近畿産業信用組合
キンキサンギョウシンヨウクミアイ

プレエントリーとは、「御社に興味があります」という意思表示です。エントリーシートの提出締切や説明会・面接開催情報を企業から受け取ることができます。

※現在、「プレエントリー」または「説明会・面接」の申し込みは受け付けていません。
  • 正社員
業種
信用金庫・信用組合・労働金庫
その他金融
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

「KINSAN My Smile Bank」をキャッチフレーズに、お客様の夢を実現するパートナーとして、地域に根ざした、お客様に必要とされる金融機関を目指します。
●お客様との絆を大切にしています
⇒元気な挨拶や笑顔、まごころといった常識的なことを基本とし、お客様と接することを大切にします。
●「’とらきち’の贈りもの2」好評発売中!
⇒YouTubeにてオリジナルCM第5弾「お米屋とらきち篇」公開中!最新CM等ご覧いただけます

当社の魅力はここ!!

事業優位性

預金積金・貸出金 全国信用組合No.1

預金積金・貸出金 全国信用組合No.1!!◆預金積金残高 1兆4,326億円、貸出金残高 1兆456億円(2023年3月末現在)◆ どちらも新生 近畿産業信用組合としてスタートした2002年度決算を基準として、20期連続で増加し、最高記録を更新し続けています。また、貸出金残高は初の1兆円の大台に到達し預金・貸出金共に1兆円達成は信用組合初となります。しかし、この実績に甘えることなく、これからも地域の活性化への貢献や、よりよい商品の提案を通して、これまで以上にお客様に必要とされる信用組合となれるよう努めていきたいと考えています。

施設・職場環境

お客様に快適にご利用いただくための態勢づくり進行中!

2019年に大阪市内ビジネスの中心地「北浜」に本店が新築移転オープン致しました。本店ビルは、地上18階建、最新の環境技術を駆使したビルに、最先端のICT設備や防犯・防災設備を備え、地域の皆さまに役立つ事を目指した建物となっています。また、渉外支援システムや融資稟議支援システムなど各種システム導入も積極的に進めており、2022年2月には全店に「電子記帳台システム」を導入。伝票等に記入頂いていた氏名・住所などの情報は運転免許証等の確認書類の機械読取により自動入力が可能となり、複数の手続きでも1回の署名・捺印で完了するなどお客様の手続きがスムーズになったとともに、待ち時間の短縮にも繋がっています。

待遇・制度

充実した研修でお客様へより良いご提案を

きんさんでは人材育成のための研修体制に力を入れています。各営業店へ配属された後は、日々の業務と並行しながら定期的にTV会議システムやオンデマンド(ビデオ配信)システムを利用したリモート研修や、ロールプレイングなどは集合研修で行うなど、研修内容に応じて形式を変えながら、充実した研修内容を効率的に行えるようにしております。また、初めの半年間はOJT担当者が1名付き、日々の業務を通してしっかりと仕事の経験を積んで頂きます。こうして、お客様へ自信をもって最高の提案ができるような体制づくりに努めています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

営業店内部事務(預金・融資等)及び渉外(営業)業務他信用組合業務全般、
総合職・一般職の区別なく、様々な業務についていただきます。
預金・融資・渉外(営業)など、それぞれの業務において【FACE TO FACE】の関係強化を目指して、更にお客様に信頼してもらえるよう日々創意工夫や行動をしていただきたいと考えています。

会社データ

事業内容 ●預金・融資・為替業務を中心とした金融機関業務全般
●投資信託・個人向け国債・保険の窓口販売
●企画・広報・審査・資金運用・管理・人事・総務・システム開発 等の業務
(「中小企業等協同組合法」「協同組合による金融事業に関する法律」に基づく信用組合業務)
設立 1953年9月1日
出資金 257億円 2023年3月末現在
役職員数 775名 2023年3月末現在
預金積金量 1兆4,326億円 2023年3月末現在
代表者 理事長 大本 崇博
事業所 大阪府18店舗・京都府5店舗・兵庫県4店舗・奈良県2店舗・滋賀県1店舗・和歌山県1店舗・岐阜県1店舗・長崎県1店舗(全33店舗) 2023年3月末現在
業績 決算期   預金積金残高   貸出金残高   当期純利益
――――――――――――――――――――――――――――
2021.3    13,734     9,502      67
2022.3    14,139     9,834      70
2023.3    14,326    10,456       99
(単位:億円)
自己資本比率 2021年3月期  11.61%
2022年3月期  11.75%
2023年3月期   11.86%
沿革 ●1953年 9月
 京都市下京区河原町通四条下ル稲荷町321番地において「日本芸術家信用組合」を設立
●1964年 6月
 名称を「日芸信用組合」に変更
●1989年10月
 本店事務所を京都市中央区富小路通三条上ル福良町108番地に移転し、名称を「京都シティ信用組合」に変更
●1992年11月
 本店事務所を京都市下京区高辻通堀川西入ル富永町676番地に新築移転
●2001年 5月
 信用組合大阪商銀を事業譲受し、名称を「近畿産業信用組合」に変更
●2002年 5月
 信用組合京都商銀を事業譲受
●2002年 6月
 信用組合関西興銀を事業譲受し、本店事務所を大阪市天王寺区筆ヶ崎町2番8号に移転
 新生『近畿産業信用組合』のスタート
●2003年 9月
 創業50周年
●2006年 6月
 長崎商銀信用組合と合併
●2012年 2月
 総預金 1兆円達成
●2013年3月
 総預金 信用組合日本一達成
●2017年3月
 実質業務純益100億円達成
●2019年5月
 本店事務所を大阪市中央区淡路町2-1-3に新築移転
●2022年9月
 総貸出金 1兆円達成
きんさんとは~その1~ “きんさん”は、お金を「お預かりする」「お借りいただく」だけが仕事ではなく、お客様が抱える問題を一緒に考え、解決し、お客様と共に発展・成長していくことが仕事と考えます。
きんさんとは~その2~ “きんさん”は、地域金融機関の役割を重視し、地域復興・活性化への取り組みとしてお客様との絆を深めるために、きんさん独自の様々なイベントを実施しております。現在は新型コロナウイルス感染防止の観点よりイベント開催を見送っておりましたが、今後は皆様に楽しんで頂けるようイベント内容を進化させながら、お客様の身近なパートナーとなれるよう努めて参ります。
きんさんとは~その3~ “きんさん”は、より多くの中小・零細企業の支援を通じて、本来の社会的使命である「地域社会への貢献」を遂行し、日本を元気にしていくために「商売人の心を持った真の金融機関」であることを追及しつづけます。
きんさんとは~その4~ “きんさん”は、「後見制度支援預金」の取扱いやユニバーサル対応への取組みを行い、老若男女誰にでも優しい金融機関であることに努めています。
きんさんとは~その5~ “きんさん”は、お客様との絆はもちろんのこと、職員との強い絆という宝を持っています。

連絡先

〒541-0047
大阪市中央区淡路町2-1-3
 
近畿産業信用組合
人事部 採用担当
TEL:06-6204-3140(人事部直通) FAX:06-6204-3141
URL:https://www.kinsan.co.jp/
掲載開始:2023/01/30

近畿産業信用組合に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

近畿産業信用組合に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリー候補数が多い企業ランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

※リクナビ2024における「プレエントリー候補」に追加された件数をもとに集計し、プレエントリーまたは説明会・面接予約受付中の企業をランキングの選出対象としております。

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)