
【出身】大阪体育大学 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 踏み出す勇気を少々、あとはやる気があればいい
TBSの主に音楽番組を担当しています。
出演するアーティストの紹介VTRやSNSでの告知動画を製作しています。先輩のアドバイスを受けながら、映像を作り上げていくわけですが、動画の構成やナレーション、テロップに至るまで映像制作のノウハウを日々学ぶことができます。

また、生放送で現場を仕切る舞台監督をやることもあります。
本番中やリハーサル時に現場が円滑に回るように仕切る必要があります。無事に生放送を終えたときは何物にも代えがたい達成感があります。

とても華やかな場所なので特別な仕事のように感じるかもしれませんが、
特に必要な資格などもありません。
必要なのは「やってみたい」その気持と一歩踏み出す勇気だと思っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
辛さのあとにはこの仕事ならではの嬉しさ
初めてディレクターとしてVTRを作ったとき、初めて歌を撮った時
わからないことだらけで大変でしたし、今振り返ると下手くそな部分ばかりでしたが、
自分で考えたものが、形になりそれが全国に放送されたというのは
他のしごとでは体験できない嬉しさがあると思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き やりたいと思ったときが始めどき!思い切ってみるのもあり
ズバリ、学校にきていた求人広告に「うたばん」と書いていたからです。
毎週欠かさず見ていた番組でもありましたし、大好きなアイドルが他番組ではありえない
扱いがとても面白いと思っていました。
もともとテレビは好きでしたし、好きな番組がやれるかもと思い応募しました。
 
これまでのキャリア これまでのキャリア
「うたばん」「CDTV」「火曜曲!」「UTAGE!」AD
「CDTV」「UTAGE!」「PLAYLIST」ディレクター
「音楽の日」舞台監督

この仕事のポイント

仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

面接で大事なのはやはり自分の思いを伝えるための熱量だと思います。マニュアルや練習通りにやることも大事ですが、最終的に面接する側が判断するのは、その人の熱量です!
自分の思いを大事にして頑張ってください!

株式会社クラリシオンの先輩社員

撮影中のトラブルも仕事の面白さ

江口聡昭
九州共立大学 経済学部

旅番組のディレクターをやっています

前川侑也
広島国際大学

様々な準備

柏原 遥
キャットミュージックカレッジ専門学校

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる