防衛省・自衛隊ボウエイショウジエイタイ
業種 公社・官庁
本社 東京

先輩社員にインタビュー

航空中央業務隊
藤木 千純(40歳)
【年収】非公開
これが私の仕事 様々な企業のリーダーと会い、刺激を受ける毎日
専門は航空機整備ですが、教官や広報など、幹部自衛官としてさまざまな職務を経験してきました。
現在は市ヶ谷基地援護室長として、任務の特性上、一般企業と比較して若年での退職を余儀なくされる自衛官のために、東京都内での再就職を希望する全国の退職予定隊員に、企業を紹介する部署のリーダーをしています。
大企業や中小企業、それぞれの立場でリーダーと呼ばれる人と会う機会も多く、その圧倒的な個性に刺激を受ける毎日です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
XF-2次期支援戦闘機の日米共同開発プロジェクトチームの一員として
XF-2次期支援戦闘機の日米共同開発プロジェクトチームの一員として、技術実用試験に携わることができたことです。
20代半ばの遊びたい盛りに、連日の深夜に及ぶ残業や休日出勤は辛いものがありましたが、あの頃の私にとって、自分の時間や能力をすべて駆使せずには達成できない任務でした。
量産1号機の初フライトの青空は、きっと忘れることはないでしょう…
運用開始から10年、1機の墜落もなく、F-2は今日も日本の空を守っています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 小さな頃から飛行機が好きで、当時は国防には興味がなかった
小さな頃から飛行機が好きで、空への憧れを抱いたまま大学へ進学し、航空工学を専攻しました。
航空機について学ぶうちに、科学技術の結晶ともいえる戦闘機にすっかり魅了され、航空自衛隊を志望しましたが、正直にいうと国防に対しては何の感情もありませんでした。
幹部候補生学校や幹部学校での教育や、部隊での貴重な出逢いや経験から、日本を素晴らしい国だと思えるようになり、家族ができた今では、大切な子供達の未来を自分の手で守ることができる、国防という崇高な任務に、さらに誇りを持てるようになりました。
 
これまでのキャリア 幹部候補生学校(奈良1年)/第2航空団(千歳3年)/飛行開発実験団(岐阜3年)/第1術科学校(浜松2年)/第4航空団(松島2年)/第2航空団(千歳6年うち育児休業3年)/航空中央業務隊(市ヶ谷・現)

この仕事のポイント

仕事の中身 災害・事故・犯罪からヒトの命を守る仕事
仕事のスタイル 何人もの人を動かすリーダーシップが問われる仕事
仕事でかかわる人 海外の人と接することが多い仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私達が再就職先を紹介している隊員のなかにも、就職活動がうまくいかないと自分の存在まで否定されたような気持ちになる人がいますが、悲観する必要は全くありません。
自分の将来ですから、「選ばれる」と思わずに「選んでやる」くらいの強い気持ちで臨みましょう。

防衛省・自衛隊の先輩社員

日本を守ることが私の仕事

第7後方支援連隊 第2整備大隊 普通科直接支援中隊
澤田 裕継

検査・修理・補給によって艦艇搭載武器をベストな状態に維持

海上自衛隊 横須賀造修補給所
居谷 有剛
立命館大学大学院 理工学研究科

航空自衛隊のあらゆる仕事において重要なOA機器システムの維持管理

航空中央業務隊 電算機処理科
金山 司

哨戒機P-3Cの電子機器の整備

第203教育航空隊
徳重 佑太

哨戒機P-3Cの戦術航空士を目指している学生

第205教育航空隊
平泉 隼人
清水海上技術短期大学

幹部としていかに部隊を動かすかが見せ場

第31普通科連隊 第2中隊 2等陸尉
鹿嶋 祐介

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる