三起機械株式会社サンキキカイ
業種 印刷関連
機械/精密機器/食品/文具・事務機器・インテリア
本社 大阪

先輩社員にインタビュー

営業部
吉田 則武(36歳)
【出身】大阪工業大学  工学部応用化学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 シール印刷機の営業。機械の提案や売り込みを行っています。
主に既存顧客へのルートセールスを行っています。取引のあるお客様のところへ定期的に足を運び、ヒアリングします。シール・ラベルの用途、印刷機のスペックや操作性・生産性などの要望を踏まえた上で、それぞれに合わせたプランを練ります。そこで練ったプランをお客様と相談し、機械を契約していただく仕事です。契約後は様々なアドバイスを行ったり、アフターフォローも行っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
提案した機械を導入した事で、お客様の売上が倍増した!!
入社して約3年ほど経過した頃。とある新規のお客様から「生産性が悪いので、新しい機械が欲しい」とのご相談がありました。そこで私はお客様の生産性が倍増する仕様の機械を提案し、契約していただくことができました。導入後、お客様の受注が今までの約2.5倍に増大。結果的に更にもう1台追加購入してもらえました。以降、お客様とは非常に懇意にしていただけるようになり、商談もスムーズに運べるようになりました。このことにより、お客様からご信頼いただけたのも嬉しかったですが、自分の提案でお客様に対して結果が出せたことが、何より嬉しかったですね。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 競合の少ないメーカーだったから。
当社のお客様である業界は、シールラベルの印刷業。非常にニッチな産業で、競合が少ないことに魅力を感じました。一方でみなさんもご存じのように、身の回りにあるほぼ全ての商品にシールラベルは使用されており、多種多様のシールラベルが存在します。仕事内容によっては「無限大に展開できる」可能性を感じて、入社を決意しました。
 
これまでのキャリア 前職:商社(法人小売)3年間→当社へ転職:機械販売営業(今年で9年目)

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

これから働く上でも就職活動においても、自主性を持つことが一番大事。当社には営業ノルマといったものがないため、目先の利益にとらわれず、長期的なスパンで物事を考えることができます。自ら考えて、計画し、行動できる人が活躍できる環境なのです。就職活動も同じで「これをしなければならない」というノルマはありません。自分がどうなりたいかしっかり考え、それに向かって行動することが何よりも大切なのだと思います。

三起機械株式会社の先輩社員

「ポロっ」と出てくるお客様のニーズを拾ってくる

技術サービス
西脇 拓冶
大阪学院大学 国際学部

お客様の「困った」を「ありがとう!」に変える

技術サービス部
石本 裕一
甲南大学 経済学部

会社のバックヤードを支える仕事

営業事務
梅野 夏菜
大阪府立かわち野高等学校

印刷機械の設計開発しています

設計
福井 秀彦
近畿大学 工学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる