株式会社武蔵野銀行
ムサシノギンコウ
  • 株式公開
業種
地方銀行
本社
埼玉

私たちはこんな事業をしています

埼玉県の地元銀行として、総合金融サービスの提供を通じ、埼玉県の産業・経済・文化の発展と豊かな地域社会づくりに貢献しています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

「地域共存」「顧客尊重」

武蔵野銀行は、埼玉県を営業地盤とする地方銀行です。経営理念は「地域共存」「顧客尊重」で、2017年4月に創業65周年を迎えました。支店網は県内93、県外5の計98カ店あり、埼玉県内40市全市に支店網を確立し、埼玉県の産業・経済・文化の発展と豊かな地域社会づくりに貢献しています。店舗ネットワークの更なる拡充に向け、2017年6月に当行で初めてとなる個人のお客さまに特化した次世代モデル店舗「ユア・ラウンジ・浦和」を浦和駅西口に開設したほか、2018年6月には、「渋谷支店」「浜松町オフィス」を設置しました。今後も健全経営に徹するとともに、常に変革を怠らない経営姿勢を堅持し、地域の皆さまとともに歩み続けたいと考えています。

戦略・ビジョン

埼玉に新たな価値を創造する『地域No.1銀行』を目指して

武蔵野銀行では2013年4月に、10年後の目指すべき姿として「埼玉に新たな価値を創造する『地域No.1銀行』」を掲げた長期ビジョン「MVP(Musashino Value-making Plan)」を策定しました。また、2016年4月より、新たな中期経営計画「MVP2/3(ツーサード)」をスタートさせています。この中期経営計画では、「地域の皆さまから一番に相談され、課題に寄り添い、共に解決していく銀行」を目指し、従来以上により良いサービスを提供し、豊かな地域社会の実現に貢献してまいります。

社風・風土

ワーク・ライフ・バランスの推進

当行ではかねてより「生産性の高い働き方の追求」や「多様な人材が活躍する組織作り」、「ワーク・ライフ・バランスの推進」を進めています。2016年には、女性の就業継続支援などの取組みが評価され、厚生労働省から「えるぼし(3段階のうち最高ランク)」の認定を受けました。また2017年には男性の育児休業の取得率等が評価され、「子育てサポート企業」として県内金融機関で初めて「プラチナくるみん」を取得しました。当行には子育てをしながら働く従業員が多くいますが、プライベートを充実させることで、仕事でもより良いパフォーマンスが発揮できると考えています。今後も多様な人材が活躍できる環境の整備に努めて参ります。

会社データ

事業内容 普通銀行業務(預金業務、融資業務、内国・外国為替、証券業務、その他付随業務など)
設立 1952年3月6日
資本金 457億円(2018年3月現在)
従業員数 2,224名(2018年3月現在)
代表者 頭取/加藤喜久雄
本社所在地 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-10-8(建替中)
(仮移転先:埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-333-13 OLSビル)
店舗数 ■県内
本支店/93か店
■県外
支店/5か店
財務指標 貸出金残高/4兆2,095億円
預金等残高/3兆4,708億円
自己資本比率/9.03%(単体)
(2018年3月現在)
連結子会社 ぶぎん総合リース(株)、ぶぎん保証(株)、むさしのカード(株)、ぶぎんシステムサービス(株)、(株)ぶぎん地域経済研究所、(株)ぶぎんキャピタル、むさしのハーモニー(株)
2020
3月プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー
候補に追加
3月プレエントリー
候補
に追加済
3月プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)