日本トーター株式会社
ニッポントーター
2021

日本トーター株式会社

公営競技(ボートレース・競輪・競馬・オートレース)
業種
スポーツ・フィットネス・ヘルス関連施設
レジャー・アミューズメント・パチンコ/その他サービス/情報処理/ソフトウェア
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

公営競技とは、ボートレース・競輪・競馬・オートレースの四競技の総称です。
売り上げの一部は地域社会に還元され、地域貢献度の高い事業であると言えます。
私たちは、そんな業界でトップを走る、「公営競技のスペシャリスト」です。
機器の開発、保守運用をはじめ、各種イベントの企画、実行・映像制作・警備など
数多くの業務を行っており、あらゆる面からエンターテインメントを支え、
人々に楽しさを提供しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

あなたの“好き”がきっと見つかる

当社の事業は、システム開発・保守運用から各競技場の空間プロデュース、イベント企画、映像制作、インターネットを使ったPR活動まで、非常に多岐にわたります。つまり、それだけ自らの力を発揮するフィールドが多いということです。そのため、公営競技が好きな方も、これまで知らなかった方も、多様な業務のある当社で、自分の“好き”を見つけることが出来ます。そしてその“好き”を仕事にすることが出来る、これが当社の魅力です。

仕事内容

「トータリゼータシステム」の開発・運用にて高い実績

公営競技場には、投票をするための機器や情報を集計するためのシステム、映像を配信するためのシステムなど、様々なシステムが導入されています。それらのシステムはまとめて「トータリゼータシステム」と呼ばれ、このシステムがなければ公営競技が開催できないという、まさに業界の屋台骨です。当社はこのトータリゼータシステムの開発・運用を行っており、トップシェアを誇る高い実績を上げています。

企業理念

追い求めているのは「完璧」

世の中の製品・サービス・業務に、「100%の完璧」はありません。また、社会はめまぐるしく変化するため、今日の完璧が明日も完璧とも限りません。それでも私たちは、常に「完璧」を追い求めます。なぜなら「公営競技」という性質上、公正・正確な業務が求められるからです。お客様のニーズに応えるため創意工夫を重ね、時に失敗をしてもそれを糧に1人ひとりが成長し、少しでも完璧に近づけていく。その積み重ねがお客様からの信頼と期待につながり、公営競技がさらに地域社会に必要とされる存在へと進化していけるのだと信じています。

会社データ

事業内容 公営競技の開催業務全般に関する代行・支援及びコンサルタント
各種情報処理システムの開発・保守・運用
各種情報通信システムの開発・保守・運用
各種映像、表示システムの開発・保守・運用
電気通信・電気工事の設計及び工事の監督施工請負
設立 1982年4月
資本金 1億円
従業員数 2,973名(2019年5月1日現在)
売上高 327億円(2018年3月期)
代表者 代表取締役社長 平田 和稔
事業所 本店・東京支社/東京都港区港南二丁目16番1号 品川イーストワンタワー6階
本社/東京都品川区東品川三丁目5番10号 TOTOR BUILDING
名古屋支社/愛知県名古屋市中村区名駅南一丁目21番19号 名駅サウスサイドスクエア 3階
大阪支社 /大阪府大阪市淀川区西中島六丁目1番3号 アストロ新大阪第2ビル8階
九州支社 /福岡県福岡市博多区博多駅東一丁目17番25号 KDビル2階
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)