富士精工株式会社
フジセイコウ
2021
業種
自動車
金属製品
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

富士精工株式会社は高度な金属プレス加工により、自動車の重要な機能部品を製造するメーカーです。

金属プレス加工という、製造業のなかでは極めてポピュラーな工法であるにも関わらず、長年にわたってお客さまの信頼を得続けることができた理由は、独自の技術・ノウハウの蓄積と、困難な目標にも挑戦し続けてきたことによる製品実現能力の高さにあります。

当社の魅力はここ!!

企業理念

蓄積してきた独自の技術・ノウハウと製品実現能力の高さが強み

私たちは創業以来、金属プレス加工という製造業のなかでは極めてポピュラーな工法にこだわり、その技術を徹底的に追求。「技術の追求と飽くなき挑戦」というテーマのもと、社員一人ひとりのやる気と情熱で独自の技術・ノウハウを蓄積、難しい問題にチャレンジし続けてまいりました。その結果、他社にはない圧倒的な製品実現能力でお客さまのさまざまなニーズにお応えし、お客さまからの絶大な信頼を長年にわたって得続けるということを可能にしています。私たちの創造と情熱に限界はありません。これからも、さらなる品質向上に努め、お客さまの希望にお応えするための最大限の努力を続けてまいります。

事業・商品の特徴

高度な技術と一貫した製造工程で高精度な金属プレス製品を製造

複雑で高精度な金属プレス製品は、優れた金型製造技術に支えられています。当社では、最適な工程と構造を考慮しながらCADを駆使して金型を設計、熟練した職人の手によって、コンパクトで効率の良い金型を製造。この金型により、複雑で高精度な金属プレス製品の製造を実現しています。冷間鍛造プレスを利用した厚板加工、潰し加工、シェービング加工、複雑形状を実現する薄板鋼板加工といった独自の高度な技術をもとに、自動車メカトロニクス用部品や家庭用産業機器部品を製造。さらに、充実した設備のもと金型づくりからプレス加工、溶接といった工程を一貫して行うことで、高度な品質を維持することを可能にしています。

魅力的な人材

社員一人ひとりが会社のかけがえのない財産

1954年設立以来、半世紀以上にわたって「モノづくり」に携わってきた当社の強みは、「富士精工に頼めば何とかしてくれる」とお客さまにいつでも信頼していただける技術とノウハウ。この大切な技術力は当社の社員一人ひとりが実務を経験しながら習得し、そして、先輩から後輩へしっかりと伝えていくものです。私たちは、その技術を学び、会社の中核として活躍していってもらえる、強い意欲と情熱を持った人材を募集しています。規模の大きくない当社では、自主性と主体性を持ってさまざまな仕事に挑戦してもらえることこそが重要であり、それこそが会社の成長と社会への貢献につながっていくと考えています。

会社データ

事業内容 ・金属プレス加工
・金属溶接加工
・プレス金型製造
設立 1954年10月
資本金 1,600万円
従業員数 104名(男性86名・女性18名)
売上高 15億1千万円
代表者 代表取締役社長 杉浦寿治
事業所 【本社】
〒467-0852 愛知県名古屋市瑞穂区明前町9番31号
TEL:052-821-3151
FAX:052-822-1374

【事業所】
・内浜工場
沿革 1954年10月 富士精工株式会社設立
1960年    新川工業株式会社(現アイシン精機)と取引開始
1986年    内浜工場操業開始
1991年    富士通テン株式会社と取引開始
2003年5月  国際品質規格 ISO9001:2000の認証を取得
2013年7月  太陽光発電所(出力519.1kw)の操業を開始
ホームページ http://www.f-sk.co.jp
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)