佐藤鉄工株式会社サトウテッコウ

佐藤鉄工株式会社

土木設計/建築設計/橋梁/水門/インフラ/施工管理
業種 建設
建設コンサルタント/建築設計/鉄鋼/機械設計
本社 富山、東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

取締役 執行役員 橋梁事業部
N.N
【出身】名古屋大学大学院  土木工学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 経営者サイドで、橋梁事業部をまとめています。
私は今まで、「設計」「製造」「管理」「建設」…と、土木の知識を高めながら各部署を経験することができました。していないのは「経理」と「守衛さん」くらいです(笑)現在は経営者サイドに属するので、利益がちゃんと出ているか、お客様との連携が取れているか等を管理しています。トラブルがあった時には責任者として全国の現場に行き、顧客に説明や謝罪をすることもありますし、橋梁事業部の仕事が立て込み忙しい時には、社内他部署への協力依頼など調整することも仕事です。
情報収集から謝罪まで色々と行いますが「橋がかからない」ことはありません。必ずくる終わりがきて、達成感を感じる瞬間まで、社員がいきいきと働けるように。自分の知識や人脈を総動員してサポートしています。社長も目指せるのが当社。やりがいは十分ありますよ。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
事例の無い工事に取組み成功した【有沢橋】の耐震補強工事。
富山県内にある「有沢橋」をご存知でしょうか。その橋梁を施工したのは当社なのですが、私は施工33年後に行った、補強工事を担当しました。橋梁の土台となっている橋脚部分のコンクリートに大量のひび割れを発見。調査では、自然環境との化学反応により、コンクリートも骨組みとなる鉄筋ももろくなっており、従来の周りを新しい材料で巻く「補強」ではなく、「打ち換え」が必要だという結果に。有沢橋程規模が大きく、県内主要路の為交通可能な状態は保持しながらの柱の打ち換え。国内外を探しても前例が無かったため「壊す決断」から「手法」までも、0から、県の担当者と共に挑戦していきました。ここでは説明しきれないくらい、壁があり、挑戦があり、仲間との協力があり…となった忘れられない達成感ある仕事で、学会でも報告されています
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 工学の根っこ「土木」の知識を活かし、社会インフラの設計から建設まで
自分の親が電力会社に勤めており働き方を見聞きしていたので、自分には規模の大きな企業よりも中小規模が合っていそう、とか、公務員よりも夢のある仕事ができる民間企業が良いな、という思いを持っていました。そんな中、大学の研究室に当社社員がOBとして訪ねて来ていたんですよ。学んでいることが生かせる会社でしたし、良い先輩だし、家から近いし…という理由で決めました。
土木工学の魅力に気付いたのは大学に入ってからですね。機械・電気電子や化学など色々な「工学」がありますが、ものづくりの原点が「土木技術」になるわけです。ピラミッドを建築していた頃からそれは存在していて、工学の全ての根っこになっている。その根っこを学べる分野が「土木」と聞いて、感動したんですよ。学生さんにも、そんな魅力が伝わっていると嬉しいです。
 
これまでのキャリア 入社34年目。
設計、製造、管理、建設、営業等の社内各部署を担当し、現在は橋梁事業部長として富山本社勤務。
社内制度も活用し「コンクリート診断士」等の資格も保持しています。
※2020年取材時点

この仕事のポイント

仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

土木は枝分かれする分野が多いので、他に比べて広く、浅く、色々なことを学んでいる分野だと思っています。だからこそ、土木を学んだ学生さんが入社すると、当社全部の力がベースアップしているという印象です。色々な発想や感覚、考え方が必要な事業なので、女性土木技術者の力も強化したい。ぜひ「こういうことをやってみたい」と目標を持って、社会へ、当社へ来てみてください。一人ひとりに合った道で「やってみたい」の実現を目指し、根気強く頑張りましょう!

佐藤鉄工株式会社の先輩社員

鋼製の橋梁を設計。土木の知識と現場の声を知る、自分だからできること。

橋梁事業部
H.H
金沢大学 工学部土木建設工学科

橋梁の原寸作業

製造部 生産情報グループ 工作情報チーム
T.K

入札の際に必要な技術資料の作成

営業部 技術提案室
T.H
金沢工業大学 機械工学

橋梁設計 日本のインフラを支える仕事

橋梁・鉄構事業部 技術グループ
Y.H
金沢工業大学 工学部 機械工学科

破砕機の設計とリサイクルシステムのプラントエンジニアリング

新事業開発部 環境・エネルギー技術グループ
H.H
金沢工業大学大学院 機械工学専攻

製造ラインの要を担っています!

生産統括部 技術グループ
T.I
富山大学 工学部 材料機能工学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる