シノブフーズ株式会社シノブフーズ
  • 株式公開
業種 食品
本社 大阪

先輩社員にインタビュー

商品開発部
S・M(25歳)
【出身】立命館大学  生命科学部生命医科学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 スーパーやコンビニで販売しているお弁当の商品開発。
関西圏のスーパーで売っているお弁当の開発を行っています。食材選択、レシピの作成から、工場で量産するためのオペレーションの作成まで一つの商品を発売する過程にトータルで関わる仕事です。開発した商品が店頭に並び、お客様の手に取って頂く光景を見たときにとてもやりがいを感じます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
入社1年目の時、ヒット商品を開発。
入社1年目の時に担当していたお弁当が1日5000食のヒット商品になったことです。弁当に使用している鮭は塩分濃度によって味や時間が経った後の品質が変わるので、食べ比べや品質検査を繰り返し、メーカー様に協力してもらい最適なものを供給して頂きました。また焼成する機械や時間、温度にもこだわり、20パターン以上の組み合わせを工場の方と何度も試し、「一番おいしい鮭」と自信を持って提供できるよう取り組んだことで、お弁当の売上増につながりました。
この商品の開発を通して、開発はメーカー様や他部署の協力の上に成り立ち、力を貸して頂く姿勢を大事にすること、自信を持って商品を発売できるように妥協せずに開発に取り組む重要さを学びました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 商品開発がしたかったから。
就職活動では、食品の商品開発を中心にインターンや説明会に参加しました。この会社に決めた理由は、商品開発に携われることと、会社の「商品へのこだわり」に魅力を感じたことからです。会社説明会では入社3年目の開発社員の人が、自身のヒット商品について説明していてくれました。若手社員でも商品開発で活躍できることに驚きと魅力を感じました。また、手作り感や出来立て感といった商品へのこだわりを説明してもらいました。幼いころスーパーのお弁当で夕食を済ますことが多く、お母さんが作ってくれるような手作り感のあるお弁当があればと思うことがあったので、こだわりに対して共感したため入社を決めました。
 
これまでのキャリア 商品開発部(2年目)

この仕事のポイント

職種系統 商品企画・プランニング
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 常に新しいものに敏感な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

様々な企業の話を聞いて、自分に合った会社を見つけてください。

シノブフーズ株式会社の先輩社員

中食の販売業。取引先様との商談や売上の向上。

営業部
K・O
龍谷大学 農学部

コンビニエンスストアの食品製造業。工程管理や製造商品の確認。

製造課
T・I

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる