日本トムソン株式会社
ニッポントムソン
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

日本トムソン株式会社

東証一部上場/IKO/ベアリング/メカトロ
  • 株式公開
  • OpenES
  • 正社員
業種
機械
精密機器/自動車/半導体・電子部品・その他/商社(機械)
本社
東京
残り採用予定数
3名(更新日:2018/08/01)

私たちはこんな事業をしています

■□ニードルベアリング・直動案内機器・メカトロ製品の開発・製造・販売□■

機械の回転部分に組込まれる「ニードルベアリング」、
搬送や位置決め機構として使用される「直動案内機器」、
直動案内機器と駆動部品、電装品などを組合せ精密位置決め装置として使われる「メカトロ製品」
これらの開発・製造・販売を柱として事業を展開しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

世界中のあらゆる機械を支える精密部品“ベアリング”

自動車、パソコン、スマートフォンやビルまで…?皆さんが普段何気なく目にしているあらゆる商品。その生産を日本トムソンの製品が支えています!弊社が作っているのは「ベアリング」。機械の回転する・直進するといった動きを精密に案内する部品で、これが無ければ世界中の製造業は成り立たないと言っても過言ではありません。日本トムソンの特徴はなんと言っても「多品種生産」。お客様の多岐にわたるニーズにきめ細やかに対応し、多くのオリジナル製品を世界中に送り出してきました。海外の販売拠点は27ヵ所に上り、海外売上比率は40%を超えています。さらなる海外展開にチャレンジし、これからも世界の製造業を支え続けます!

技術力・開発力

2万種を超える製品群。更なる技術を求めて─

日本で最初に「ニードルベアリング」を自社技術により開発した私たちは、その高い技術力を礎として「直動案内機器」や「メカトロ製品」へと製品分野を拡大。1950年の創立から長年培ってきた多くの実績やノウハウにより、高度な技術レベルでの製品開発・改良を進めています。設計や開発に携わるスタッフに共通する思いは、「お客様のために最善を尽くす」という強い意志。そのため、お客様のニーズにしっかりと耳を傾け、製品化に向けて試行錯誤を繰り返します。2017年7月には岐阜県土岐市にメカトロセンターを新設し、最新設備のもと技術者が活躍できる環境を創造しています。

戦略・ビジョン

さらなる事業のグローバル化に向けて、海外ネットワークも拡大。

「IKO」ブランドで国内外より高い信頼と評価をいただいてきた私たちですが、海外においても素材、デザインなど海外部品の調達手法、並びにベトナム工場の最大活用、そしてアメリカ、ブラジル、韓国などへの新拠点の開設、中国ベアリングメーカーの買収など、さらなるグローバル化を加速しています。こうした活動を明確にすることでグローバルへの意識を高め、現在の海外売上比率を現状の40%から60%に引き上げることを目標としています。こうしたグローバル化を進める中で、海外志向が高く、意欲ある方にとっては、多くのチャンスに溢れる環境があり、20代で海外に赴任し、力を発揮している人もいます。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

■営業部門
顧客ニーズの情報を収集し、最適な技術・アイデアを提案する営業活動をおこないます。
■技術部門
顧客ニーズを真摯かつ適確に捉え、顧客視点に基づいた製品設計並びに研究開発をおこないます。
■生産部門
豊富な品種を誇るニードルベアリングや直動案内機器などの製品をタイムリーにお客様に提供する
ため、製造現場の管理に携わり、効率的な生産・製造・品質管理を担っています。

会社データ

事業内容 「ニードルベアリング」、「直動案内機器」、「メカトロ製品」を三本柱として国内・海外に拠点と販売網を持ち、高い技術力で産業界に貢献する国際的機械部品メーカーです。
ニードルベアリングは自社技術にて独自開発した当社の原点とも言える製品です。このニードルベアリングの生産で長年培ったノウハウを元に、現在当社の新たな成長の原動力となっているのが直動案内機器です。着実に売上を伸ばしており、現在は半導体や液晶関連のメーカーを始め、ロボット、工作機械、医療機器などの旺盛な需要を取り込んで成長を続けています。
また、高精度の直動案内機器と最新エレクトロニクス技術を融合させたメカトロシリーズも当社を支える柱の一つとなっています。ITの生産ラインなど、精密な位置決めを必要とする生産現場で活躍しています。
社風・風土 ■□人を大切にする会社の風土。平均勤続年数、なんと…□■

日本トムソンの平均勤続年数は約16年(平均年齢38歳)。そして、過去3年間に入社した大卒の新卒社員全体の離職率はわずか3.3%!一般水準と比較しても非常に高い定着率を誇っています。
安定した事業基盤も要因の一つですが、社内の「人を大事にする」という雰囲気も大きな役割を果たしています。営業・技術・生産などの各部門がお互いを尊重し、理解しているからこその社風だと考えています。各個人がチャレンジ精神をもって仕事に取り組んでいれば、時に失敗することもあります。私たちは、これに一喜一憂することなく、挑戦心をもったまま継続的に成長することができるよう、“共に成長できる”働きやすい環境づくりに努めています。
設立 1950年
【IKOブランド】 I=Innovation(革新的) 
K=Know-how(高度な技術に立脚) 
O=Originality(独創的)

IKOとは当社のコンセプトを表現し、ブランドとして使用しています。当社は、1959年にニードルベアリングの開発・製品化に成功しました。それ以来、お客様の技術的要望に応えた製品を次々と送り出しています。また、製品の改良、新製品開発を積極的に推し進め、当社の企業理念にふさわしい技術開発型企業でありつづけるべく日々尽力しています。今後も他社にない製品の開発に注力し、当社らしい製品とサービスで様々な産業に貢献していきたいと考えています。
資本金 95億3317万390円
従業員数 2066名/グループ合計(2017年9月末現在)
売上高 (連結)
525億0000万円(2018年3月期見込)
441億3000万円(2017年3月期実績)
436億6400万円(2016年3月期実績)
449億7200万円(2015年3月期実績)
392億5900万円(2014年3月期実績)
359億6200万円(2013年3月期実績)
経常利益 (連結)
24億0000万円(2018年3月期見込)
9億500万円(2017年3月期実績)
27億5600万円(2016年3月期実績)
47億9200万円(2015年3月期実績)
8億5700万円(2014年3月期実績)
14億6500万円(2013年3月期実績)
代表者 代表取締役社長 宮地茂樹
事業所 本社/東京
国内営業拠点/東京、名古屋、大阪、仙台、浜松、福岡など計19ヵ所
海外営業拠点/アメリカ、オランダ、中国、ブラジル、韓国など11カ国
国内生産・開発拠点/
岐阜県美濃市、岐阜県関市、岐阜県土岐市、神奈川県鎌倉市
海外生産拠点/ベトナム、中国
関連会社 ■販売/
日本ディック株式会社
IKO INTERNATIONAL, INC.
NIPPON THOMPSON EUROPE B.V.
艾克欧東晟商貿(上海)有限公司
IKO BRASIL SERVICOS EMPRESARIAIS LTDA.
IKO THOMPSON ASIA CO., LTD.
IKO THOMPSON KOREA CO., LTD.
IKO THOMPSON BEARINGS CANADA, INC.
優必勝(上海)精密軸承製造有限公司

■製造/
IKO THOMPSON VIETNAM CO., LTD.
優必勝(蘇州)軸承有限公司
マーケットインによる製造体制 当社は、製品を使用されるお客様の声を大切にしています。
営業部門が現場で得た情報を研究開発部門へフィードバックすることで、よりお客様の要望に応えることができる新製品を次々と生み出しています。ユーザーニーズに基づいた製品の供給が当社の使命と考えており、生産品目は2万種類以上に上ります。これらは、オンラインの生産管理情報システムによって管理されており、迅速な納期対応を可能としています。
oil minimum 地球規模で環境への取り組みがなされている中、当社は、『豊かな自然環境の実現』のために、全力をあげて取り組んでいます。機械を動かす上で不可欠となる潤滑油の使用に関しても「オイルミニマム」というコンセプトを掲げています。これは、独自の製品開発によりオイルの使用量を最小限に抑え、地球環境に与える影響を出来る限り低減させていくことを目的としています。
提案型営業 営業部門では、技術部門が長年培ったノウハウを基に生み出された製品をベースに、お客様がメリットを見い出せるような提案型営業を行っています。営業はお客様のニーズに合わせて実に様々なスタイルの営業を展開していますが、特に入社数年で大手ユーザーを担当するなど若手の活躍が目覚しく、日本トムソンを支える大きな力となっています。
また、よく文科系の学生さんから「文科系の私でも営業としてやっていけるのでしょうか」と質問されますが、新入社員研修での製品知識の習得や配属後のOJTで先輩からしっかりと指導を受けられますので、素直な気持ちと意欲さえあれば全く心配はいりません。
若手技術者の活躍 日本トムソンを支える原動力は若い力です!
Aさんは入社後3ヶ月半の研修を経て設計を担当する部署に配属。実践の中で設計のスキルを磨き、今では常に数件の新製品開発テーマを任されています。
Bさんは仕様変更や特殊品設計を担当する部署に配属。入社数年ながら、お客様の多種多様な要望に応える設計をバリバリこなしています。
このように、日本トムソンには若くしてやりたいことを任せてもらえる環境があります。もちろん、それを実行する際には、会社がしっかりサポート。専門分野における外部機関での講習も受講できます。このように、社員の成長に力を入れ、一人ひとりが多様な分野の仕事を担うことにより、技術の継承や品質保持、新製品の開発が順調に進み、利益を着実に生み出していくのです。
活かせる専攻は幅広い 日本トムソンでは、摩擦・材料強度・制御など、機械、材料、電気に至るまで機械に関わるあらゆる専攻が活かせます。もちろん文科系においても全く専攻は問いません。現在、技術・生産・営業などあらゆる部門で活躍している先輩の学生時代の専攻は様々です。その誰もが、ベアリングおよびその応用製品を開発・製造・販売する日本トムソンに欠かせない存在となっています。
社員へのサポート体制 社員へのサポートを惜しまないのも、当社の魅力の一つ。日本トムソンは東証一部上場企業ですが、社員一人ひとりの希望が通りやすく、こんな新製品をつくりたいと申し出た時には、必要な機器を新しく導入してくれることも多いのです。例えば、2007年9月に完成した岐阜製作所の開発研究所。湿度50%、摂氏22~23℃という常に安定した空調を設備し、最新鋭の試作・評価機器も揃えています。常に一定の評価環境に加え、高性能の監視カメラも設置。24時間体制で、試作品の評価をすることができるようになりました。
また、岐阜制作所内に男子寮、女子寮を新設するなど、社員の住環境にも配慮しています。
あらゆる面から社員をサポートし続けることにより、日本トムソンの総合力は着実に向上しています。10年後にどういう自分でありたいか、それをイメージすることで必要な舞台は見えてくると思います。目標を持つ人には、達成へのサポートを惜しむことはありません。

連絡先

日本トムソン株式会社

〒105-0014
東京都港区芝2-7-17 住友芝公園ビル
人事総務部 新卒採用担当
http://www.ikont.co.jp
TEL:03-3448-5860

交通機関 
都営三田線「芝公園駅」A1出口すぐ
掲載開始:2018/03/01
この企業は、以下の特集で紹介されています
機械系学科卒の先輩が語る! この会社を選んだ理由

日本トムソン株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

日本トムソン株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)