株式会社つくば食品ツクバショクヒン
業種 食品
商社(食料品)
本社 茨城

先輩社員にインタビュー

営業部
萩野谷 巧(26歳)
【出身】北里大学  獣医学部 動物資源科学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 【惣菜レシピまでお任せあれ!】提案するのはタレだけじゃない!
私たち営業部は、つくば食品自慢の業務用調味料をお客様に提案する仕事。

お客様とは主に2つ。1つはスーパー。惣菜コーナーのバイヤーさんです。
惣菜コーナーに並ぶ商品のタレを提案するので、これは分かりやすいですよね。

もう1つは食品商社の営業さん。
多くのスーパーと取引している食品商社に、つくば食品の商品も扱ってもらおう!
という作戦です。

提案時のポイントは、『 タレを使ったレシピの提案 』までする事!

食品商社の営業さんも、バイヤーさんも、凄く美味しいタレがあっても
それをどう商品化するか迷いますよね?
どんな材料が合うのか?調理法は?予算は?・・・考えたらとても大変。

だからレシピ(タレ●g、肉▲g、キャベツ■g・・・)を丸ごと提案するんです!
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
【入社3年目の挑戦】丼物リニューアルの提案!
ある時、スーパーから「丼物の商品リニューアル」のご依頼が。

早速お伺いしてニーズや予算のヒアリング。
そして上司や他部署の力を借りながら、商品開発を行いました。

完成したのは、とりごぼう丼、ごま醤油あんかけ丼、照りマヨ丼の3品。

「1品でも採用されたらいいな・・・。」と思いながら、いざバイヤーさんのもとへ!

バイヤーさんの試食。緊張の一瞬です。

なんと3品とも大好評!!
社長にもその場で食べていただき、即採用となりました。

お客様のニーズによって作り上げる商品の面白さ、
商品化が決まった時の嬉しさと達成感は最高ですね!

この時の提案がきっかけで、今では継続的に月3品くらい提案しています。

こういったお客様のニーズに合わせて即対応できるスタイルが、つくば食品の強みですね!
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 【アットホーム×事業スタイルが決め手!】実感して欲しい当社の魅力
元々、動物が好きで関連する大学・学科に進学しました。
ですので、最初は動物園の飼育員も考えていましたね。

食品メーカーで働くという選択肢が芽生えたのは、
講義の一環で乳製品を作った経験から。
「食品は絶対に必要で、なくならない存在」と実感しました。

そこで視野を広げて就職活動を開始。

説明会でまず感じたのは、自然体でアットホームな雰囲気。

そして「決まった商品ではなく、お客様に合わせた1品を提案する」
という柔軟性のある事業スタイルにも惹かれました。

また、入社して感じたのは、上司が若手の意見に耳を傾けてくれること。

「だからこの仕事が好き!」で紹介した成功体験ができたのも、
商社メインだった営業スタイルを、スーパーへ直接営業がしたいと相談したら
快諾し、応援してくれたからです!
 
これまでのキャリア 入社後→3ヶ月製造部→1ヶ月間総務→1ヶ月開発
各部署をローテンションで経験した後、1年目の9月から営業部へ配属

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 イキイキした地域社会をつくっていく仕事
仕事のスタイル 機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 最後まで自分でやらないと気がすまない人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

大手志向と言われるからこそ、私はもっと中小企業に目を向けて貰いたいと思います。

企業成長性の高さと仕事の裁量の大きさ、そこに携われるのは己の大きな糧になります。

福利厚生や休日・休暇では大企業に劣るかもしれません。
しかし、それは「今のあなた」が求めていることではないでしょうか。

「将来のあなた」が社会人としてどんな人材になりたいか、を
しっかり考えて就職活動に臨んでください!

株式会社つくば食品の先輩社員

【手掛けるソースは年間2000種類!?】タレ・ソースのプロフェッショナル!

製造部
田那部 直樹
日本大学 生物資源科学部食品生命学科

仕事のPointは『社員からパートさんまで皆で協力!』

製造部
長田 和樹
山形大学 農学部 食料生命環境学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる