株式会社カイタックホールディングス
カイタックホールディングス
2022

株式会社カイタックホールディングス

商社/繊維商社/アパレルメーカー/海外展開/衣食住
業種
商社(繊維製品)
商社(アパレル・服飾雑貨・貴金属)/アパレル・服飾・雑貨・皮革製品/商社(スポーツ用品)/専門店(服飾雑貨・繊維製品・貴金属)
本社
岡山、東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価10件~20件
総合評価 4.75 評価点数の画像 評価が高い項目 社員からのアドバイス 4.67

私たちはこんな事業をしています

カイタックでは一人一人が経営者視点を持つことが大切です。国内外のメンバーを巻き込み、自分の裁量でどこまでも自由にビジネスを拡大し、自分の力を試せる環境で働くことができるから。私たちが大切にするDNAは時代の変化をたのしみ、ビジネスを拡げていくこと。ファッションを主力に、やりたいことを絞りません。誰に何を仕掛けるかは自分次第。これからの新しいビジネスを、一緒に開拓する仲間を求めています。

当社の魅力はここ!!

仕事内容

マーチャンダイザー(MD)の仕事、一流の事業経営者。

カイタックのMDとは、言わば『一流の事業経営者』です。商品のコンセプトを企画立案し、生産、販売戦略まで一貫して手掛けていきます。流行や売り時を敏感に察知し、その時々に応じたものづくりができる人であって、更に海外の生産地の開拓まで行います。営業・企画・生産、さらに素材や縫製に関する知識までを求められます。MDを目指して、若いうちはしっかり、じっくりと知識と経験を叩き込み、基礎を鍛え上げます。専門スキルをバランスよく、より高めた先に一流の仕事が待っています。そうして「自分はこうしたい」と言えば、「じゃあやってみろ」となる。自分の力で大きな仕事を成し遂げたい“挑戦者たち”を私たちは求めています。

社風・風土

一流の事業経営者を育てる社内塾=「経営戦略塾」

カイタックが求める人材は、一流の事業経営者。次世代の経営幹部の育成を目的とした「経営戦略塾」を2011年にスタートさせました。毎月1回、経営コンサルタントの指導の下、経営学やマーケティング理論を徹底的に叩き込まれます。この研修が一般的な研修と違うのは、社長以下役員が全員出席のもとで行われるところ。受講生には、自分の担当業務視点ではなく高い視点(経営者視点)でビジネスを考えることが求められ、毎月のプレゼンに対して経営陣からの厳しいフィードバックを受けます。現在では30歳代の社員も抜擢されており、若いうちから経営者視点を体得することで、自分の裁量でどこまでも自由にビジネスを拡大して欲しいと考えています。

事業優位性

アメリカにも事業展開するグローバル企業。

当社の創業は1948年。時代の流れに合わせて常に事業内容を変革してきました。現在では繊維・アパレル以外の分野にも幅広く事業展開しており、不動産事業や飲食事業など、衣食住の分野で世の中のニーズに応えています。また、人口減少の日本だけで生き残っていくことは難しいと考え、30年以上も前からアメリカに進出しビジネスを拡げています。マーケットが縮小していく日本と違い、今後も人口増加が進むアメリカでのビジネス拡大を目指して人材の投入も積極的に行っています。やる気があって実績を残せば年齢に関係なくチャンスを与えて行きます。実際に、入社3年目からロサンゼルスに駐在している社員もいますので、ぜひ手を挙げて欲しいです。

先輩社員にインタビュー

会社データ

事業内容 主な営業会社の3社がそれぞれの強みを活かして、
アパレル業界の中で独自のポジションを築いています。


【 株式会社カイタックトレーディング 】

 ユニフォームやカジュアルウェアのアパレルメーカーに対して、
 企画提案・生産の受注を行う繊維商社の部門。
 日本のデニム(ジーンズの素材)をアメリカやヨーロッパのブランドに提案する素材輸出部門。
 輸出入の乙仲業務を代行する貿易部門。
 セレクトショップ、ジュエリー、インテリア、飲食ビジネスを展開する小売部門。
 など、アパレルの枠組みにはまりきらない様々なビジネスを展開しています。


【 株式会社カイタックファミリー 】

 メンズ、レディス、キッズのカジュアルウェア、パジャマ・ルームウェア、雑貨、バック、靴まで
 幅広い商品を扱う総合アパレルメーカー。
 自社ブランドの展開だけでなく、国内外の様々なブランドとのライセンス契約を結ぶ
 ライセンスビジネスなど、幅広い商品開発を行っています。
 主な販売先は、大手量販店、専門店、通販などの大手小売業です。


【 株式会社カイタックインターナショナル 】

 ジーンズを中心とした自社ブランド開発を行うアパレルメーカー。
 Yanuk、Moname、lidealなどレディース・メンズのブランド展開を行なっています。
 主な販売先は、大手セレクトショップ、有名百貨店などの高感度小売業です。
株式会社カイタックホールディングス 3つの営業会社を束ねるグループの総本社。

【創業】1948年10月26日
【資本金】1億円
【従業員数】1021名   (ホールディングス、営業3社合計。パート社員含む)
【売上高】706億78万円 (2020年2月期)(グループ連結)
【代表者】代表取締役社長/貝畑 雅二
【事業所】本社/岡山
関連会社 カイタック不動産、CAITAC USA CORP.、CAITAC GARMENT PROCESS. INC.、CAITAC NISSIN VETNAM、CAITAC&WANILIN APPAREL CO.,LTD
海外拠点/アメリカ、中国、ベトナム、カンボジア
主要販売先 しまむら、イトーヨーカ堂、イオン、ライトオン、アダストリア、ストライプインターナショナル、ユナイテッドアローズ、ビームス、アーバンリサーチ、トゥモローランド、三越伊勢丹、阪急阪神、天満屋、大丸、高島屋、全国の大手小売業
取扱ブランド RUGGEDWORKS、Westwood Outfitters、INDIGO HAND、 Kaimin Labo、TOROY、POLO、ロードハウス、JEWELRY MOI 他
History of CAITAC GROUP 1948年 創業
1963年 岡山工場を新設・パジャマの生産開始
1967年 婦人カジュアルパンツの生産に着手
1969年 全国展開の第一歩として東京営業所を開設
1970年 オカセン(株)に商号を変更・米国ゲイタッグス社と業務提携
1980年 紳士服専門店(株)ロードハウスを開店
1982年 (株)ゲイタッグス設立(現カイタックインターナショナル)
1984年 オカセン(株)の商号をカイタック(株)に改称
1987年 昭和町にカイタック(株)本社ビル竣工
1990年 初の海外自社工場CAITAC MFG.,INC.が完成
1991年 中国の拠点づくりのための青島事務所、上海事務所を開設
1994年 東京中目黒に(株)カイタックインターナショナルの本社ビル竣工
1999年 (株)シーンがカイタックグループに加わる
2004年 グループ3社の組織改編を行う
2007年 (有)パームスインターナショナルを吸収合併。azure du blancオープン
2008年 (株)ユーピーカンパニーを吸収合併。(株)アキアゴーラカイタック営業開始
2009年 バンブーグラス事業継承。(株)チームキット設立
2015年 カイタック株式会社を持株会社とするホールディング制を導入
2015年 昭和町旧社屋東隣に新社屋棟が完成
【WEB開催】 <6/1 更新>1day仕事体験をオンライン(web上)で開催致します。直近は8/5(水)実施予定!まずはリクナビでエントリーの上、ご予約下さい。以降もオンラインでの1day仕事体験を随時実施予定です。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)