株式会社KRSケイアールエス

株式会社KRS

広告/コンサル/人材ビジネス /インターネット広告
業種 広告
コンサルタント・専門コンサルタント/人材サービス(人材紹介・人材派遣)/インターネット関連/出版
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

営業グループ
山城 裕大(23歳)
【出身】名古屋外国語大学  外国語学部・日本語学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 営業というより、採用成功のプロデューサーみたいな存在。
私は営業職ですが、受注して広告を掲載して終わり、という仕事ではありません。むしろ広告を掲載してからが大事だと思っています。人材採用は、広告を掲載すれば成功すると決まったわけではなく、応募状況や求職者の動向を把握しながら改善点があればお客様に提案し実行する「伴走」あってのこと。例えば、応募人数は多いのになかなか面接できない課題があり、お客様によくよく聞いてみると、面接の案内をするまでに長期間かかっていた…なんてこともあります。そこに気づけるかは自分次第です。無形商材だからこそ実力が試され、自分の存在意義を実感できる仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
企業の代表者と接点を持ち、自分を必要としてもらえる喜びがある。
商談相手は、企業の人事担当者か社長であることがほとんど。社長さんともなると企業のトップですから、入社当初はさすがに緊張していました。でも経営者の考えを知るのは本当に刺激的で勉強になりますし、貴重な体験。いつしか取材や商談が楽しみになりました。特に印象に残っているのは、取引相手でもないのに私からの連絡を快く受け入れてくれたお客様に出会ったこと。すでに他の代理店で求人広告を掲載していたのですが、応募状況は低迷し、担当営業からも連絡がないとのことでした。そこで私は、改善策をご提案し、他社の担当営業に伝えていただき広告を変更してもらうように勧めました。後日応募状況は改善され、「次回は山城さんに担当してもらいたい」と言ってもらえました。企業の代表者に評価されると、大きな自信に繋がりますよ。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 最終的には「人」で選びました。
無形商材こそ、自分の実力が試される場所。その中でひとの人生に関わる「人材採用」の業界に興味を抱きました。広告の中でも、求人広告は企業と求職者(広告主とユーザー)両方に近い距離で評価を得られる商材です。だからこそやりがいを実感しやすいのではないかと思いました。私が面接する中でKRSになぜ好感を抱いたのかというと、営業部の部長、先輩方の発言や雰囲気に頼りがいを感じたから。自分もこうなれるのではないか。そう思うとワクワクしたのを覚えています。
 
これまでのキャリア 2021年新卒入社→営業グループ・中途採用チームに配属

この仕事のポイント

仕事の中身 人の成長やスキルアップ、キャリアアップをサポートする仕事
仕事のスタイル 何人もの人を動かすリーダーシップが問われる仕事
仕事でかかわる人 経営者と接する仕事
仕事で身につくもの 経営者との人脈が広がる仕事
特に向いている性格 使命感に燃えやすい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

入社してみてわかったのは、働く環境がとても大事だということ。自分からコミュニケーションを取りやすい雰囲気なのか、また、周囲から積極的に声をかけてくれる環境なのか。会社は結局のところ人の集まりですから、会社説明会や面接を通じて、一緒に働く人たちとの会話を楽しんでみるというのも、情報収集の一つになるのではないかと思います。

株式会社KRSの先輩社員

採用活動を通しての企業様の発展のお手伝い

営業グループ
稲垣 成人
中央大学 商学部 商業・貿易学科

お客様のためになることを常に探す!

営業グループ
T.N.
武蔵野大学 文学部 日本文学文化学科

お客様先の人事担当になりきり、より良い採用活動になるようお手伝いをする

OS(アウトソーシング)グループ
M.I
獨協大学 経済学部経営学科

単なるモノ売りじゃなく、どれだけ人事に近い立場に歩み寄れるか。

営業グループ
丸山桃子
桜美林大学 ビジネスマネジメント学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる