不二輸送機工業株式会社
フジユソウキコウギョウ
2021

不二輸送機工業株式会社

ロボット、設計、開発、工学、機械、技術
業種
機械
輸送機器/機械設計/ソフトウェア/その他製造
本社
山口

私たちはこんな事業をしています

■私たちは、パレタイジングロボットの分野で
トップクラスのシェアを誇る自動化設備・システムのメーカーです。

■この分野のパイオニアとして培ってきた、独自の高い開発力には自負があり、
技術的知識と提案能力を併せ持った数少ない企業として、
国内はもとより、海外でも展開を広げています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

物流の最先端を「動かす」二つとない輸送機メーカー!

私たちは、物品の積み上げ作業を担う「パレタイジングロボット」を日本で最初に開発した輸送自動化設備・システムメーカー。この分野において国内シェア、世界シェアともトップクラスのポジションにあります。また倉庫内などで用いられるリフコン(輸送用エレベータ)でも業界トップクラスの導入実績を有しており、コンベアなどロボット周辺設備も含めて「縦横三次元的にあらゆる輸送需要を自動化」し、効率的なシステム全体を構築、幅広い顧客に向けて提案しています。この点が当社の最大の強みであり特徴。二つとない、二番にあらずという意味を持つ「不二」の社名通り、私たちはOne and Onlyの事業を展開しています。

戦略・ビジョン

世界の常識を「動かす」ために、グローバル展開に注力中!

当社のお客様は大手企業から個人経営まで合わせ数千社。国内では働き方改革による生産性の向上が求められており、パレタイジングロボットの需要はますます高くなっています。しかし海外での市場拡大はそれ以上に顕著で、特に急成長を遂げる中国ではすでに関連子会社を設立するなど、展開も本格化。またアメリカ、欧州、韓国、香港、シンガポールなど世界各国に拠点となる事業所を設置し、グローバルマーケットに向けた体制づくりを加速しています。物流という相手を選ばない業種に向けて、恒久的な省力化・効率化を「世界中で」提案していく。新たなスタンダードを創りだす私たちの事業は、きっと100年後にも色褪せることはありません。

仕事内容

要望に応え、関わる人の心も「動かす」創造的な仕事内容

当社の製品は、ひとつ一つお客様の要望に応えるオーダーメイド品がほとんど。多様なニーズに応えるため、技術開発にも大きな力を注いでいます。特に物を掴む・置くという基本的作業を担う「ハンド」は多くの技術蓄積があり、他社にはできない緻密な動作を実現しています。また製品のスペックを最大限に引き出すには、お客様の工場内でいかに効率よく動かすか、という導線も含めたコンサルティングも重要な要素。当社ではその力を育成する社員教育にも非常に力を入れており、最先端システムなどのセミナーにも会社負担で参加できます。独自のシステムを創り上げていくことは非常に困難ですが、その分得られる成長や喜びもまた大きなものです。

会社データ

事業内容 各種産業用ロボット・運搬機械・包装機械の開発・製造・販売

■製造ラインを流れてきた製品を、輸送用のパレットに運搬する(=パレタイジング)。当社はこの分野で業界トップクラスのシェアを持つ、自動化設備・システムのメーカーです。
■マテハン(=マテリアルハンドリング)ロボット「フジエース」が代表的な製品ですが、それ以外にも製品を運ぶコンベア、倉庫内で稼働する大型荷役エレベータ、用途に合わせた自動梱包機など、多彩な製品の開発・販売を手掛けています。ただ、これらの製品が単体で販売される事は少なく、提案の多くはお客様の生産ラインに合わせてカスタマイズされた「システム全体」に及ぶ事がほとんどです。
■全てを手掛けているからこそ可能な、細かな調整や迅速なトラブル対応が当社の強み。輸送プロセスが滞れば、工場の生産全体がストップしてしまいます。当社の豊富な業務実績と高い対応力は、大手メーカーでも突き崩せない「お客様からの信頼」という形で、強固な事業基盤となっています。
■近年では海外での需要の高まりに対応して、積極的に現地法人の設立・事業所の開設を行っています。世界的に見ても当社のような専門性・ノウハウを持つ企業は少ないため、マーケットの可能性は十分。将来性の面でも、大きな期待を寄せられています。


ここが会社の自慢/不二輸送機工業という会社

◆技術力・開発力に自信あり

技術開発には力を入れています。そのため3D-CADのほか、高度な計測器など用意し、ロボットのコントローラやサーボアンプなど必要なコンピューターのCPUの選定、回路設計・ソフトの作成など、すべてを自社で行っています。開発技術者たちは、流通システムの一歩先の利便性を考えながら、新しい技術の開発に取り組んでいます。それを後押しするため、当社では特許の出願も行っており、また、発明の褒章制度を昨年より設け、すでに2名の開発者が表彰されています。


◆やりたいことに挑戦できる社風

新しいことへの挑戦や、失敗してもより高度なものに挑戦してくれることを当社は期待しています。それは技術開発者だけでなく、営業担当者も。「新たな市場開拓をしたい!」「海外で活躍したい!」など、希望する人には、積極的に手を挙げて欲しいと考えています。現在、社員の平均年齢が37歳と若手が中心で、若手技術者の多い開発部はまるで大学の研究室のような雰囲気です。上司への提案がその上長にも伝わるといった環境で、若手の能力を伸ばす、その風通しの良さは伝統的な社風です。
設立 1944年4月3日(昭和19年4月3日)
資本金 4億9000万円
従業員数 311人(平成31年1月時点)
売上高 109億円(2017年度実績)
代表者 代表取締役社長 米中 郁雄
事業所 ■本社・工場/山口県山陽小野田市
■国内拠点/東京事務所・大阪事務所・名古屋営業所・札幌営業所・福岡営業所・広島営業所・北海道工場
■海外拠点/米州支店・欧州支店(ドイツ)・韓国支店・香港支店・シンガポール支店・インド事務所
関連会社 ファインテック株式会社
(各種産業用ロボット・運搬機械・包装機械の販売・保守・据付工事)
不二技研工業株式会社
(各種運搬機械・荷役搬送機器の製造販売)
不二輸送機商貿(上海)有限公司(中国)
(各種産業用ロボットの輸入販売・技術供与)
主な取引先 コカ・コーラ、アサヒビール、明治乳業、日清食品、カルビー、JAなど
沿革 1944年 設立
1970年 発明協会 特許庁長官奨励賞受賞(受賞機種 多階型コンベレータ)
     発明協会 発明賞受賞(受賞機種 多階型コンベレータ)
1975年 関連会社「ファインテック株式会社」を創立
1985年 本社を小野田市港町から東高泊へ新築移転
1987年 「不二技研工業株式会社」に資本参加し業務提携を結ぶ
1991年 東京事務所ビル新築
1999年 ソウル事務所開設
2000年 仙台営業所開設
2002年 シアトル事務所開設
     不二技研工業工場新築移転
2003年 上海事務所開設
     生産管理事務所新築
     日刊工業新聞 機械工業デザイン賞(受賞機種EC201)
     日刊工業新聞 日本ロボット工業会賞受賞
2004年 香港事務所開設
2006年 経済産業省・中小企業庁「元気なモノ作り中小企業300社」に選出
2007年 青島事務所開設
2008年 文部科学大臣表彰 科学技術賞(技術部門)受賞
     欧州事務所(ドイツ)開設
     「第2回日本マテリアル・ハンドリング(MH)大賞 ハード部門優秀賞受賞」
2009年 ロボット専用工場完成
2010年 「上海揚航商貿有限公司」を中国上海市に創立
2011年 「上海揚航商貿有限公司」北京事務所・成都事務所・青島事務所開設
2017年 シンガポール支店開設
     米州支店移転
2018年 本社厚生棟完成
     香港支店移転
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)