日本エア・リキード合同会社、他2社
ニホンエア・リキード
2024

日本エア・リキード合同会社、他2社

産業ガス/新規事業/エア・リキードグループ
  • グループ募集
業種
化学
プラント・エンジニアリング
本社
東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

私たちは、パリに本社を置くガス事業の世界的リーダー「エア・リキードグループ」の一員です。日本エア・リキードは1907年に日本で酸素の製造を開始して以来、110年以上にわたり日本の産業発展に貢献する業界のパイオニア。世界中のエア・リキードと連携し、お客さまの課題をグローバルに解決しています。今後もイノベーション・技術を中核とした革新的なソリューションの提供を通じ、お客さまのビジネスをサポートしていきます。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

日本の産業・医療を支えて100年。これからも未来を創造し続ける

1907年、20m3/hの製造能力を持つ空気分離装置が大阪に設置され、日本での酸素の製造が開始されました。それから100年以上、日本エア・リキードは日本の産業・医療ガス市場で、長きにわたりビジネスを展開してきました。産業ガスは、半導体、エレクトロニクス、食品、航空宇宙、医療など、さまざまなシーンで活用されている重要な製品です。次世代エネルギーとして注目される水素へも積極的に取り組んでおり、エア・リキードグループは地球規模で“未来”をつくっています。私たちは次の100年に向けて、今後も従業員一人ひとりが使命感を持ちつつ、お客さまにイノベーションをお届けし、日本の産業界、そして社会への貢献を継続していきます。

事業優位性

生産量ベースで世界屈指のシェア! 世界をリードするパイオニア

エア・リキードグループは、世界75カ国、従業員数66,400人、グループ売上233億ユーロを誇る、産業・医療ガス事業のリーダーであり、エキスパートです。多岐にわたる業界の、あらゆる場面で利用される産業用・医療用ガスを提供しています。日本では4事業でサービスを展開しています。ヘルスケア事業では、在宅医療・病院向け医療ガス、呼吸関連機器を展開。工業事業では産業分野向けにガスやアプリケーションを提供。ラージインダストリー事業では化学、石油精製、製鉄、冶金など大規模産業向けにガスやソリューションを提供。エレクトロニクス事業では超高純度キャリアガス、特殊材料ガス、その他カスタマイズ製品やサービスを提供しています。

会社データ

事業内容 ■日本エア・リキード合同会社(略称:ALJ)
 産業・医療ガスの製造販売
 産業・医療ガス関連機器の製造販売
 産業・医療ガス関連サービス
 大型空気分離装置などのプラントエンジニアリング事業

■エア・リキード・オペレーション株式会社(略称:ALO)
 日本エア・リキードの現地オペレーション、サービス業務

■エア・リキードグローバルE&Cソリューションズジャパン株式会社(略称:E&C)
 プラントエンジニアリング
設立 1930年
資本金 217億9750万円
従業員数 約2000名(グループ)
売上高 1036億3100万円(2018年 単体)
代表者 社長兼CEO ヴィルジニー・キャヴァリ
事業所 ■グループ事業所
 尼崎サイト(尼崎)
 中部地域本部(名古屋)
 西日本地域本部(博多)など36営業拠点
 新潟工場
 恵庭工場
 秋田ガスセンター
 東根ガスセンター
募集会社 ■日本エア・リキード合同会社(略称:ALJ)
 設立:1930年
 資本金:217億9750万円
 従業員数:約2000名(グループ含む)
 売上高:1036億3100万円(2018年 日本エア・リキード単体)
 代表者:社長兼CEO ヴィルジニー・キャヴァリ
 本社:東京都港区芝浦3丁目4番1号 グランパークタワー

■エア・リキード・オペレーション株式会社(略称:ALO)
 設立:1999年
 資本金:1000万円
 従業員数:303名
 売上高:1036億3100万円(2018年 日本エア・リキード単体)
 代表者:代表取締役社長 大平 透
 事業所:兵庫県尼崎市南塚口町4-3-23

■エア・リキードグローバル E&Cソリューションズジャパン株式会社(略称E&C)
 設立:2014年
 資本金:1億円
 従業員数:97名
 資本金:100百万円
 代表者:代表取締役社長 アルノー・リエナール
 事業所:兵庫県神戸市中央区御幸通7-1-15 三宮ビル南館
沿革 1902年 フランスの物理学者ジョルジュ・クロードが液体空気の製造に成功。実業家ポール・デロルムにより「エア・リキード」が設立される
1907年 日本初となる空気分離装置を大阪に設置し酸素製造事業スタート(エア・リキード日本進出)
1928年 溶接切断実習学校開設
1930年 日本法人「帝國酸素」設立(現日本エア・リキード合同会社)
1934年 「大阪酸素工業」を設立
1953年 日本初の液化酸素工場を開設(尼崎)
1954年 液化酸素を顧客へ直接納入開始
1960年 最高純度99.9999%の液化窒素製造に成功
1973年 機器製作所を兵庫県播磨に移転し、プラントエンジニアリング事業を強化(現エア・リキードグローバルE&Cソリューションズジャパン株式会社)
1976年 Nロケット打ち上げ用液化酸素・液化窒素を納入
1988年 日本初のモノシラン製造工場を建設
1994年 伊那工場開設。最新鋭の半導体材料ガス工場として操業開始
2003年 「日本エア・リキード」と「大阪酸素工業」が国内の産業ガス・医療ガス事業を統合しジャパン・エア・ガシズを創立
2005年 製鉄オキシトン、日本最大級の最新鋭空気分離装置稼働
2007年 「日本エア・リキード」と「ジャパン・エア・ガシズ」が統合し、新生「日本エア・リキード株式会社」が誕生
2009年 グループ内の関連事業を統合し、工業シリンダーガス事業に特化した「エア・リキード工業ガス」を設立
2010年 最新鋭の空気分離工場 田原工場稼働
2015年 合弁会社「豊通エア・リキードハイドロジェンエナジー(株)」が燃料電池自動車向けに2カ所の商用水素ステーションを愛知県に開設
2016年 佐賀県に「佐賀水素ステーション」を開設
2020年 日本エア・リキード株式会社から日本エア・リキード合同会社に組織変更
ホームページ https://industry.airliquide.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)