パナソニック サイクルテック株式会社
パナソニック サイクルテック
2026
業種
輸送機器
その他製造/機械
本社
大阪
インターンシップ&キャリアの評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

当社はPanasonicブランドの自転車を製造・販売する自転車メーカーです。世界各地で需要の高まりを見せる「電動アシスト自転車」を軸に、国内外で事業を展開しております。近年は「IoT電動アシスト自転車」の開発も開始しており、移動手段の枠を超えた新たな価値・サービス提供の実現を目指しております。自転車という人々の暮らしに身近な製品に携わる業務に関心のある方はぜひエントリーしてください!

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

パナソニック サイクルテックのミッション・ビジョン

パナソニックサイクルテックでは以下のミッション・ビジョンを掲げております。 【ミッション】世界中の人々が青空の下へ走り出せる未来を創造します。~私たちは、地球にやさしく安全・快適な移動と心躍る楽しさを世界中の人々にお届けするとともに、環境配慮型のモノづくりを推進し、青空が広がり、笑顔があふれる未来を創造します~ 【ビジョン】革新的なテクノロジーとお客様に繋がるサービス、そして独創的なアイデアによって新しい移動体験を提供し続け、サイクルモビリティのリーディングカンパニーになる。

技術力・開発力

開製販一体の事業体制で国内販売シェアトップクラスを継続

当社は、メーカーとして必要な「企画-開発-製造-販売-アフターサービス」の全て機能をもつ「開製販一体事業」にこだわりを持っています。国内では、長年培ってきたフレームの製造技術、家電を得意とするPanasonicのモータ・バッテリー開発力を武器に事業を展開しており、電動アシスト自転車において国内販売台数トップクラスのシェアを獲得しています。海外では、電動アシスト自転車の心臓ともいえる電動ユニット(モータ・バッテリー・手元スイッチなど)を海外の自転車メーカー様に輸出販売し、車体フレームに搭載いただく事業を展開しております。

事業・商品の特徴

幅広いニーズに対応した豊富なラインナップで快適さと豊かさを

電動アシスト自転車の用途はショッピング、通勤通学、スポーツなどさまざまなシーンに拡大しています。当社ではショッピングモデルから子育てモデル、通学モデル、スポーツモデルなど幅広いラインナップを揃え、市場ニーズに対応。乗り降りや荷物が積載しやすいよう、人間工学に基づき細部まで作り込んだ車体に、優れたファッション性を持たせたデザインなど、バリエーションを増やすことで「欲しい一台に出会えるパナソニック」をめざしています。将来的にはIoT電動アシスト自転車を普及させ、自転車を安全・快適で楽しく使用いただける社会を目指しています。

会社データ

事業内容 ○自転車の製造販売
 一般自転車・電動アシスト自転車・電動アシスト三輪車・電動ユニット(輸出)・補修パーツ
設立 1952年4月27日
資本金 6億円
従業員数 571名(2024年5月現在)
売上高 446億円(2023年3月)
代表者 代表取締役社長 稲毛 敏明
事業所 ■本社
〒582-8501 大阪府柏原市片山町13番13号

【工場】
■柏原工場(大阪府柏原市)

【営業所】
▽北日本支店
■札幌営業所(北海道札幌市)
■東北営業所(宮城県名取市)

▽関東支店
■埼玉営業所(埼玉県さいたま市)
■新潟営業所(新潟県新潟市)
■北関東営業所(栃木県宇都宮市)

▽首都圏支店
■東京営業所(東京都品川区)
■千葉営業所(千葉県千葉市)
■神奈川営業所(神奈川県藤沢市)
■静岡営業所(静岡県静岡市)

▽中部支店
■愛知営業所(愛知県江南市)

▽近畿支店
■大阪営業所(大阪府柏原市 ※本社構内)
■京滋営業所(京都府京都市)
■兵庫営業所(兵庫県神戸市)

▽中国支店
■広島営業所(広島県広島市)
■岡山営業所(岡山県岡山市)
■山口営業所(山口県防府市)

▽九州支店
■福岡営業所(福岡県福岡市)
■熊本営業所(熊本県熊本市)
■鹿児島営業所(鹿児島県鹿児島市)
沿革 1905年 松下幸之助創業者が五代自転車店にて商いの原点を学ぶ
1923年 松下幸之助創業者が自転車用砲弾型ランプ考案・発売
1927年 角型ランプにはじめてNationalの商標をつける
1952年 ナショナル自転車工業株式会社創業 特級車「ハイパー号H1型」・高級車「輪栄号R1型」販売
1971年 アメリカ向け輸出車生産開始
1973年 フラッシャー付きジュニアスポーツ車「エレクトロボーイ」発売
1979年 国内第一号の電気自転車「Electric Cycle」発表
1987年 パナソニック オーダーシステム「POS」開発導入 国内初の“パナソニック”商標を使用
1996年 ナショナル自転車初の電動アシスト自転車「陽のあたる坂道」発売
2000年 電動ユニットで欧州市場参入
2002年 世界初リチウムイオンバッテリー搭載 電動アシスト自転車発売
2006年 パナソニック サイクルテック株式会社に改称
2008年 国内初となるチタンフレームの電動アシスト自転車「チタンフラットロードEB」発売
2009年 電動アシスト自転車 累計販売台数100万台達成
2011年 幼児2人同乗可能な電動アシスト自転車「ギュットシリーズ」発売
2013年 欧州サービスセンター設立
2014年 電動アシスト自転車 累計販売台数200万台達成
2017年 電動アシストマウンテンバイク「XM1」発売
2018年 コンビ株式会社との共同開発「ギュット・クルーム」を発売
2019年 電動アシスト自転車 累計販売台数300万台達成
2020年 サイクルテック柏原工場の生産能力を3割増に強化 欧州販売拠点設立
2021年 国内初「ビビ・L・押し歩き」を発表
従来モデル比900グラムの軽量化を実現した カルパワードライブユニットを新開発 同ドライブユニットを初搭載した「ビビ・SL」を発売
2022年 スポーツeバイクの新ブランド「XEALT」を立ち上げ 第一弾としてマウンテンバイク「M5」発売
ホームページ https://cycle.panasonic.com/pct/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)