佐藤鉄工株式会社サトウテッコウ

佐藤鉄工株式会社

土木設計/建築設計/橋梁/水門/インフラ/施工管理
業種 建設
建設コンサルタント/建築設計/鉄鋼/機械設計
本社 富山、東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

生産統括部 技術グループ
T.I(28歳)
【出身】富山大学  工学部 材料機能工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 製造ラインの要を担っています!
私が担当している業務は、施工試験の実施・報告、治具や吊金具の設計、作業標準書の管理など様々あり、1つにまとめると「製造関係の技術的支援」という業務を行っています。当社は製造業のため、その生産性は工場製作がメインであり、その流れをなるべく止めないようにすることが非常に重要です。この流れを止める直接的な要因を取り除き、円滑な工場製作を維持管理することが、私の仕事になります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分の得意不得意を意識することで、成長できるから。
最初の内は、少しでも早く・正確に出来るようにという点を心がけていましたが、なかなか上手くいかず、今ではなるべく目的や重要なポイントについて注意して仕事をするようにしています。仕事をしていると様々な人がいて教え方が上手な人や、なかなかうまく相手に説明できない人もいます。自分もあまり人に伝えるのは得意ではないですが、なるべく相手の伝えたいことを考えながら話を聞いたり、また自分から人に説明する時は、どこが重要なのかを強調して伝えるようにしています。結果、当初思っていた早く・正確という事にもつながっていき、少しでも成長できているのではないかと思います。成長の実感は、仕事のモチベ―ションにつながっています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 本当に大きな製品を作る企業だったから!
私は学生時代、材料機能工学科という ものづくりには欠かせない材料の研究を行う学部で勉強していました。研究内容も非常に細かく、製品そのものをつくる という事からは少し遠い学科でした。しかし就職活動の際に、大きい製品を扱っている企業に入り製作に携わりたいという気持ちが強くなり、そういった経緯から当社を希望しました。
 
これまでのキャリア 2014年入社→現在

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私は昔から複数のことを並行して進めることが苦手で、大学時代には何事も両立出来るように挑戦していました。結果的には、多少ですが苦手意識を軽減出来たかと思います。今でも複数の仕事を並行していく機会が多く、大学時代に少しでも挑戦しておいて良かったと思う一方、今現在も上手く仕事を進められるように日々挑戦中です。皆さんも、自己研究はおろそかにせず、自分の苦手なところを意識できるようになると、成長にもつながるのでおすすめです。頑張ってください。

佐藤鉄工株式会社の先輩社員

鋼製の橋梁を設計。土木の知識と現場の声を知る、自分だからできること。

橋梁事業部
H.H
金沢大学 工学部土木建設工学科

経営者サイドで、橋梁事業部をまとめています。

取締役 執行役員 橋梁事業部
N.N
名古屋大学大学院 土木工学専攻

橋梁の原寸作業

製造部 生産情報グループ 工作情報チーム
T.K

入札の際に必要な技術資料の作成

営業部 技術提案室
T.H
金沢工業大学 機械工学

橋梁設計 日本のインフラを支える仕事

橋梁・鉄構事業部 技術グループ
Y.H
金沢工業大学 工学部 機械工学科

破砕機の設計とリサイクルシステムのプラントエンジニアリング

新事業開発部 環境・エネルギー技術グループ
H.H
金沢工業大学大学院 機械工学専攻

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる