アサヒビール株式会社アサヒビール
業種 食品
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

広域営業本部 量販営業部 販売促進グループ
田村 美沙(28歳)
【年収】非公開
これが私の仕事 十六茶の店頭プロモーション企画の立案。
自社商品をお客様に知っていただき、購入につなげるための企画立案をおこなっています。コンビニやスーパーで景品が付いた商品が並んでいたり、ポスターなどの販促物が掲示されているのをご覧になられたことあるかと思います。そういった「お、こんな商品があるんだ!」という気付きをお客様に与え、手に取っていただくための企画を考えるのが私の仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分の企画した店頭プロモーションが実際に全国で展開されたこと。
営業からの異動後すぐに、当社主力商品である「十六茶」のリニューアル発売に合わせた、コンビニ限定の企画を担当することになりました。コンビニでのお茶カテゴリーは競合商品が多く、お取り扱いいただくのが非常に難しいカテゴリーです。競合商品と「十六茶」の大きな違いは「カフェインゼロ」という点です。カフェインを気にされるのはお子様・女性であり、コンビニが今後来店を促進したいのも女性、ということから、30~40代女性をターゲットとした企画を実施することにしました。準備期間中は初めてのことばかりで緊張の連続でしたが、実際に店頭で企画展開されるのを見たり、ターゲットとした女性が「十六茶」を購入されるのを見かけて、販売促進の仕事に対してさらにやりがいを感じるようになりました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き アサヒ飲料の「富士山のバナジウム天然水」が好きだったから。
学生時代、毎日愛飲していたのがアサヒ飲料の「富士山のバナジウム天然水」でした。当初は業種をしぼらず就職活動をしていましたが、自分の好きな商品を製造・販売しているアサヒ飲料に興味がわき、入社を決めました。また、大学・大学院と考古学の研究をしていたので、どの会社の面接でも「大学院まで行ったのにどうして?」と不思議がられ、就職活動時は苦労しました。そんな中、「あなたの経験は絶対に無駄にならない!」と言ってくれたのがアサヒ飲料でした。商品が好きだったこと、そして私自身を見てくれたこと、この2点がアサヒ飲料を選んだ理由です。
 
これまでのキャリア 九州支社量販営業部:営業(3年半)→ 営業統括部:販売促進(現職:2年目)

この仕事のポイント

職種系統 販売促進・営業推進
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

エントリーシートを書いたり、面接を受けるときには、「いいことを言わなきゃ!」と考えてしまいがちですが、とにかく「ありのままの自分」を出すことが大事だと思います。
「就職活動用の自分」を評価されて入社しても、「ありのままの自分」に合った会社なのかはわからないですから・・・。

アサヒビール株式会社の先輩社員

三ツ矢サイダーブランド果汁入り炭酸商品企画―愛されるブランドへ―

マーケティング本部マーケティング第一部三ツ矢チーム
大谷 直也
商学部

営業及びバイヤーとの商談。担当チェーンの売上・利益に繋がる提案と実現。

広域営業部
服部 真也

量販チェーン本部に対する本部商談と量販店の店頭構築・提案活動。

松山支社 量販営業部
綾 章次
関西学院大学 文学部・総合心理科学科

ビール類を始めとする酒類全般の営業。量販店本部に向けて商品・販促の提案

九州広域支社 広域営業第二部
大隈 康子
西南学院大学 文学部外国語学科英語専攻

酒販店様、飲食店様への営業活動を通じて商品の拡売とファン作り。

中国統括本部 広島支社 営業部
瀬戸 俊介
北海学園大学 経営学部 経営学科

広告代理店に出向して宣伝・広告・イベント企画立案の仕事をしています。

株式会社阪神コンテンツリンク プロモーションメディア部2グループ
玉手 健志
東京理科大学 理工学部工業化学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる