長岡香料株式会社ナガオカコウリョウ
業種 食品
化粧品/その他製造/商社(食料品)/商社(化粧品)
本社 大阪

先輩社員にインタビュー

営業部
T・H(31歳)
【出身】経営学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 イメージをリアルにするお手伝い
営業の主な仕事は得意先である食品メーカーの研究・開発部担当者の頭の中にあるイメージを正確に吸い上げ、実際にフレーバーを作成するフレーバリストに的確に伝えるメッセンジャーの役割です。当社が扱う商材は「香り」という形のない大変抽象的なもの。お客様の頭の中にある漠然としたイメージを明確化するお手伝いをするとともに、フレーバーリストの手で具現化することが必要となります。
お客様のイメージを明確化するためには自身の食体験に基づく「想像力」とそれを言語化する「語彙力」が求められます。毎週のように発売される各社の新商品を実際に食べたり、いま話題のお店に足を運ぶことも上記の力を養う立派な業務の一環として社内でも認められています。(そのおかげで入社から4年で5kg増えたのはここだけの秘密です。)
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分がいなかったらこの商品は世に出ていない
有り体ではありますが、自身が携わった案件が商品という形で実際に小売店の棚に並んでいる光景を見た瞬間は何にも代えがたい感動があります。
お客様から「まさにイメージ通りの香りです!」とお褒めの言葉を頂けたとき、香料を採用頂いた商品の売れ行きが好調で追加のご注文を頂けたとき、自身が携わった商品を家族が美味しいと喜びながら食べている姿を見たとき。嬉しかったエピソードを挙げれば枚挙にいとまがありません。
お客様の頭の中にしか存在しなかったただのイメージが、あらゆるプロセスを踏んでリアルな商品として目の前に存在する。大袈裟かもしれませんが、「自分がいなかったらこの商品は世に出てなかったんだよな…」と思うと思わず箱買いしたくなります。(そのおかげで入社から4年で5kg増えたのはここだけの秘密です。)
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 商品開発の最前線
私は転職組として入社しましたが、一言でいえば「商品開発に最も川上から携われること」が一番大きな理由です。
前職では食品専門商社の営業として小売店向けに市販品を流通させるお手伝いをしておりましたが、メーカー各社が世に送り出す魅力的な商品に触れていくうちに自分も一から商品開発に関わりたいという気持ちが芽生えてきました。
香料はかなりニッチな存在ですが、商品の風味や味を左右するかなり大きな影響力を持っています。香りというアプローチであればあらゆる分野の食品開発に携われると思い入社を決めました。
また手前味噌で恐縮ですが社内の雰囲気も和気あいあいとしており、少なくとも私は人間関係でのストレスは皆無です。世間と比べて待遇面も結構恵まれている方だと思いますが、詳しくはぜひ会社説明会で聞いてみてください。
 
これまでのキャリア 前職:食品専門商社(営業職 5年)
→研修(研究・製造・営業部署 3か月)
→東京営業部 配属(菓子・即席麺メーカーの担当営業 現職:4年目 ※2022年度で5年目)

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 特定のお客様と長いおつきあいが続く仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 顧客の嗜好を洞察する力が身につく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は自身を棚卸する絶好の機会だと思います。
「給料」「安定」「ステータス」「やりがい」「ワーク・ライフ・バランス」etc…
自分にとってなにが本当に大事なのか、まずは自分の中の優先順位を明確化することが就職活動の第一歩だと思います。
「将来を決めるには20年は短すぎるが、諦めるには40年は長すぎる。」
私が就職活動を終えたときに強く感じたことです。
皆さまの就職活動が後悔のないものになりますよう、微力ながら応援しております。

長岡香料株式会社の先輩社員

安心安全な香料の製造

大阪工場
K・I
海洋科学部食品生産科学科

柑橘系フレーバーの作製

東京研究所
H・M
生物資源科学部 生命科学科

より美味しく、魅力的な商品づくりをサポート

大阪開発研究所
T・S
環境人間学部

各部署をつなぐ架け橋となり製造を円滑に

大阪工場
S・K
人間文化研究科 心身健康学専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる