株式会社神奈川新聞社
カナガワシンブンシャ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

※現在、「プレエントリー」または「説明会・面接」の申し込みは受け付けていません。
  • OpenES
  • 正社員
業種
新聞
本社
神奈川

先輩社員にインタビュー

横須賀支社 三浦支局
岩崎 千晶(30歳)
【出身】東京外国語大学  外国語学部フランス語学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 地域を駆け回り情報発信。醍醐味は人との出会い
神奈川県三浦市の担当記者として、行政や議会、街の話題、事件事故など、地域に関係する事柄全般を取材し、記事を書く仕事をしています。ネタは情報提供を受けたり、街を歩いて見つけたりします。三浦市はマグロの水揚げで栄えた時代があったものの現在は人口減や少子高齢化、財政難などの課題に直面しています。
一方、伝統芸能が盛んで、7月の祭りの日にはすさまじい熱気に下町が包まれます。1954年、米国がマーシャル諸島ビキニ環礁で実施した水爆実験で多くの船が被災した「ビキニ事件」では、三崎港を母港とするマグロ漁船も巻き込まれ、悲しい歴史を持つ地域でもあります。自然環境の豊かさや街並みに引かれた移住者が地域を活性化させようと取り組む動きもあります。取材内容は幅広く、名刺1枚でさまざまな人と出会えるのが醍醐味です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
継承に対する市民の切実な思いに触れ、世に問えた
横浜大空襲から74年の節目に合わせ県内各地の空襲被害を取り上げる企画で、三浦市内の被害や継承の現状を取材しました。市街地で大規模な被害がなく市史に太平洋戦争中の空襲被害の記載はありませんが、街を歩く中で、三崎から出漁した複数の漁船の被害を知りました。公的記録がなく犠牲者数すら判然としない取材は雲をつかむようで、その感覚と共に、草の根で継承に取り組む市民の姿を書き、取材先や読者から反響をいただきました。
「赤紙一枚で徴兵され、遺骨すら戻ってこないのが戦争。そんな恐ろしい時代の中で(空襲の)悲劇は起きた。それなのに今の日本には、米国と戦争をしたことさえ知らぬ若者がいる。亡くなった人たちが浮かばれない」。当時を知る市民の切実な言葉に触れ、継承の意義を世に問えたことに大きなやりがいを感じました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 若い時からいろいろな仕事に携われる
読んだ人が元気になれるような記事を書きたい、と就職活動では記者職を志望しました。新聞社の採用試験を中心に受ける中で、生まれ育った地元で地域に根ざした情報発信ができることに魅力を感じ、神奈川新聞社を受験しました。入社してからは、若手でもさまざまな仕事に携わることができる風土に引かれています。
振り出しの整理部(現・編成部。記事の見出しやレイアウトを担当する部門)では2年半の間に、一面や社会面など、他の社では若手がなかなか任せてもらえない仕事に関われました。現場に出てからは、担当業務だけでなく、関心があった「国際女性デー」の取材で都内に出たり、災害や火山の取材で九州や中国地方に出張に行ったりしました。意欲があれば若手でも多岐にわたる仕事に関われるのは、小さな会社ならではの魅力だと思います。
 
これまでのキャリア 整理部(2年半)→県警担当(6カ月)→小田原支局(2年1カ月)→三浦支局(2019年5月~)

この仕事のポイント

職種系統 記者・ライター
仕事の中身 イキイキした地域社会をつくっていく仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

OBOG訪問でムカつく社会人に出くわしたり、面接官に失礼な質問をされたり、内定がなかなかもらえなかったり…。自分の就職活動を振り返ると、つらいことがたくさん思い出されます。ですが就職活動を通じ、社会人になった今も近況報告したり励まし合ったりできる友人との出会いもありました。進路に迷うこともあると思いますが自分の考えや経験にどうか自信を持って臨んでください。そして無理せず、息抜きしながら、いろいろな人や仕事との出会いを楽しんでください。

株式会社神奈川新聞社の先輩社員

新聞広告の企画営業。純広告や記事体広告、イベントと絡めた企画運営

クロスメディア営業局 広告部
細谷 康介

整理記者。記事に見出しをつけ、紙面をレイアウトする

統合編集局 編成部
塩山 麻美

外勤社員として新聞販売店を訪問。一人でも多く神奈川新聞の読者を増やす。

読者コミュニケーション局 販売部
福田 幸輝

神奈川新聞社のニュースサイト「カナロコ」の運営&ニュースの外部配信

編成部 記者・デジタル編集担当
石尾 正大

掲載開始:2020/03/01

株式会社神奈川新聞社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社神奈川新聞社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)