北村商事株式会社キタムラショウジ
業種 商社(金属)
商社(建材・エクステリア)/商社(機械)/建設/建築設計
本社 高知

先輩社員にインタビュー

鉄工営業部 第2グループ
岡豊 勝也(33歳)
【出身】大阪産業大学  経営学部 流通学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 鉄工所等へ鉄板を切断して販売しています。
会社から任されている得意先を定期的に訪問して、鉄板をお客様が必要とするサイズに自社工場で切断して販売しています。
造船や建築、建設機械や産業機械といった業種の方から、鉄の加工方法や自分の納入した鉄板がどのように使われ、どんな役割を果たすかを教えて頂いたり、またそれが業種によって様々あり、私はそこが面白いところだと思います。
また、営業職としては競合他社との相見積りで受注できた時が最も喜びを感じる時です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分が納入した製品が災害復興や耐震工事に大きな役割を果たしている事。
自分が納品した物が使われて建物が建てられていくのを目の当たりにすると、嬉しく思います。
中には使われているのを目にする事ができない物もありますが、お客様から『この製品は東日本大震災の復興の現場で使う物だ』とか、『耐震工事の大切な部材になる』と話を聞くと、とてもやりがいを感じることがあります。
この仕事は、決して派手ではないけれど社会貢献度は高い、と誇りに思っています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 地元高知の企業で社会貢献できる仕事がしたかった。
私が大学時代の休暇中に、地元の鉄工所でアルバイトした時に、当社の事を高知の鉄鋼商社では県内トップクラスと聞いて、その時から当社に注目していました。
また会社訪問した時には、工場を案内してもらって切断機の説明や実際に切断している場面と、切断した製品を見せてもらって、鉄の世界に興味を持ちました。
そして、地震国の日本では、鉄の必要性は今後さらに大きくなり、この会社の社会貢献度も比例して大きくなっていくであろうと考え、私もこの会社に入って高知で社会貢献したいと思いました。そこが決め手になりました。
 
これまでのキャリア 前職:印刷会社勤務(1年間)→当社へ転職:営業(6年目)

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 忍耐力と集中力が必要な仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

一つの職種に固執せず、広い視野を持つ事です。
就職説明会にも積極的に参加して多くの企業から話を聞いてみて下さい。
思わぬ所から自分の特性や可能性を引き出せる仕事に出会えるかもしれません。
希望を持って頑張って下さい。

北村商事株式会社の先輩社員

土木・建設資材の販売営業。

建材営業部 第一グループ
瀧本 和正

官公庁及び設計事務所(土木コンサルタント)への商品提案。

建材営業部
橋本 洋和
神戸学院大学 法学部 国際関係法学科

建設資材、鋼材の販売。

建材営業 第1グループ
森田 龍
神戸国際大学 経済学部 都市文化経済学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる