株式会社プランテックプランテック
業種 プラント・エンジニアリング
機械/設備・設備工事関連/建設/その他製造
本社 大阪
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

エンジニアリング本部 設計部 機械
北川 勝(34歳)
【出身】龍谷大学  理工学部 環境ソリューション工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 自治体向けの新設プラントを入社7年目で任されました。
当時担当していたのは、長崎県に建設した焼却プラントです。私の仕事は、営業部門から全体の計画設計を引き継いだ時から始まります。まず各機器を配置するかの基本設計に始まり、機器の仕様や搬入していくスケジュールを決定します。次は、機器単品の設計です。ひとつの機器を設計し、仕様・計算書を作成。顧客である行政にチェックを受けてメーカーに発注し、製造・搬入へ進めます。その機器は数百に及びます。現場での建築工程を見据えながら、全てを並行して進めなければなりません。搬入・設置が始まると、施工の立ち会いもあり、2週間に一度ぐらいは現地へ飛びます。もう、頭も体もフル活動(笑)。特にこの時のプロジェクトは、前のプロジェクトと一部の期間が重なったため、本当に忙しい日々が続きました。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
ゼロから巨大プラントへ。少しずつカタチになっていく!
焼却プラントの建築現場は、最初はいわゆる“更地”なんです。本当に何もない。そこに事務所を建てて、土地を掘削することから始まります。ゼロから巨大なプラントを建設していく。おもしろいですよ。現地に行くたびに新しい建物や機器が設営されていきます。少しずつカタチとなって完成に近づいていくのを見ると、やはりうれしいですね。
大変なのは、工程管理。機器の数が多いため、例えば雨が続いて機器設置の工程がひとつ遅れるとすべてのスケジュールに影響が出ます。現場と連絡を密にして、モレやミスがないよう心がけています。あるプロジェクトでは、あるはずの階段が図面に抜け落ちており、現場から「階段が途中でなくなっている!」の連絡がありました。急遽、はしごで代用しましたが、あれは本当に焦りましたよ(笑)。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き なにより自分の設計思想をプラントに活かせることが魅力!
焼却処理施設の建設全てを統括するプロジェクトマネージャーを目指していましたが、昨年完成した施設で実現することができました。責任は大きくなりましたが、なにより自分の設計思想をプラントに活かせることが魅力です。マネージャーにとって最も大切なスキルは、コストマネジメントです。マネージャーはコスト管理のみならず、そのひとつうえの「会社の利益」を考慮していかなければなりません。コスト管理・機器仕様・顧客との交渉・工程管理、すべてが会社の利益に繋がっています。設計者としては、いいプラントを造りたい。でも、会社として利益も上げなければいけない。難しいところです。この壁のクリアが、私にとって次の成長のための課題といえるでしょう。
 
これまでのキャリア 機械設計として焼却炉の設計・工程管理を担当

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事の中身 とことん地球環境に貢献する仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 自分の個性やセンスを活かしたい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

焼却プラントという技術を大学で学んでいる人は少ないでしょう。私は環境工学を専攻していたものの、図面さえ書いたことがありませんでした。それでも大丈夫。入社してから充分学べる環境が整っています。例えわからなくても、まず自分で挑戦してみてください。やってみれば、できない部分が見えてきます。そうするとこちらも的確なアドバイスができます。当社の仕事は、本当に幅広い。本人が望めば、機械も電気も工事もすべて経験できますよ。

株式会社プランテックの先輩社員

燃焼計算から規模を考え、コストを鑑み、プラント全体を設計する

本部 設計部
掃部 宏文
石川県立大学 生物資源環境科学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる