高松青果株式会社タカマツセイカ
業種 商社(食料品)
本社 香川

先輩社員にインタビュー

野菜第2部第1課
杉本 晃浩(30歳)
【出身】立命館大学  文学部 人文学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 高知県産の野菜を担当しています。
仲卸や売買参加者に対して公正かつ効率的に販売する、卸売市場のセリ人として勤務しています。多種多様な品目の日々変化する入荷情報を把握し、適切な数量を仕入れることも仕事の1つです。出荷者と消費者を繋ぐ架け橋として、地域の食を守る大切な使命を担っています。なす・ピーマン・胡瓜といった果菜類に加えて、大葉・ししとう・みょうがなどの促成品とあわせて30種類以上の高知県産の野菜の品目の仕入れと販売を担当しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
お客様から認めていただいたこと
私が高知県産の担当を持って6年ほどになり、当初から大手の取引先であるJA高知県の担当も任されました。営業を始めてすぐのときは右も左もわからず、取引先から厳しい言葉を受けることも少なからずありました。しかしながら、4年ほど経験を積んでからは徐々に信頼されるようになってきて、何とか存在感をアピールできるようになりました。出荷者からも買受人からも「杉本君がいるから高知の野菜は安心」と言っていただけたことが今まで仕事をしてきたなかで一番嬉しかったです。私たちの仕事は天候条件によって大きく左右されるため、単価も数量も毎日違う状況で臨機応変に対応していかなければなりません。双方から信頼されるために自分にできる限りのことを、誠心誠意をもって真摯に対応することを日々心掛けています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 食に携わる仕事に就きたかった
食べることが好きで、食に関連した職につきたいという希望とぴったり合致しました。仕事を通じて、自然と青果物の目利きができるようになることも大きな魅力だと思います。あともう1つ、他県に転勤がないということも大きな要因でした。香川県へのIターンは就職活動を始める前に決めており、リクナビのサイト検索で当社を見つけて会社説明会に参加したことがきっかけです。説明会がすごくアットホームな雰囲気で、模擬競りが興味深く、記憶に残りました。また、出勤時間が他企業と比較して早いかわりに退社時間も早くなります。お昼過ぎから趣味に没頭したり、家庭をもてば家族サービスに充てる時間が増えたりすることも魅力でした。
 
これまでのキャリア 営業管理部営業管理課(半年)/野菜第2部第1課 係長(現在の部署 7年目)

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

ネットやパンフレットの情報だけを参考にするのではなく、説明会にも積極的に参加して社員の様子を見ることができれば、より深くその会社について理解することができるはず。私は香川県内での就職を前提に業界を絞らずにさまざまな企業を見ました。皆さんも自分なりの方法を模索し、会社説明会や見学など数多く足を運び、「ここで働きたい」と思える企業を見つけてください。

高松青果株式会社の先輩社員

柑橘類など果物を担当しています。

果実部第1課
三芳 貴之
大阪経済法科大学 経済学部 経済学科

玉葱、馬鈴薯など青果物を担当しています。

野菜第2部第1課
佐藤 圭市
愛媛大学大学院 理工学研究科

会社全体をサポートする仕事。

総務部総務課
井上 愛弓
愛媛大学 法文学部 総合政策学科

香川県産の野菜を担当しています。

野菜第1部
田中 大資
吉備国際大学 社会学部 スポーツ社会学科

北海道産など、県外野菜を担当しています。

野菜第2部第1課
野崎 遼平
香川大学 農学部 応用生物学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる