日東工業株式会社ニットウコウギョウ

日東工業株式会社

電設・電材、FA・制御、情報・通信 (東証・名証一部)
  • 株式公開
業種 総合電機(電気・電子機器)
輸送機器/コンピュータ・通信機器・OA機器/半導体・電子部品・その他/重電・産業用電気機器
本社 愛知

先輩社員にインタビュー

配電盤開発部
宮山  将(34歳)
【出身】名古屋工業大学  工学部 電気情報工学 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 EMS(エネルギーマネジメントシステム)へ対応した次世代分電盤の開発
EMSの基本はエネルギー使用状況の把握です。分電盤は家や建物の電気が必ず通るため、エネルギー計測に最適な場所です。この計測をよりコンパクトに正確に行える分電盤を開発しています。
また、最近では太陽光発電や蓄電池などの関連製品の開発にも携わり、将来のスマートグリッド普及に適応する製品の開発にも従事しています。
一言で開発といっても電気・電子・通信・情報などの分野から、金型を使用した板金・樹脂部品の設計に至るまで幅広い知識が必要なため非常に大変ですが、とてもやりがいがある仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
独立型電源が動いた!
独立型電源とは電気(電柱や電線など)がない場所に太陽光と蓄電池だけで負荷を動かす装置。この装置の開発には蓄電池や制御の部分で自分が知らない技術を勉強することからスタートしたため苦労しましたが、無事動作したときはとても嬉しかったことを覚えています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 技術開発と品質でインフラを支える製品づくりに将来性を感じて
1つ目は、日東工業が作る分電盤やブレーカはインフラを支える重要な役割を担っており、かつ家庭にも身近な存在の製品だという点です。これは『発電機よりもスゴイ技術かもしれない』と感じ、これらの製品開発に携わりたいと思いました。
2つ目は、先輩社員と話した時に感じた社風と将来性です。
日東工業が作るものは電気機器だけではありません。充電器や情報通信など、新しい事業分野にも挑戦しており、そこに携わる先輩社員の話しから感じたモノづくりへのひたむきさ、やりがいを持って働く姿にも惹かれたのです。
大学の教授たちから「日東工業は開発と品質にすごく力を入れているから間違いない」と太鼓判を押されたことも大きいです。
 
これまでのキャリア 研修
→ 2010年06月~ 配電盤開発部 配属 (開発)
→ 2010年07月~ 配属先研修(現場実習)
→ 2010年10月~ 配電盤開発部へ戻り、現在に至る

この仕事のポイント

仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は体力勝負だと思います。時間が許す限り多くの会社を訪問し、会社の社風や特徴をみて自分にあう会社を見つけてください。また就職活動は多くの企業をみる良いチャンスでもあると思っています。

日東工業株式会社の先輩社員

量産前の品質チェックに責任を持っています

名古屋ラボラトリ
金子 紀明
名城大学大学院 理工学部 電気電子工学科

保守業務を積み重ねて経験を積んで、いつかは製品開発!

電子機器開発部 開発グループ
山田 健登
岐阜大学 電気電子・情報工学科

営業としての下積み!

IT営業部東京IT営業所
松本 さちこ
南山大学 総合政策学部 総合政策学科

開発職独り立ち目指して勉強中

配電盤開発部第一グループ
石垣 絵梨
愛知工業大学 工学部 応用化学科

全てが新鮮。とにかく吸収。

京都営業所
久保 雄太
専修大学 経営学部 経営学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる