スマートキッズ株式会社スマートキッズ

スマートキッズ株式会社

Z会グループ/障がい児福祉
業種 教育関連
福祉・介護/出版
本社 東京

先輩社員にインタビュー

スマートキッズ事業部門
匿名(25歳)
【年収】非公開
これが私の仕事 専門性の高い個別療育で、新しいスマートキッズの支援を作り上げています
現在、スマートキッズトト新大阪で子どもと1対1の個別療育を行なっています。9月にスタートしたばかりの教室なので、子どもたちも私の名前を覚えるか覚えないかのところです。トトの特徴は、社内の経験豊富な臨床心理士と相談して個別のプログラムを決めていることと、保護者の方へのフィードバックを毎回行うこと。フィードバックでは、心理系大学院で学んだカウンセリングの学びは活かせています。大学院で心理を学んできましたが、いざ現場に入ってみると…トライ&エラーの連続で、大変ですがやりがいを感じています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
特性の差を理解しながら支援すると、驚くような成長を見せてくれます
入社当時、1年生になったばかりのお子様がはじめは全く発語がない状況でした。そこから5ヶ月かけて、スタッフで連携しながら発語するための工夫を考え、実践。具体的には、はじめは「YESまたはNO」で答えられる質問からはじめ、徐々にその子が関心があることについて、「~貸して」など要求を伝える促しをしていきました。日々支援していくことで、8月には「ごっこ遊び」をするなど、自分の世界観を周りに発信できるように。「たった5ヶ月という期間でここまで成長するんだ!」と成長が見えて嬉しくなりました。この仕事の難しさは、簡単にはお子様に意図や指示が伝わらないということ。そこで心理系出身であることを活かし、言葉選びには特に関心を持って毎日試行錯誤しながら支援をしています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 「集団」と「個別」両方の療育経験ができることが決め手でした
就職活動は、「療育」に興味があり、子どもたちに関われる仕事を探していました。その中で、スマートキッズの求人に目が留まったのは、心理士候補として求人があり、心理学専攻の私が活躍ができる土壌があるのかな?と感じたから。実際、スマートキッズには品質管理課という「スマートキッズのサービスを向上させる部署」があります。学生時代のアルバイトでも、放課後等デイサービスを経験していましたが、52教室という多店舗展開をしているスマートキッズなら、もっと幅広い経験ができると思いました。また選考の中で、当時は業務体験ができたことも大きかったですね。体験では、スタッフの方がどのように子どもたちに接しているか見ることができ、その時の子どもたちの目線に合わせた関わり方を見て、スマートキッズで経験を積みたいと選びました。
 
これまでのキャリア 児童指導員(1年目)

この仕事のポイント

仕事の中身 人の成長やスキルアップ、キャリアアップをサポートする仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

働くイメージが持てるように、情報を集めたり、実際に働いているスタッフの話を聞くのもオススメですね。今は、コロナ禍の影響により業務体験んは行なっていませんが、代わりに動画視聴(教室スタッフや子どもたちの様子、スタッフインタビュー等)により働くイメージが掴めると思います。良い意味で想像していたのと違う!ということもあるので、そういう機会も積極的に活用してみてください。応援しています。

スマートキッズ株式会社の先輩社員

子どもたち・ご家族のために、なにができるのか日々真摯に向き合っています

スマートキッズ事業部門
匿名
首都大学東京大学院 人文科学研究科 人間科学専攻 臨床心理学分野

子どもたちが来る前から、教室で楽しく過ごすための準備がはじまっています

スマートキッズ事業部門
匿名
大阪成蹊大学 教育学部 教育学科

子ども一人ひとりの状況把握と管理者代行として教室運営を支えています。

スマートキッズ事業部門
匿名
東京家政学院大学

子どもたちの成長がとても嬉しいです!

スマートキッズ事業部門
匿名
創価大学 教育学部/教育学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる