読売新聞社ヨミウリシンブンシャ
  • グループ募集
業種 新聞
広告
本社 東京、大阪
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

スポーツ事業部(事業/東京本社)
大西宏治
【年収】非公開
これが私の仕事 日々、野球ファンを楽しませる仕掛けを考え中。
スポーツ事業部で巨人戦の興行を担当しています。
巨人戦の興行とは、巨人戦のチケットを販売したり、スポンサー営業を行ったり、お客様に楽しんでもらえるような場内演出やファンサービスを企画したりと、様々な業務があります。
その中でも、球場内演出やファンサービス運営を担当しています。
来場してくれたお客様にどうすれば楽しんで観戦してもらえるか、プロ野球の臨場感を出すためにはどんな場内演出をすればいいか、そんなことを日々考えています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
エンターテインメントの最前線に立てる醍醐味。
エンターテインメントの最前線にたてることが事業局の醍醐味だと感じます。
巨人戦では毎試合4万数千人の来場者にお越しいただいています。
会場の雰囲気などから、お客様の反応を感じられるからこそ向上心も沸きますし、仕事に対するモチベーションに繋がっています。

読売新聞が60年以上開催している、中高生の科学コンクール「日本学生科学賞」を担当していた時の出来事です。
日本学生科学賞では毎年、アメリカで開催されている高校生の科学コンテストの世界大会に生徒を派遣しています。生徒を引率した世界大会で参加した男子生徒が、ある部門での最優秀賞を受賞し(日本初の快挙!)、その瞬間に立ち会えたことです。
同時に、こういった機会を日本の将来を担う若者達に提供できていることを、誇りに感じられた瞬間でもありました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 多くの観客に感動の機会を提供できる魅力。
エンターテインメントを提供する側として働けることに魅力を感じたからです。
巨人戦にアルバイトで携わり、満員の観客が選手のプレーに感動、興奮している姿を見て、プロ野球選手のすごさを目の当たりにした経験があります。
それと同時にこの満員の観客を「誰が集めたのか」ということが気になって調べてみました。
そこで、読売新聞事業局の仕事を知り、志望を決意しました。
アーティストやプレーヤーとして観客を感動させることはできませんが、その機会を創造できることに魅力を感じたのです。
 
これまでのキャリア 1年目(2011年)東京本社事業開発部>4年目(2014年)東京本社スポーツ事業部

この仕事のポイント

職種系統 商品企画・プランニング
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 顧客の嗜好を洞察する力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動を経験して、それまでの自分を見つめ直す良いきっかけになったと思います。
どんな環境で育ってきたのか、今まで何をしてきたのかなど、「自分の現在地」を客観的に見る貴重な時間でした。
自分の物事の考え方ってこうだよなー、ああいう風に感じるなー、というように素直に見つめてみてはいかがでしょうか。
自ずと自分にマッチした業種が絞られるでしょうし、自分の考え方や行動を評価してくれる企業に出会えると思います。

読売新聞社の先輩社員

被災地への関心を風化させないために、伝える責任がある。

熊本支局(記者/西部本社)
今村知寛

数ある新聞の中から読売を選んでもらうために、日々駆けまわっています。

広告第一部(広告)
松尾 大輝

担当エリアの販売店と二人三脚で部数増を図っています。

販売第一部(販売戦略/西部本社)
下野景士

経営にかかわる情勢を予測して、上層部に報告する資料作成を行ってます。

経理部(経営管理/大阪本社)
山岡仁

新聞印刷の品質向上のために奔走しています。

技術二部(技術総合職)
坂本剛志

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる