株式会社福田組フクダグミ
  • 株式公開
業種 建設
建築設計/不動産/設備・設備工事関連/住宅
本社 新潟、東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

土木部
下澤 大輔(44歳)
【出身】武蔵工業大学 (現在 東京都市大学)  工学部 土木工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 土木工事は皆さんの生活の基盤を支えています。
数年前に話題になった、ゲリラ豪雨による浸水被害の低減対策としての貯留管の設置工事(シールド工法による)に監理技術者として配属になりました。あまりにタイムリーだった為、うちの現場が浸水対策の工事を行っている現場としてテレビに紹介されました。NHKのおはよう日本とテレビ朝日の報道ステーションです。私の後姿も放映されました。ニュースになるほどの生活に必要な基盤を整備しているのが私の仕事であると思います。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
お客さんに認められ特命で工事を頂いた。
初めてのお客様の工事で私が配属した5000万円の小さな造成工事が認められ、8億円の造成工事を特命で頂いた。初めてのお客様ということもあり気を使うことも多かったが、それよりも初めての民間工事だったので工事の進め方、施工のポイントが官庁工事と違う為それを理解するのに苦労した。分からないことは後回しにせず、会社や発注者、各諸官庁に質問や承諾をもらうことにより円滑に現場を進められた。また協力業者と良好な関係を築くことが出来たので、現場の問題点の把握や対応が早急にでき、協力会社一体となって工事を終えることが出来た。この業界は3Kや5Kと言われるが困難な現場ほどやり終えた時の充実感は大きい。特に現場は協力会社の協力無しでは終えることが出来ないので大勢の人と一致団結し現場を進めていくのがこの仕事の醍醐味だと思う。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 新潟NO1企業
出身が新潟県なので地元新潟で大きな仕事がしたく新潟県内で強い企業を探していました。
もともと外で仕事がしたくて土木工学科を専攻し地図に残る仕事にあこがれて建設業に入ろうと思いました。
福田組は経営状態もしっかりしていて、個々の力・能力を大切にしている企業だと思い入社を決めました。
その頃はずっと新潟県内でNO.1の企業だったことも大きなポイントとなりました。
 
これまでのキャリア 入社してからずっと土木部で現場配属です。
新潟県で主に高速道路工事、北海道で高速道路工事を経験し6年目から東京管轄で主にシールド工事、造成工事を経験して現在に至ってます。

この仕事のポイント

仕事の中身 地図や歴史に自分が関わったものを残せる仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

土木の分野で現場で仕事をするとして、トータル的に元請けとして現場を動かしたいならゼネコン、専門性を追及するならそれぞれの工種を得意とする企業を探したほうが良いと思います。(例えば杭打設工事、地盤改良工事、ケーソン工事等の特殊工事)
福田組はトータル的に現場を管理するゼネコンになるのですが、ゼネコンでも得意な地域・工事内容があるので、自分の働きたい場所・やってみたい工種があるならそれを基に捜したほうが良いと思います。(仕事がしやすい!)

株式会社福田組の先輩社員

施工現場での測量及び写真管理

土木部
村崎 通彦
金沢工業大学大学院 工学研究科 環境土木工学専攻

建設現場での施工管理

土木部
小松崎 正人
日本大学大学院 生産工学研究科土木工学専攻

建設現場を指揮って、建物を創り上げていく

建築部 工事部
本間 菜月
日本大学 生産工学部 建築工学科

1つの大きな物を一丸となって創造し、社会に感動を与える仕事

建築部 工事部
小林 優
金沢工業大学大学院 工学研究科 建築学専攻

人を束ね、先頭に立ってものづくりを行う仕事です

建築部 工事部
吉田 純平
金沢工業大学 建築学部 建築デザイン学科

建築物の構造設計・現場監理

建築部 企画設計部
吉田 純人
東京工業大学大学院 総合理工学研究科 人間環境システム専攻

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる