株式会社合同資源ゴウドウシゲン
業種 化学
鉱業
本社 東京

先輩社員にインタビュー

本社 技術研究所 有機合成グループ
野田鷹裕(28歳)
【出身】北陸先端科学技術大学院大学  マテリアルサイエンス研究科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 私の仕事は「有機ヨウ素化合物関連の研究」です。
当社ではヨウ素化合物の事業化に注力しており、私の所属する技術研究所ではヨウ素化合物関連の新製品開発を行っています。
 その中でも私は有機ヨウ素化合物の製品化に関する研究に主に携わっています。学生研究と同様に実験室スケールでの合成検討も行っていますが、500Lの中規模反応設備を用いた試験製造にも携わっています。製品化のための研究なので、様々なスケールでの合成検討など大学での研究とは違う面も多いですが、逆に私自身が携わった化合物が製品として世に出回ることを考えると一際達成感も大きく、やりがいのある仕事だと思っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
新規化合物の製品化
新製品を市場に出すためには、数多くの探索研究の中から開発段階へ移行し、工業化段階を経て、製品化が行われます。幸いなことに私は入社して間もなく探索化合物の1つが開発段階へ移行し、工業化段階、製品化段階まで進み貴重な経験をすることができました。
 しかし、これらは先輩方が当初より携わっていたプロフェクトで、入社間もない私はサポートに回ることが多かったので、今後は私自身がメインとなって新規化合物の製品化を進めたいと考えています。自分がメインとなって製品化を進める上では、今よりも多くの責任や困難があり、これらの壁を乗り越えるために、たくさんの知識、技術を習得していこうと思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 研究経験が活かせる企業で
私は学生時代に行っていた高分子関連の研究経験が活かせる化学系メーカーでの研究業務を希望していました。就職活動当時、企業説明で当社がヨウ素化合物の事業化に注力し、新規事業を立ち上げるための基礎となる研究業務に特に力を入れていることがわかりました。また、当社が世界の約7%のヨウ素を生産する総合的なヨウ素メーカーであることも魅力の一つでした。
 ヨウ素、ヨウ素化合物の生産・販売だけでなく、お客様が使い終えたヨウ素やヨウ素化合物のリサイクル事業まで一貫したヨウ素生産活動を行っている点にも興味を持ち、入社したいと思いました。
 
これまでのキャリア 平成27年4月 入社
同年 7月 本社 技術研究所 有機合成グループ (現在に至る)

この仕事のポイント

職種系統 基礎研究
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

仕事を進めていく上で自分の意見をしっかりと伝える力が必要です。相手の考えの全体をイメージし、それに対して自分の提案や考えを相手に伝える。会社に入ってからこのような場面が多々あります。就職活動の際にも大いに役に立つ力です。自分の考えをハッキリさせ相手に話すことができるよう、日常的に意識すると良いと思います。
 また、会社に入ってからは自身の専門とは全く異なる分野の仕事も多くなるので、学生の内からあらゆることに興味を持つ姿勢が大切です。

株式会社合同資源の先輩社員

私の仕事は「水溶性天然ガスの井戸掘削・管理」です。

千葉事業所 鉱業部 管理課
菅原啓太
秋田大学 大学院 工学資源学研究科 地球資源学専攻

私の仕事は、「有機ヨウ素化合物の製造」です。

千葉事業所 機能ヨウ素製品部 製造グループ(同部 開発試験グループ 兼務)
市野慶祐
東京工業大学 大学院 理工学研究科 物質科学専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる