学校法人岩崎学園
イワサキガクエン
2024

学校法人岩崎学園

大学院・専門学校・保育園・幼稚園の運営、生涯学習等の支援事業
業種
教育関連
広告/医療関連・医療機関/出版/その他サービス
本社
神奈川
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

2027年、学園創立100周年。横浜を拠点に、常に新しい教育サービスを創造・提供してきました。

岩崎学園グループは、専門学校教育を中心に、大学院教育、子育て支援・幼児教育、
生涯教育・NPO支援事業、学生就学支援、文化振興など幅広い事業を、地域に密着し展開しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

2027年、学園創立100周年。

本学園は1927年に創立しました。激動の時代を経て、変わりゆく世の中の変化を敏感にキャッチし、常に未来を見据えながら、時代が求める人材を育成するべく「教育サービス」を提供し続けています。専門学校教育をはじめ、大学院、保育園、幼稚園、放課後児童クラブ、地域との連携事業など幅広い事業領域で、地元横浜の地域社会発展に貢献してきました。横浜に根付いてまもなく100年。まさに変革の最中にある私たちは、岩崎学園の次の時代を描こうとしています。

仕事内容

常に相手に寄り添い、学生一人ひとりの目線に立つ。

新規事業の立案・実施などをおこなう「経営企画」、発想力豊かな人間教育、卒業後の未来を支援する「キャリア開発」、学園全体を支える「総務・経理財務」、高校生をはじめとするステークホルダーの”学校選び”を支援する「広報・学生募集」、教科指導や担任として学生指導をおこなう「専門学校教員」など、仕事内容はバリエーションに富んでいます。全教職員が大切にしていることは、学生一人ひとりと同じ目線に立ち、丁寧に向きあいながら、ともに未来へ歩んでいく姿勢、そして、学生・教職員にとっての「楽しさ」の創出です。人生の岐路に立ちあう大切な仕事。個々の学生の「夢の実現」に向けて、全教職員が情熱を持ってサポートしています。

魅力的な人材

変化を楽しみ、ワクワクしよう。

本学園には、これまでの確固たる実績や信頼があるからこそ実現できる、教育事業にとどまらず、新規分野を開拓していける、チャレンジングな姿勢があります。”学校なのに、どこか学校っぽくない”これが、今の本学園の基盤である、「楽しさ」を創出しています。どんなことも、仲間との協働で楽しく乗り越えていける。その先に待っている達成感や感動。岩崎学園だからこそ描ける、あなたの理想のキャリアがきっとあります。誰もがチャレンジできる環境の中、自由な発想、そして「楽しむ」マインドで、皆さんが”ワクワク”するような岩崎学園の次の時代を、一緒に描きませんか?

会社データ

事業内容 ●大学院教育
 情報セキュリティ大学院大学
●専門学校教育
 横浜fカレッジ
  (ファッション、美容、メイク、ネイル、エステ、ブライダル)
 情報科学専門学校
  (コンピュータ、IT、ビッグデータ、スマホアプリ、
   ロボット、人工知能、IoT、Web、一般事務、秘書、簿記、販売)
 横浜医療情報専門学校
  (医療事務・調剤薬局、小児クラーク、医療IT、医療情報技師、
   医療システム開発)
 横浜デジタルアーツ専門学校
  (メディア、グラフィック、イラスト、ゲーム、CG、Webデザイン、音楽)
 横浜リハビリテーション専門学校
  (理学療法・作業療法)
 横浜保育福祉専門学校
  (保育、幼稚園教諭、児童福祉)
 横浜実践看護専門学校
  (看護)
●子育て支援・幼児教育
 岩崎学園東戸塚保育園
 岩崎学園新横浜保育園
 岩崎学園新横浜第二保育園
 岩崎学園品濃町放課後児童クラブ[大地][大空]
 岩崎学園新横浜放課後児童クラブ
 岩崎学園附属幼稚園
 岩崎学園附属磯子幼稚園
●文化・地域振興事業
 岩崎博物館[ゲーテ座記念]
●生涯教育
設立 1927年11月
基本金 363億3400万円
教職員人数 676名 ※非常勤講師含む(2022年11月現在)
代表者 理事長 岩崎文裕
事業所 横浜(横浜西口、新横浜、東戸塚)【神奈川・横浜エリア】
関連会社 株式会社アーク情報システム
■□■□■□■ 岩 崎 学 園 の 歴 史 ■□■□■□■

まだ日本人の多くが和服を身にまとっていた昭和初期に、
女性の自立と洋服の普及を見越し、
「横浜洋裁専門女学院(現横浜fカレッジ)」を設立。

以来、時代の大きな流れを読み解き、常にアンテナを張り巡らせ
専門学校、幼稚園、保育園、大学院など、さまざまな方を対象とした
教育サービスを展開してきました。

IT社会の到来を予測し、「情報科学専門学校 横浜西口校・新横浜校(現 横浜医療情報専門学校) 」を開校。
デジタル時代を担うクリエーターを育てるために「横浜デジタルアーツ専門学校」を開校。
高齢化社会に突入し顕在化した理学療法士・作業療法士不足の解決に「横浜リハビリテーション専門学校」を開校。
少子化問題解決の一助として、保育士を育てる「横浜保育福祉専門学校」を開校。
東日本大震災を受け、IT技術者の育成のために「情報科学専門学校 新横浜校」は、4年制の医療IT科を新設、「横浜医療情報専門学校」として新たな歩みを始める。
そして県内の看護師不足と早期離職を解決するため「横浜実践看護専門学校」を2014年4月に開校。


時代を牽引する若くて豊かな感性を育み、発想や表現を楽しみながら、
地域に貢献する文化・社会の担い手を輩出してきました。
<沿革> ■1927年 横浜洋裁専門女学院(現横浜fカレッジ)設立
■1975年 岩崎学園附属幼稚園開園
■1976年 岩崎学園附属磯子幼稚園開園
■1980年 岩崎博物館完成
■1981年 情報科学研究所開設
■1983年 情報科学専門学校開校
■1989年 情報科学専門学校新横浜校、岩崎ファッション工科専門学校開校
■1991年  株式会社アーク情報システムに資本参加、情報科学研究所東京開発センター(市ヶ谷)開設
■1998年 横浜リハビリテーション専門学校開校
■1999年 岩崎ファッション工科専門学校より横浜デジタルアーツ専門学校に名称変更
■2001年 横浜洋裁学院より横浜fカレッジに名称変更
■2004年 情報セキュリティ大学院大学開学
■2007年 横浜保育福祉専門学校、岩崎学園東戸塚保育園、品濃町放課後児童クラブ開設
              創立80周年を迎える
■2010年 岩崎学園新横浜保育園、新横浜放課後児童クラブ開設
■2012年 情報科学専門学校新横浜校より横浜医療情報専門学校に名称変更、岩崎学園新横浜第二保育園開設
■2014年 横浜実践看護専門学校開校
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)