株式会社小田原エンジニアリングオダワラエンジニアリング

株式会社小田原エンジニアリング

【JASDAQ上場】メカトロニクス・設備ロボット開発・設計・製造
  • 株式公開
業種 機械
総合電機(電気・電子機器)/精密機器/設備・設備工事関連/機械設計
本社 神奈川

先輩社員にインタビュー

機械設計部
K・S(27歳)
【出身】横浜国立大学大学院  工学府 システム統合工学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 モーター生産システムの機械設計。今は既存機の改造がメインです。
お客様からのご要望にあったモーターの生産システムの設計をしています。
現在は主に手のひらサイズの小さめなモーターを生産するシステムを担当するグループに所属しています。全く新しいシステムを設計するというよりは、既存機械から参考になるものを探し、改造・改善することがメインです。単体のモーター生産システムについては自分と先輩社員2名、複数台が必要な生産ラインでは4~5名で取り組んでいきます。改善が目的なので、難しい案件が多いですが、試行錯誤して作り上げ、お客様からOKが出たときは、ほっとしますね。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
お客さまからの「ここがいいね!」の言葉が嬉しい!
お客様の求めているご要望に自分なりの+αを盛り込めるところです。
生産システムの設計をする上では、基本的にお客様からのご要望を満たしていれば問題はありません。ただ、自分としては「付加価値」をつけることを意識しています。たとえば、「この仕様でメンテナスをしやすいか」「ここを調整する時にもっと手間を省けないか」など、お客様の視点に立って考えるようにしています。「ここに窓を作るとメンテナンスしやすい」「工具を使わずにワンタッチでここが開けるようになればいいな」などと工夫をすることで、お客様により満足していただける設備ができると思います。自分が工夫した部分について「この機械のここがいいね!」とお客様から言っていただけたら嬉しいなと思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 説明会で自分が働いている姿がイメージできたから
理由はいくつかありますが、総合すると「働くイメージ」がすごく湧いたからですね。
もともと大手志向ではなく、中小企業を見ていました。設計者を目指す身として、やはりある製品の一部だけを担当するのではなく、色々なことを幅広くできるところがいいと思っていました。
また、商材が珍しいところも魅かれたポイントです。単なるモーター生産会社ではなく、「モーターを生産する機械」を作る会社というのは、なかなかないですよね。説明会で出会った社員の方の印象もすごく良かったし、工場見学をする中で不透明なところがなく、自分がここで働いているイメージがつきました。入社した後も自分が思い描いたイメージ通りギャップなく働けています。
 
これまでのキャリア 1年目夏…機械設計に本配属となり、2週間ずつ4グループをローテション。
       先輩に付いて勉強をする。

1年目冬…1つのグループに所属し、先輩に指示をもらいつつも、自分なりに進めていく。

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 多少のリスクにも果敢にチャレンジする精神が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 最後まで自分でやらないと気がすまない人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

中小企業もいいと思いますよ。不景気なので、どんな企業も今後どうなるかわかりませんから。ただ、自分の判断でしっかりと企業を見極めてください。行きたい企業なのかどうか、なるべく多くの企業を見てほしいです。工場見学ができて、なおかつ交通費が支給される企業は良い機会ですのでぜひ行ってみてください。フットワーク軽く!

株式会社小田原エンジニアリングの先輩社員

モーター生産システムの電気設計をしています!

電気設計部
S・D
埼玉大学大学院 理工学研究科 数理電子情報系専攻

モーター生産システムの機械設計。お客様の要望を形にする仕事です!

機械設計部
Y・A
慶應義塾大学大学院 理工学研究科

受注前から納品後まで幅広くお客様の対応をします!

営業部
Y・C
同志社大学 社会学部社会福祉学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる