日東工業株式会社ニットウコウギョウ

日東工業株式会社

電設・電材、FA・制御、情報・通信 (東証・名証一部)
  • 株式公開
業種 総合電機(電気・電子機器)
輸送機器/コンピュータ・通信機器・OA機器/半導体・電子部品・その他/重電・産業用電気機器
本社 愛知

先輩社員にインタビュー

名古屋ラボラトリ
金子 紀明(29歳)
【出身】名城大学大学院  理工学部 電気電子工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 量産前の品質チェックに責任を持っています
試作品や製品の検査を行うラボラトリという部署です。私は昨年まではブレーカという製品の検査を担当していましたが、今は日東工業で取り扱っている全ての製品を担当できるようになりました。
具体的には、開発全部門から、製品化される前の試作品の試験依頼、営業部から量産品で不具合があった製品などの調査依頼を受け、国際規格や社内規定に適合しているかを試験しています。
ラボラトリは、開発部から生産部へ移る最終チェック部門なので、依頼品に問題があったときには正確にフィードバックできる精度の高い検査ができるよう日々取組んでいます。
検査をしていく過程で、開発者と一緒に「より良い製品」を作っていくところにやりがいがあります。製品によって開発の担当者も違うので、毎回毎回いろいろな人と仕事ができるのも楽しいです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
学んだ知識が繋がった!
日東工業の製品のひとつである漏電遮断器では、漏電電流の検出にはZCT(零相変流器)を使用しています。
ZCTはそれまで名前だけしか知らなかったので、CTと何が違うのか理解できていませんでした。試験を通して実際に動作させたときに大学で学んだ動作原理と実際の製品の動作とが結びついて、なるほどと合点がいったことを覚えています。学んだこと全部が全部仕事に還元される訳ではありませんが、その知識が生かされたとき勉強してきてよかったなと感じます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 自分の力を発揮し、成長できる環境
大学で実験をすることが多かったので電気機器メーカーをまず考えました。電気製品メーカーでも多くの企業がある中で、最終的に日東工業を選んだ決め手は、面接で受けた会社の雰囲気でした。自分の考えていることを引出してくれるやりとりの中で自分を素直に出すことができました。仕事をしていくうえで、自分の力を発揮でき、成長できる環境があると感じました。
 
これまでのキャリア 研修
→ 2014年8月~ 名古屋ラボラトリ(試験・検査)

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

直接、就職活動に関連していませんが、伝えたいことは2つあります。
1つは、卒業研究に一生懸命取組んで欲しいということ。卒業研修は、大学在学中にできる一番大きなことだと思います。その卒業研究に妥協ぜず取組む姿勢が、社会に出てから役立つと思います。
もう1つは、時間がある大学生のときに2週間程度の長期旅行をお薦めします。慣れない環境に身をおくことで、当たり前だと思っていたことが当り前ではないと気づいたり、視点を広げることができますよ。

日東工業株式会社の先輩社員

EMS(エネルギーマネジメントシステム)へ対応した次世代分電盤の開発

配電盤開発部
宮山  将
名古屋工業大学 工学部 電気情報工学

保守業務を積み重ねて経験を積んで、いつかは製品開発!

電子機器開発部 開発グループ
山田 健登
岐阜大学 電気電子・情報工学科

営業としての下積み!

IT営業部東京IT営業所
松本 さちこ
南山大学 総合政策学部 総合政策学科

開発職独り立ち目指して勉強中

配電盤開発部第一グループ
石垣 絵梨
愛知工業大学 工学部 応用化学科

全てが新鮮。とにかく吸収。

京都営業所
久保 雄太
専修大学 経営学部 経営学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる