株式会社陽進堂ヨウシンドウ
業種 医薬品
化学/商社(医薬品)/医療機器/商社(医療機器)
本社 富山

先輩社員にインタビュー

札幌支店
高塚 円香
【出身】龍谷大学  国際文化学部 国際文化学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 「また次も会いたい」そう思っていただけるMRを目指しています!
医薬品卸や医療機関を訪問し、自社の医薬品を中心とした医薬情報を、医師や薬剤師などの医療関係者に提供するのが主な仕事です。このような活動を通して、自社商品の良さをご理解いただき、シェアを高めることが目的です。
卸や医療関係者のもとには日々多くのMRが訪れますので、中にはなかなか心を開いてくださらない方もいらっしゃいます。私はまだ経験も浅いので、ベテランの先輩とは異なった対応をされることもあり、悔しい思いもします。
そこで工夫しているのは、フットワークの良さを生かすこと。一日に12~3軒訪問し、顔を覚えていただくよう足しげく通っています。また、相手の経歴などを事前にチェックしその方に合った話題提供をすること、そしてまずは自己開示することなど、「また次も会おう」と思っていただける対応を心がけています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自社の医薬品と自分の頑張り、どちらも認められて嬉しかったです!
2013年に発売した輸液をご採用いただいた時の仕事が、印象に残っています。
通常輸液にはビタミンB1のみ入っているのですが、当社が発売したのは必須ビタミンが9種類入っている非常に画期的なものでした。臨床的には長年必要とされてきたのですが、その反面コストが高いことがネックでした。
様々な医療機関を訪れ、点滴をしながら歩く患者さんを見るたび、「絶対にあれを変えてやる」という信念で頑張った結果、ある大規模病院でご採用いただくことが決まりました。通い始めて三ヵ月というスピード採用は当社経営陣の目にも止まり、全社でも上位の成績を残す結果となりました。
成績が上がったことだけでなく、自社商品を認めていただけた喜びはとても大きかったです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 「ジェネリック医薬品」の存在に社会的意義を感じました
学生時代はアイスホッケー部のマネージャーをしており、部の先輩がMR志望で就職活動をしていて、この仕事を知りました。普段の生活では知りえないこの仕事に純粋に憧れを抱き、就職活動を始めた当初からMRを志望していました。
他社からも内定をいただいていましたが、「ジェネリック医薬品」に社会的意義を感じたこと、また「品質の良いクスリを安価にお届けすることの大切さ」を感じたことから入社を決めました。
これからも「ジェネリック医薬品」の良さを多くの方にご理解いただけるよう、頑張りたいと思います。
 
これまでのキャリア 札幌支店(現職・今年で3年目)

この仕事のポイント

職種系統 MR(医薬情報担当者)
仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
仕事でかかわる人 社会的地位の高い人々と出会っていく仕事
仕事で身につくもの 顧客の嗜好を洞察する力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

いろいろな会社を見るたびたくさん悩むと思いますが、これだと思えるものに出会えたら、その意思を貫き通してください。
私自身、当社に内定をもらったのは9月で、周囲の友人がどんどん内定をもらう中焦りましたし、入りやすい会社に流されそうにもなりました。ですが今は、最初から決めていたMRという仕事に就け、自分の思いを貫き通して本当に良かったと思っています。
最後まであきらめずに、頑張ってください!

株式会社陽進堂の先輩社員

医療従事者へ医療用医薬品の情報提供をするMR(医薬情報担当者)です

関東支店
河野 拓文
目白大学 経営学部 経営学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる