株式会社松本機械製作所マツモトキカイセイサクショ

株式会社松本機械製作所

遠心分離機/設計開発/研究/新製品/環境
業種 医療機器
機械/医薬品/食品/化粧品
本社 大阪

先輩社員にインタビュー

技術部 電気設計課 課長
加藤 永次(45歳)
【出身】産業技術短期大学  技術部 電気設計課 課長 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 遠心分離機含めた機械に『命』を吹き込む
遠心分離機の電気制御盤の設計を行っています。お客様との打ち合わせによって決定した仕様を基にボタンの位置やスイッチの位置など設計します。そして設計図を基に製造してもらい、完成した時には検査を行い、その後お客様の要望に合ったプログラムを作成し、機械本体と組み合わせて、お客様のもとへ据付し、思い描いた通りに稼働するかまでしっかりと確認する。これが電気設計の仕事です。機械に『命』を吹き込む仕事だといえます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
使用する人が使いやすい設計が出来た時
当社はオーダーメイドなため、お客様から「こんなものを作って欲しい」と当社に依頼が来てから設計します。そんなお客様は、営業マンや役職のある偉い人がほとんどです。お客様からの要望にはもちろん答え、プラスして実際に使う人(工場で作業する人)がいかに作業しやすいかも考えて設計しました。実際に完成し、お客様のもとへ据付立会をした時、「ボタンをここにつけてくれて本当に作業が円滑に回ります。私たちのことも考えてくれてありがとうございます」との言葉を貰った時は、大きなやりがいを感じました。実際に使う人の立場になって考えることの重要性を感じました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 責任を持たせてもらえる
もともとモノづくりがしたいと考えており、当社の製造部として入社し、製造部で18年間遠心分離機の電気に携わる組み立てを行いました。現場での作業をしていた頃、早々に担当職を持たせてもらい、自分の判断で円滑に職場が回るように考えたり貴重な経験を若いうちから任せてもらえる環境ありました。また8年前電気設計職に興味はないかと声をかけられ、実際に自分で1から考えてみたいと感じたこともあり技術部に移動しました。
経験はなくても責任のある仕事を任せてもらえるそんな環境が当社の好きなところです。
 
これまでのキャリア 製造部→技術部【現職】

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 自分の個性やセンスを活かしたい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動で一人ひとり譲れない「軸」があると思います。その軸をしっかりと持ち、自分に合う会社を見つけて下さい。必ずあなたにあう会社が見つかります。しっかりと見つめて頑張って下さい。
思い悩まず、就職活動を楽しみながら進めていって下さい!

株式会社松本機械製作所の先輩社員

お客様が求める以上の機械設計をする

技術部 機械設計課 部長
阪口 健作
摂南大学

一つ一つの部品の設計も行います

技術部 機械設計課
新田 純也
産業技術短期大学

遠心分離機の営業

営業部
奥本 大智
大阪経済大学

会社のお金を動かします

管理部 課長
中辻 貴士
阪南大学

会社を守る仕事

品質管理部
仁田 彰
大阪電子専門学校

部品や材料の手配、発送

業務部 主任
永井 平昭
大原学園

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる