株式会社創味食品ソウミショクヒン
業種 食品
本社 京都

先輩社員にインタビュー

開発本部 商品開発課
女性社員(25歳)
【出身】大阪府立大学  地域保健学域 総合リハビリテーション学類 栄養療法学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 和・洋・中、幅広いジャンルの調味料の商品開発
お客様からのご要望に合わせたプライベートブランドの商品開発、新しい自社製品の商品開発をしています。プライベートブランド商品では、営業を介してお客様から依頼を頂き、ご要望に合わせて味の調整を行いながら提案していきます。お客様から味のOKを頂いたら、商品化となります。当社では、ラベルの作成や工場サイズへのスケールアップまで、すべて担当の開発員が行います。そのため課題に直面することもありますが、無事製品化された時は、この上ないやりがいを感じます。和・洋・中の幅広いジャンルの調味料を開発するので、自分次第で新規性のある仕事ができるのも面白い所です。特に自社商品の商品開発では、今までにない商品や、自分が作りたい味の商品提案が出来ます。自分が考えた商品が社内で美味しいと評価された時はとても嬉しかったです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
京都の精肉・外食店でデミグラスソースの内定を頂きました
入社2年目の時にデミグラスソースの提案が内定したことです。お客様は自家製でデミグラスソースを作っていました。しかし自家製のものを提案品で味を再現することがとても難しく、何度も試作・提案をしていました。そんな中、営業に同行してお客様に直接提案しに行ける機会がありました。もう少し牛肉感が欲しいなど、味の細かい打ち合わせや、レトルト処理をすると味がどう変わっていくのかなど開発でしか出来ない説明をしました。お客様と密に相談できたことで、求められている味のイメージをつかむことができ、先輩方と相談しながら、原料や製造工程を変えていきました。その結果、無事内定を頂くことが出来ました。京都のお客様だったので、実際に自分の製品が使われた商品を売っているのを見ることができ、とても嬉しく感じました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 様々な商品開発が出来るところ
食品の企画・開発に携わりたいと思い、食品業界で業種を問わずに就職活動をしていました。私は好奇心が強かったので、様々な食品メーカーの説明会に参加しましたが、やってみたい!と思うことが多く、なかなか自分のやりたい軸が持てていませんでした。そのため、一貫性がないのではと受け取られることもありました。しかし、当社は様々なジャンルの調味料の開発に携わることが出来ます。自分の好奇心を活かし、色んなことにチャレンジしていけると思ったので、この会社を選びました。実際に入社したら、先輩方はワンポーションのパスタソースの開発や、新しい原料メーカーとの取引を行うなど新しいものに常に取り組んでいました。色んなメーカーから原料を取り寄せれる所や、新しい製法に挑戦することに寛容なのもこの会社の好きな所です。
 
これまでのキャリア 商品開発(現職:今年で4年目)

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は自分と向き合うとてもいい機会です。先ずは自分は何が得意で何が苦手なのか、しっかりと考え自分自身について研究してみてください。
自分の強みや、今後どう働いていきたいかが見えてくると思います。そしてたくさんの企業を見てください。自分の軸に合う企業がきっとあります。
自分は入社してどう力を発揮出来るのか、利益を生み出せるのかなど、会社の採用視点に立ってアプローチを考えるといいと思います。大変ですが、頑張ってください。

株式会社創味食品の先輩社員

調味料、たれ類等の営業。ユーザー様の用途に合わせた商品提案と商品開発。

東日本営業本部 東京支店
男性社員
早稲田大学 教育学部 複合文化学科

製造オペレーターとして液体、粉末調味料の製造。

生産本部 丹波工場
男性社員
滋賀県立大学 環境科学部 生物資源管理学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる