株式会社椿本チエインツバキモトチエイン

株式会社椿本チエイン

【東証一部】機械/チェーン/精密機械/自動車部品/マテハン/BtoB
  • 株式公開
業種 機械
自動車/総合電機(電気・電子機器)/輸送機器/ソフトウェア
本社 大阪、京都

先輩社員にインタビュー

技術開発部 応用技術課
T.N(32歳)
【出身】総合理工学部 物質科学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 減速機の新商品開発
新しい『モノ』を創造する中で、自分の知らない知識や事象などの新発見に喜びを感じます。
現在担当している新機構の減速機開発にあたってのテーマが、『油漏れしない構造』と『低コスト』の2つでした。この2つを両立させるために、従来の概念を取り払い、設計構造、材料選びを一から行い、生産技術や製造のメンバーを集めて、加工方法や組立方法を協議し、試作品ができれば実験で検証をする。検証がうまくいかなければ、何度も振り出しに戻る、まさに試行錯誤の連続でしたが、開発をやり遂げたときには、言いようのない達成感に満たされました。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分の想定する通りの結果が得られたときに、喜びを感じます。
現在、入社11年目で減速機の新商品開発の担当を任されました。試作品を製作するときに、生産技術や製造などの他部署と連携してモノを作り上げていくこと、そして、完成した試作品の検証を行い、どんなに辛いことがあっても、最後に良い結果が得られた時には、この仕事をしていてよかったと感じています。自分が設計した商品に対しては、いつも、お客様の装置の中で、無事に役目を果たしてくれと、わが子のように思っています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 設計から製造を一貫して行っているメーカーに魅力を感じたから。
モノづくりに興味があったので、機会メーカーに絞って就職活動をしていました。そこで目に止まったのが椿本チエインでした。数多くの商品を取り扱っていること。そして、シェアNo.1の商品も数多くあり、開発、設計から製造を一貫して行っているメーカーであることに魅力を感じたからです。
 
これまでのキャリア 基礎研究開発(5年)⇒特型設計(2年)⇒見積設計(1年)⇒技術開発⇒(現職・今年で2年目)

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル どちらかと言うと個人プレーな仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 最後まで自分でやらないと気がすまない人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分がやりたいことが出来るかどうかは、自分の目で見て、話を聞かないと分かりません。大変ですが多くの企業を訪問してください。多くの企業を訪問することで、自分自身が気づいていない自分のやりたい仕事を発見できることもあります。頑張ってください。

株式会社椿本チエインの先輩社員

「やはり椿本は違う」 自社技術への信頼を多くのお客様の元へ

東アジア営業統括部 東部営業部 札幌営業担当
高見 浩一
農学部 総合農業科学科

自動車塗装ライン搬送システムの制御設計

マテハン事業部 技術開発統括 制御情報技術部 制御設計課
相田 兼都
工学部 電子工学科

夢のようなテーマに積極果敢に挑戦!

自動車部品事業部 エンジニアリング統括 技術部 商品開発1課
糸井 祥子
工学研究科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる