錦城護謨株式会社
キンジョウゴム
  • OpenES
  • 正社員
業種
化学
建設/タイヤ・ゴム製品/商社(化学製品)/その他商社
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

◇◆家庭用品から国土開発まで◇◆

◎工業品事業(ゴム関連)
工業用ゴム・樹脂製品の製造・販売(家電・事務機器・携帯電話・自転車・食品衛生機器・医療機器・自動車・重工業・ガス機器など)
【例】防水携帯部品、炊飯器部品、自転車ブレーキ、水泳キャップ

◎土木事業
軟弱地盤改良工事施工・工事用材料(キャッスルボード)製造・販売・液状化対策工事施工・水路用止水目地工事施工材料販売

当社の魅力はここ!!

企業理念

【常に新しいことに挑戦し続けます。】

錦城護謨は、今年で創業81年。自己資本比率70%以上・無借金経営という堅実な経営基盤を持ちながら、常に新しいことに挑戦し続ける未来志向が持ち味です。身近な家電製品や精密機器などに使われる「工業用ゴム」と、国土開発に関わる「土木」が事業の2本柱。100分の1ミリ以下の精度が求められるゴム製造と、羽田空港等各地の空港建設や復興支援といったスケールの大きい事業に関わる土木工事。全く違うそれぞれの業界で挑戦を続けています。創業以来大切にしている「情熱」「勇気」「素直」「謙虚」という4つの心を胸に、社会に貢献できる会社であり続けるため、日々弛まぬ努力を続けています。

社風・風土

【勤続年数や男女を問わず、のびのびと。】

錦城護謨は、規模の大きな会社ではありません。だからこそ、社員のひとりひとりを大切にしたいと考えています。そして、働く上でもそれぞれの個性を発揮して欲しい。錦城護謨には、若手でも大きな仕事に関わることができるチャンスがたくさんあります。「どうせやるなら自分にしか出来ない仕事を!」そんな風に、仕事に誇りを持って働きたいあなたをお待ちしています。また、クラブ活動や社内イベントを積極的に実施するなど、雰囲気の良い職場作りを行っています。トップと直接話をできる機会も定期的に設けられており、風通しが良くのびのび働ける風土も魅力のひとつです。

技術力・開発力

【他ができないならウチでやってやろう!!】

錦城護謨の歴史は「新技術への挑戦」の軌跡と言っても過言ではありません。工業品事業で世界初の商品として開発した、電気シェーバーを水洗い可能にする防水ゴム。土木事業で新たに開発した、地盤に「キャッスルボード」というプラスチック板を打ち込む独自工法。会社の規模は大きくありませんが、独創的な技術に世界の名だたる企業からも引き合いが絶えません。どんな難しい要求でも「必ず成し遂げる!」とあきらめないチャレンジスピリットが、80年以上の歴史を支えています。また、地元密着型であることも特徴のひとつ。海外進出を推進する企業が多いですが、お世話になったこの土地から「Made in JAPAN」を発信していきたいと考えています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

●技術系
生産技術、材料技術・開発、製品設計・開発、金型企画設計、設備開発、新工法開発など

●事務営業系
営業、生産管理、総務、経理、システム管理など

会社データ

事業内容 <工業品事業本部関係>
●工業用ゴム・樹脂製品の製造・販売
(家電・事務機器・携帯電話・自転車・食品衛生用・医療機器・自動車・重工業・ガス機器など)

<土木事業本部関係>
●軟弱地盤改良工事(道路、空港、港湾、河川、造成向け)
  (設計・調査・施工・管理)
●工事用材料(キャッスルボード)製造・販売・施工
●液状化対策工事施工
●水路用止水目地工事施工・材料販売

現在は、上記に加え「健康」「環境」「防災」「福祉」の4つの分野に関わる事業に積極取り組み中です!
創業 昭和11年(1936年)5月 錦城護謨製造所発足
設立 昭和27年(1952年)11月 法人設立
資本金 8,000万円
従業員数 275名
(男子216名 女子59名)
※2017年1月1日現在
売上高 67億2,400万円(2016年10月期実績)
80億4,100万円(2015年10月期実績)
77億4,700万円(2014年10月期実績)
代表者 代表取締役社長 太田 泰造
事業所 【工  場】
●本社工場 〒581-0068 大阪府八尾市跡部北の町1丁目4番25号
●上野工場 〒518-1152 三重県伊賀市予野字上切3012-7
●中国シンセン工場 

【営業拠点】
●東京支社 〒105-0012 東京都港区芝大門2丁目12番9号(HF浜松町ビルディング)
●九州支店 〒812-0038 福岡市博多区祇園町1番40号(三井生命福岡祇園ビル)
●秋田支店 〒010-0922 秋田市旭北栄町1番48号(センタープレイスビル)
●北海道支店 〒060-0001 札幌市中央区北一条西15丁目1番地3-304号
主な取引先 パナソニック(株)、富士ゼロックス(株)、タイガー魔法瓶(株)、(株)ノーリツ、(株)シマノ、ダイハツ工業(株)、シャープ(株)、三菱重工業(株)、(株)JVCケンウッド、YKK AP(株) 他
鹿島建設(株)、大成建設(株)、(株)大林組、清水建設(株)、(株)竹中土木、 五洋建設(株)、東亜建設工業(株)、(株)不動テトラ、国土交通省、各都道府県 他
企業理念 「素直」
「謙虚」
「情熱」
「勇気」

以上の4つの心を持った人材の育成に力を入れています。
URL http://www.kinjogomu.jp/
交通機関 JR大和路線 天王寺駅から快速で1駅(約5分)
JR久宝寺駅下車 南東へ徒歩約5分
沿革 1936年05月  大阪市西区北堀江にて錦城護謨製造所、発足。  
          └ ゴム問屋として出発しました。       

1972年05月  本社を現在地に移転。管理体制の充実を強化。
          └ 本社を移転し、メーカーとして本格スタート。

1974年05月  特許製品キャッスルボードとその工法の海外輸出に着手。
           
1979年10月  キャッスルボード工法による地盤改良工事における設計施工の開始。

1980年05月  本社工場に大型成形設備、インジェクションを導入した第2工場建設。

1985年02月  検知体付きキャッスルボードの開発により羽田空港の地盤改良に貢献。
          └ NHKプロジェクトXにて紹介されました
            
1992年06月  土木部門の一貫化(設計・キャッスルボードの生産強化・打設機の製作整備)の
           ため上野工場建設。

2001年04月  香港錦城有限公司設立。
           中国(シンセン地区)にて委託生産開始。

2005年08月  開発本部の充実をはかる為、開発本部棟を新築する。

2009年10月  LSR生産増強の為、新工場D棟建設。
          └ リーマンショックによる不況のさなか、あえて地元八尾に新工場建設。
              
2010年08月   自社開発知育玩具のnocilisで、第4回キッズデザイン賞受賞。

2010年10月   大阪ものづくり優良企業賞2010 最優秀企業賞受賞。

2012年02月  八尾市地域経済振興功績者表彰。

2013年07月  歩導くんが第7回キッズデザイン賞受賞。

2015年07月 「HODOHKUN Guideway」が第 9 回キッズデザイン賞受賞

2016年02月 「HODOHKUN Guideway」が「2016年度 iFデザイン賞 ゴールドアワード」受賞
社名の由来 錦城とは、大阪城の別称。大阪発の企業として大阪城に思い入れのあった創業者により名付けられました。

連絡先

〒581-0068 大阪府八尾市跡部北の町1丁目4番25号
Tel:072-992-2322(直通) / Fax:072-993-7706
本社 業務統括部/横山(よこやま)
E-mail:shoko.yokoyama@kinjogomu.jp
URL:http://www.kinjogomu.jp/
掲載開始:2017/03/01

錦城護謨株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

錦城護謨株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)