高松青果株式会社タカマツセイカ
業種 商社(食料品)
本社 香川

先輩社員にインタビュー

果実部第1課
三芳 貴之(35歳)
【出身】大阪経済法科大学  経済学部 経済学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 柑橘類など果物を担当しています。
商品の買い手である仲卸や売買参加者を相手に、セリ、相対などで青果物を販売するセリ人として働いています。先々の入荷量などを予め把握し、毎日朝7時からのセリをスムーズに進める「段取り力」が重要な仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
慣れないながらも精一杯対応し、信頼して頂けたこと。
今の部署に配属され少し経った頃のことです。ある買受さんから給食に使うため、大量の注文を頂きました。私は当時セリ人になりたてで、まだ慣れないことだらけ。手際は悪かったと思いますが、何とか自分なりに頑張って注文どおりに品物を揃え、喜んでもらえたときはとても嬉しかったですね。その後、そのお客様は何度も注文をくださるお得意様になり、今日に至るまでずっと良い取引をさせて頂いています。そのほかにも「化粧箱を付けて欲しい」、「この日にこの量だけ用意して欲しい」など、買受さんからは日々さまざまな注文が寄せられます。私はそんな買受と生産者の間を繋ぐ役目として、双方から信頼を得られるような対応をいつも心掛けています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 説明会での社員の明るい雰囲気がとても魅力的でした。
就職活動では特別業界を絞らずに数社を検討しました。当社のことは会社説明会で初めて知ったのですが、そのときに見た社員の明るい雰囲気がとても魅力的で、興味を持つようになりましたね。セリ人の仕事は一日中パソコンに向かって仕事をするというような、いわゆるオフィスワークだけではありません。体を動かして働きたかった私にとっては、そんな「デスクワークと肉体労働のバランスが良い仕事」であることもこの会社を選んだ理由の一つです。また私の場合、仕事内容と合わせて社風も重視して会社を選びましたが、他部門の先輩からも、いろいろなことを学んで成長できる当社の雰囲気はとても気に入っています。
 
これまでのキャリア 営業管理部営業管理課(1年間)/果実部第1課 課長(現職・今年で12年目)

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 特定のお客様と長いおつきあいが続く仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 上質のサービスや商品に接し、知識・教養が深まる仕事
特に向いている性格 使命感に燃えやすい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

「自分が一生続けられそうな仕事は何か」をしっかりイメージして就職活動を行うことが大切だと思います。インターネットやパンフレットの情報だけを参考にするのではなく、説明会にも積極的に参加して社員の様子を見ることができれば、より深くその会社について理解することができるはず。私は業界を絞らずにさまざまな企業を見ましたが、皆さんも自分なりの方法を模索し、最も自分が成長できるような仕事を見つけてくださいね。

高松青果株式会社の先輩社員

玉葱、馬鈴薯など青果物を担当しています。

野菜第2部第1課
佐藤 圭市
愛媛大学大学院 理工学研究科

会社全体をサポートする仕事。

総務部総務課
井上 愛弓
愛媛大学 法文学部 総合政策学科

高知県産の野菜を担当しています。

野菜第2部第1課
杉本 晃浩
立命館大学 文学部 人文学科

香川県産の野菜を担当しています。

野菜第1部
田中 大資
吉備国際大学 社会学部 スポーツ社会学科

北海道産など、県外野菜を担当しています。

野菜第2部第1課
野崎 遼平
香川大学 農学部 応用生物学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる