半田港運株式会社
ハンダコウウン
2021

半田港運株式会社

港湾物流/通関/衣浦1号
業種
海運
倉庫/電力・電気/エネルギー/陸運(貨物)
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

【知ってましたか?】日本の輸出・輸入の99.6%は海の上で行われています!

当社はそんな輸出入の主役である海運を、衣浦港から支える会社です。

\ポイント/
・社員の99%が地元出身者
・輸出入の99.6%を支える海運業界だから安定性抜群
・衣浦港=いま、世界から注目されている港

当社の魅力はここ!!

魅力的な人材

社員の99%が地元出身者だから、ワンチームになれる!

当社の社員は、なんと99%が地元愛知県出身。さらにそのほとんどが車通勤30分圏内。社員のほとんどに共通化している想いは「地元貢献」。地元に対して貢献したいという想いから、半田港運に入社を決めた先輩がたくさん。「自分を育ててくれた地元地域に少しでも何か貢献出来るような仕事がしたい」「生まれ育った知多半島は周りが海。身近な海の仕事である海運業に就きたい」半田港運という会社は、「地元の為に働きたい!」、「スケールの大きな仕事をしたい!」という方にはぴったりな会社です。地元愛知で、胸が張れる仕事したい、誇りを持てる仕事をしたいと思っている皆さん!ワンチームになれる会社がここにあります!

事業・商品の特徴

輸出入の99.6%を支える業界だから、安定性は抜群

みなさんは、日本の輸出入の99.6%が船で行われているということを知っていましたか?飛行機での輸送は、実はほんの少しだけ。理由は、船の方が重たい荷物やたくさんの荷物を運べるからです。いわば海運は、日本の経済、そして日本の暮らしの生命線なのです。日本は島国なので、これからも船での輸出入がメインとなります。でもそんなに重要な業界なら、新しい会社がたくさん出てきて競争が激しくなりそうですよね?ところがこの業界、国から許可を得た会社だけが事業を行える世界なので、そういったことは起こりません。安定しているので、純粋に日本の経済を支えることに集中できる世界なのです。

戦略・ビジョン

衣浦港=いま、世界から注目を集めている港?

衣浦港の特徴は、石炭とトウモロコシの取扱量が全国の港でトップクラスを誇ること。特に石炭は、近くの碧南火力発電所で使用されます。なんとこの発電所で生み出す電気は、愛知県内で利用される生活・工業用の電気のうちの50%以上!愛知県の電力の半分以上を、衣浦港が支えているのです。とはいえ環境保護のためにCO2の排出削減が求められている今、衣浦港ではバイオマス発電所の運転が2016年から始まりました。カナダから入る木質ペレットなどから発電するバイオマス発電。世界から注目されているこの発電を、当社も原材料の輸入によって支えています。

会社データ

事業内容 ■荷役作業 (確かなキャリアとノウハウで船内・沿岸荷役に応えています。)
当社が取り扱う貨物は、穀物、石炭などの輸入貨物から鉄鋼、工業製品などの輸出貨物まで多岐にわたります。それらは、熟練オペレーターが操作する大型クレーン、ショベルローダーなどの機動力を駆使して陸揚げや船積みされます。こうした船内荷役・沿岸荷役は当社の主力業務で、長年にわたってお客様の厚い信頼を獲得しています。

■通関・保税 (適正・迅速な輸出入通関サービスの実現)
衣浦港が重要港湾に指定されて以降、入港船舶数及び取扱貨物量は飛躍的に拡大し、当社は昭和45年に通関業の許可を受けて以来、多種多様な貨物を取り扱ってきました。この長年にわたる実績を通じて築いてきた豊富な経験と知識を活かして、安心・安全はもとより適正・迅速な輸出入通関手続きを実現し、お客様に高品質なサービスを提供いたします。また、通関に伴う他法令関係(食品衛生法、植物防疫法等)手続きにおいても、高い専門知識を備えた熟練した通関士が検疫所への届出や植物防疫所への申請、各検査の手配などの一連した輸入手続きを、お客様のご要望に合わせて代行いたします。

■倉庫 (充実した倉庫で、柔軟にお客様の希望を叶える。)
お客様の大切な商品の入出庫から保管、運搬まで一貫して行っています。
半田・武豊・碧南・高浜地区において、管理倉庫75,000平方メートル保有。(営業登録倉庫19棟、33,000平方メートルを含む)
ご要望に合わせ、重機の配備、導入・倉庫の建築、改修も積極的に行います。
またAEO認定事業者として万全なセキュリティ体制で、コンテナの積卸荷役にも対応しています。
新たなニーズにも柔軟にお答えし、最適な物流形態の実現をお手伝いします。

■運送 (海と陸上を結ぶ貨物輸送)
近年、高品質な輸送の要請が高まる中、それにおこたえ出来る、貨物自動車の役割はますます重要になっています。
半田港運では自社車輌の他、グループ会社の衣浦港陸運(株)、総合メンテナンスの衣浦自工(株)とともに、海運貨物の輸送を中心に「安全・確実・迅速」に信頼性の高い運送サービスを提供しています。

■船舶代理店 (国内外を行き交う船舶の安全で円滑な入出港をトータルサポート)
グローバル社会を行き交う船舶に必要となる諸手続きを、船長及び船会社の代理人として行い、スムーズな入出港のサポートを行っています。お客様、船長との入念な打ち合わせを行い、関係各所への手続き、スケジュール管理などを的確にトータルプロデュースする代理店として業務を行っています。

■自社船舶
2016年(平成28年)、半田港運の自社船プッシャー・バージ「こううん」「衣浦1号」「衣浦2号」が就航しました。
これらの船は、衣浦港内の貨物輸送を専従とするはしけ運送事業を行う船舶として建造され、現在ではおもにバイオマス発電所向けの木質ペレットの輸送を行っています。


設立 昭和17年12月29日
資本金 8,800万円
従業員数 206名
売上高 52億5900万円
代表者 浅野 皇
事業所 ・武豊支店(知多郡武豊町1-3-8)
・三河支店(碧南市港本町1-11)
・亀崎倉庫(半田市潮干町2)
・碧南火力港運会事務所(碧南市港南町2-2)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)