日本コントロールシステム株式会社
ニホンコントロールシステム
2021
業種
ソフトウェア
情報処理/半導体・電子部品・その他/商社(電機・電子・半導体)
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

1981年の設立以来“活き活きとした知性あふれる技術者集団”を目指して設計・開発の分野を歩んできたNCS。とくに機械・システムのパフォーマンスを決定する制御系の分野で強みを発揮し、これまでに高速マスクデータ処理システム(パタコン)のような自社技術を生み出したほか、各種受託ソフトウェアの開発も多数手がけてきました。今後も“ものづくり”にこだわりながら、得意分野を融合して付加価値の高い製品を提供し続けます。

当社の魅力はここ!!

社風・風土

機械・システムは制御しても、社員の行動は制御しない方針です。

設立時のメンバーが上からの押さえつけを嫌い、「エンジニアが活き活きと働ける環境を創りたい!」という想いで独立・設立したのが日本コントロールシステム(NCS)。その精神がいまも色濃く残るためか、機械・システムは制御するクセに社員をあまり制御しないのが当社の方針。「勤務時の服装はどんなものでもOK」「コアタイムを設定しない完全フレックス制度」「本人の希望しない転勤ナシ」。一見甘やかしているようにも見える体制ですが、社員が高いモチベーションで日々の業務に臨んでくれるのは確かなので、当分は現状に手を加える予定はありません。たぶん今後もないと思います。

会社データ

事業内容 ◆コンピュータシステム・制御システムの開発、ソフトウェアの受託開発
(画像処理システムや通信制御システムの開発)

《具体的には》
1. 自社製品の開発・販売(売上比率80.4%)
「キーボード配列検査装置」(KIS)や「高速マスクデータ処理システム」(パタコン)のように他社が持たない技術を独自に開発し、それを製品として販売します。当社は親会社を持たない独立したシステムハウスなので、開発分野に制限はなく、製造・流通・金融などあらゆる分野の企業をお客様とすることができます。

2. 各種受託ソフトウェアの開発(売上比率18.8%)
各種制御系システムへの高いノウハウを生かして、企業ビジネスの支えとなるシステム・ソフトウェアの開発を一括して請け負います。

3. 各種受託ハードウェアの開発(売上比率0.8%)
難易度の高い高周波回路の開発実績を生かして、顧客のニーズに沿った回路設計、基板開発を請け負います。
設立 昭和56年(1981年)
資本金 5935万円
代表者 代表取締役社長  堀内伸泰
従業員数 218名(2019年4月現在)
事業所 東京、神奈川、大阪、米国
売上高 (18年12月期)
24億4900万円
 海外売上比率42%
 自社プロダクトおよびライセンス:80%  受託ソフトハード:20%
財務指標 事業年度   2018年12月期
経常利益   1億1,400万円
流動比率   204%
固定比率    55%
自己資本比率  57%
主要取引先 Advanced Mask Technology Center(ドイツ)、
池田理化、伊藤園、伊藤忠テクノソリューションズ、SK hynix(韓国)、
NEC、NHK、NTT、鹿島、KDDI、KDDI総合研究所、Samsung Electronics(韓国)、
セーラー万年筆、ソニー、大日本印刷、TSMC(台湾)、東芝、凸版印刷、
Toppan Chunghwa Electronics(台湾)、ネクストジェン、
富士通、ベックマン・コールター、HOYA
有資格者 システムアーキテクト 2名
プロジェクトマネージャ 4名
ネットワークスペシャリスト 5名
データベーススペシャリスト 8名
エンベデッドシステムスペシャリスト 3名
情報セキュリティスペシャリスト 9名
情報処理安全確保支援士 3名
応用情報技術者 87名
ほか
開発の種類 ◆自社開発製品
◎高速マスクデータ処理システム(パタコン)
半導体の原盤となるマスク作成時の膨大なデータ処理を、クラスタ技術を駆使した並列処理で高速に実現するシステム。世界の半導体設計現場で圧倒的支持を受けている。

◎産業用太陽光発電設計支援システム(i-Pals)
航空写真などを読み込み割付区画を設定すると、僅か15分で日影の影響を考慮したソーラーパネルの割付を完了する。

◎三次元ジェスチャー認識エンジン(GREEEN)
人間の手の動きや体の姿勢をリアルタイムで認識し、アプリケーションに「ジェスチャー」として通知する。 手を振る、前に出すといったジェスチャーに反応することで、全く新しいユーザーインターフェースを提供することを可能にしている。

◎検査研究総合支援システム(SimpDoc)
SimpDocは、受付から資料のトレーサビリティ管理、書類作成、統計処理などの研究施設における様々な業務を総合的に支援するシステム。DNA鑑定の現場で活躍中。

◆各種受託ソフトウェア開発
◎生産管理システム
◎計測・制御用プログラム
◎パーソナルCADシステム
積極的な海外展開 年間売上の40%以上は海外市場。新規開発製品は「海外市場で売れるもの」というのが絶対条件です。海外の展示会へも積極的に出展して海外市場の動向を注視しています。
沿革 1981年 2月 資本金2000万円で渋谷区神宮前に設立
1981年 3月 資本金3000万円に増資
1983年 6月 キーボード配列検査装置開発
1986年 2月 大阪市中央区に大阪センター開設
1987年11月 NICOGRAPH'87に高速画像生成システム『MAGIC』を出展
1988年 7月 渋谷区恵比寿に本社移転
1990年 1月 インターネプコン'90に『高速マスクデータ処理システム』出展
1990年11月 SECS通信エミュレータ『SEEM1』開発
1992年 2月 資本金5935万円に増資
1994年 4月 『パットライン予想システム』米国マスターズで最初のTV中継
1995年 4月 『マスク・ブラウザ』販売開始
1995年 9月 『高速マスクデータ処理システム』米国特許取得
1996年 6月 『高速マスクデータ処理システム』国内特許取得
1998年 1月 『パッティングライン予測表示方法』特許取得(鹿島、TBSと共同)
1998年12月 SECS通信エミュレータ『SEEM2』販売開始
1999年 2月 高速マスクデータ処理システム『PATACON-5500』販売開始
2003年 1月 高速マスクデータ処理システム『PATACON PC-Cluster』販売開始
2003年 3月 横浜市港北区に新横浜事業所竣工
2003年 6月 キーボード配列検査装置『KIS-7000』販売開始
2004年 7月 『板ガラスの破砕試験方法等』米国特許取得(旭硝子と共同)
2004年 9月 キーボード配列検査装置『KIS-8000』販売開始
2007年 1月 米国カリフォルニア州サニーベールに米国支店開設
2010年 5月 ISO/IEC 27001 (ISMS) 認証取得
2014年 5月 カリフォルニア州サンノゼに米国支店移転
2018年 4月 カリフォルニア州キャンベルに米国支店移転
NCSが世界に誇る「パタコン」の技術 電化製品やコンピュータの頭脳にあたるICチップ。そのサイズは年々小さくなる一方で、機能はどんどん詰め込まれています。中にはナノメートル単位で回路図が描かれるものもあり、超高度な電子回路図はデータにして数百ギガバイトという膨大な量にもなるのです。その巨大な設計図面をプリントデータとしてわずか数分で機械に読み込ませることで、製造工程を大幅に向上させたのがNCSが世界に誇る「高速マスクデータ処理システム」、通称「パタコン」なのです。当社ではこの大ヒット商品のほかにも、動画配信システムや緊急通信システムの設計・開発で他社に先んじた技術展開を行っています。
ボーナス査定は成果主義? いえ、単なる成果主義ではありません 当社では自分の所属部署の利益とその中での貢献度によりボーナス額が決まるため、プロジェクトを上手く成功させた分だけ社員に還元される仕組みです。このほかにも、昇給査定で評価しづらい功労に光を当てるため自分が「いいね!」と思った社員に投票し、1票得るごとにボーナスが2000円加算される、これまた独特なシステムを採用しています。ちなみに過去には9万円をかき集めた強者もいるので、案外バカにできません。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)