株式会社ハット
ハット
2020

株式会社ハット

【TVCM,PV,Web Movie等、映像コンテンツの企画・制作】
業種
広告
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

TVCM,PV,WEB movieなど年間120本程の映像コンテンツを企画・制作するクリエイティブハウスです。
社内ディレクターの起用を中心に、「仕上がりの良さ」「安心感のある制作進行」により、顧客に信頼
される映像制作を目指しています。

【HATの強み】
   1.一人ひとりの顔が見える、70名のチーム力
   2.ディレクターが育つ文化
   3.ディレクターを引き立てるプロデュース力

当社の魅力はここ!!

技術力・開発力

社内Dirとプロデュース力の結合が、クリエイティブの原動力

ハットでは、社内ディレクターと制作部がタッグを組んで殆どの仕事を進めます。例えば、「パナソニック乾電池・エボルタ」では、毎年のように、「世界最長距離有人飛行」や「フィヨルド1,000m登頂」「世界最長遠泳」等のチャレンジを続けています。これらを実現に導くのは、プロマネやアシスタントたちの地道に準備を積み上げていく力と、それを昇華させる演出力です。当社が最も得意とするのは、この2つの力の結合。どんなに難しいプロジェクトでも、身近な仲間とチームを組んで、ものごとを前に進める環境が、良いものを生み出す原動力となっています。

事業・商品の特徴

若いディレクターが多く育つクリエイティブハウス

ハットでは、社内から多くのディレクターが育ちます。入社6年目・山口直哉は、2017年「ADFEST FABULOUS FOUR」、2018年「カンヌ・ヤングライオンズ日本代表」に。8年目・豊泉誠志は、2016、2017年「JAC AWARD」を受賞しました。ハットでは誰よりも、プロデューサーがディレクターに注文を付けます。PMももちろんそうです。デスクも経理も、仕上がりの感想を言い合います。ディレクターを盛り立てることで、私たちほど気持ちよく、上手くやるところはないでしょう。ディレクターの才能を発見し、チャンスを与え、みんながフォローし、きちんと「いいもの」をつくるクリエイティブハウスとして知られています。

施設・職場環境

いい仕事は、ゆとりから生まれる

いい仕事は、社員のゆとりから生まれる!!のではないか。ハットは、社員旅行も思いっきり楽しみます。昨年は、家族の参加もOKで、一泊二日の沖縄旅行を楽しみました。又、オフィスの中にも「遊び」があります。バーカウンターがあったり、フリーアドレスであったり、窓際には自由に使えるソファーがあったり、床には芝生が敷いてあったりします。「遊び」の場があれば、何か良いアイデアが浮かび、仕事にも余裕が出てくるのではないでしょうか。ハットは、良い作品づくりの為の「遊び心」を大切にしたいと考えています。

会社データ

当社の強み 【一人ひとりの顔が見える、70名のチーム力】
社員同士が互いに理解し合い、コミュニケーションを取りやすい環境があります。

【ディレクターが育つ文化】
実は、社内にディレクターを擁するプロダクションは多くありません。私たちハットでは、社員の約4分の1が企画演出部。若手からベテランまで社内に多くのディレクターが居て、いつでも相談したり、疑問をぶつけあったりすることができます。

【ディレクターを引き立てるプロデュース力】
ディレクターと共に映像コンテンツの企画を実現に導くのが制作部の仕事です。良い企画を実現する為の良いアイデアが出せる、プロデューサーやプロマネの存在があります。
主な受賞広告賞 ◆『広告賞受賞数 400超』◆
 ’82『カンヌ・グランプリ』、’95『IBA』 『NYフェスティバル』 『ロンドン』でグランプリ。
 ’71,’91,’92と、3度『ACCグランプリ』受賞を始め、制作会社トップクラスの実績。

【ACC殿堂入り作品・7作品】輩出
【ACCクリエイターズ殿堂・3名】輩出
事業内容 ◆TVCM,PV,WEB Movie等映像コンテンツの企画・制作◆
年間総制作本数は、約120本。
主な実績 ◆ハットが関わった様々なCM◆

アース製薬、アサヒ飲料、アツギ、ECC、NTT都市開発、再春館製薬所、シノケンプロデュース、トヨタ自動車、ニチレイフーズ、日本電産、日本マイクロソフト、パナソニック、バンダイ、ブリヂストンサイクル、ブリヂストンスポーツ、ブルボン、メルカリ、淀川製鋼所、理研ビタミン (50音順)
若手社員の活躍 【日本アド・コンテンツ制作協会(JAC)表彰】
「JAC AWARD」受賞 (2007~2018年)
・ディレクター部門=3名
・プロデューサー部門=3名
・プロダクションマネージャー部門=2名

【カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル】
「ヤングライオンズコンペティション日本代表」=2名 (2012、2018年)

【ADFEST(アジア太平洋広告祭)】
「Fabuluos Four」受賞=3名 (2005,2009,2017年)
『ハット』 という社名 『HAT』とは、『HIGH-DEFINITION AD TEAM』の略。

『H』 品質の高い × 『A』  広告づくりのための × 『T』 = チーム
設立 1992年10月
資本金 6,000万円
売上高 25億9,000万円(2018年6月期決算)
代表者 代表取締役社長 大西弘恭
事業所 港区東新橋2-4-1 サンマリーノ汐留7F
主な取引先 アサツーディ・ケイ、ENJIN、大広、電通、電通東日本、電通西日本、電通ヤング&ルビカム、東急エージェンシー、博報堂 (50音順)
従業員数 66名 (取締役を除く)

女性の割合28%
平均年齢 36歳
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)