アッヴィ合同会社アッヴィ
業種 医薬品
本社 東京

先輩社員にインタビュー

イミュノロジー事業本部 イミュノロジー営業部 関西営業部 京滋エリア
植田 千穂(27歳)
【出身】京都薬科大学  薬学部 薬学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 患者さんの日常生活に深く関わる。
京都市内から京都北部を担当し、整形外科、内科、眼科を対象に薬剤の情報提供を行っていました。今年から京都市内の大学病院を担当しています。専門性の高いMRとして日々活動していますが、もちろん営業としての側面もあります。営業活動の中で目標を達成することも大切です。数字として目にみえるので、それだけ患者さんの為になっているということを実感しています。
日々、知識を蓄える必要のある仕事ですので、タイムスケジュールをしっかりと立て、勉強していますね。不明点は調べたり、メンターである先輩社員に聞いたりして、業務に役立てています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分の取り組みが、患者さんの笑顔に繋がる。
薬剤のご案内は、簡単にいきません。薬剤だけでなく、疾患に関する情報も集め、一生懸命に医師に説明をし、やっと認めて頂けます。「投与したよ!」と医師が言ってくださった瞬間もとても嬉しいのですが、それよりも嬉しいのは、自分が案内した薬剤によって患者さんが良くなっていると聞いたときですね。学生時代から患者さんへの貢献を重視していたので、強い達成感があります。「あなたが頑張っているから、私たちも頑張れる。」と嬉しいお言葉をいただくことも。アドバイスをもらったりもして、本当にやる気がでます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き なりたい自分を実現できる会社でした。
学生時代の実習先で、リウマチを抱える患者さんに出会ったことをきっかけに、メーカーのMRを目指すようになりました。日常生活に困難している様子をみて、患者さんにとって一番望ましいのは、やはり疾患が治ることだと思ったんです。多くの患者さんに貢献できる可能性を考えたときに、製薬会社で働くという選択を決意しました。アッヴィはリウマチにも特化しているので、リウマチ専門のMRを目指せることも魅力的でしたし、社内研修で知識を深められる環境なのも嬉しいですね。患者さんを第一に考えている社風も、私の想いと合致しており、居心地のいい会社だと感じています。
 
これまでのキャリア MRとして、IBU-RA京滋北陸エリアに配属。1月より京都大学付属病院を主に担当している。

この仕事のポイント

仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 使命感に燃えやすい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

実際に説明会などに足を運んで、自分にピッタリと合った会社を見つけてほしいと思います。その方が、入社後の成長にも繋がるはずです。働き始めてから、イメージと違った!とならないように、入社した自分を具体的に想像して面接や説明会でしっかりと質問することがお勧めです。不採用が続いても、自分とは合わない会社だったんだと割り切り、次に行きましょう。

アッヴィ合同会社の先輩社員

MRからマーケティング部へ。より大きな影響力になる。

スペシャルティ事業本部 新生児領域事業部 マーケティング部
井上 香織
岐阜薬科大学 薬学部 薬学科

免疫領域に特化した部署で集中的に貢献する。

イミュノロジー事業本部 イミュノロジー営業部 関西営業部 京滋エリア
増田 枝里子
星薬科大学 薬学部 薬学科

新薬開発を正しいデータ収集で支えます。

開発本部 ジャパンサイトマネジメント&モニタリング部
長井 怜雄
東京理科大学 薬学部 生命創薬科学科

新薬の開発に携わるお仕事です。

開発本部 ジャパンサイトマネジメント&モニタリング部
山口 万穂
大阪薬科大学 薬学部 薬学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる