日泉化学株式会社 
ニッセンカガク
2024

日泉化学株式会社 

一宮グループ
業種
化学
自動車/家電・AV機器/その他製造/商社(電機・電子・半導体)
本社
愛媛

私たちはこんな事業をしています

私たちは、プラスチック(合成樹脂)製品の製造業です。
当社のプラスチック製品は、自動車部品、食品パッケージや包装、家電や住宅設備部品、レジャー用品など、様々な場面でみなさんの
日常生活を支えています。また、環境に配慮した製品の開発にも取り組んでいます。
創業66年に渡り培ってきた技術力と一貫生産の強みを活かしたモノづくりが評価され、大手自動車メーカーや四国経済産業局から表彰いただいています。

当社の魅力はここ!!

技術力・開発力

大手メーカーに認められる技術力

当社は長年に渡り、自動車ドア内側のプラスチック部分(ドアトリム)を、はじめとする内装部品を受注・製造しています。自動車は人命を乗せて走るため、使用される樹脂部品にも「デザイン性」と「安全性・機能性」の両立が求められます。当社の製品は厳しい品質基準をクリアし、耐久性や防音性が評価されています。お客様のすべての要求を満たした製品を、1車種で20,000台/月以上生産するには、安定した品質も重要です。こうした技術力が認められ、これまで順調に事業を拡大させてきました。今後も、技術をさらに磨き、新たな事業や製品を展開していきたいと考えています。

事業・商品の特徴

当社の強みは、合成樹脂部品の一貫生産

当社の特徴は合成樹脂の研究開発~設計~製造まで、自社で一貫生産している事です。創業以来、60年以上続く合成樹脂コンパウンド(ベース素材に特性を加える技術)を通じ、化学メーカーと協働して合成樹脂原料の製造をしています。また、樹脂加工に必要不可欠で1/1,000mm単位の精度が必要な金型も製作し、合成樹脂製品の製造に必要な原料や技術開発から取り組む点が当社の特徴です。そのため、技術部門だけでも、技術開発、設計開発、生産技術などの加工メーカーとしての職種だけでなく、樹脂開発、製品開発、金型開発等、多岐に渡る職種があり、業務や研修を通じ技術者として技術のスキルを広げたり、より深く探求したりできる環境があります。

施設・職場環境

あなたの「やってみたい」という気持ちを聞かせてください

応募時に、明確な志望動機がなくても構いません。「モノづくりに興味がある」でも十分です。まずは、どんなことを「やってみたい」のか、働くことに対する希望を1つ教えて下さい。コロナ禍でやりたいことのすべてに挑戦できなかった学生生活を私たちも理解していますので、大学時代に身に着けた知識やスキル、経験は問いません。必要な知識などは、入社後に研修や業務を通して身につけることができます。まずは、お会いしてお話をする中で、「設計をしてみたい」、「生産現場を支える仕事をしてみたい」、「営業をやってみたい」など、社会人になってやってみたいことを一緒に考えてみませんか。

会社データ

【新型コロナウイルス感染症への対応】 **************************************
当社では、新型コロナウイルス感染症の拡大の状況を鑑み、
各省庁・関係機関等の方針を注視しながら会社説明会開催の準備を進めております。
対面式での説明会だけでなく、オンライン説明会も実施し、新型コロナウイルス感染症対策や移動時間、費用の削減にも繋げています。
対面式の説明会に参加される際は、正しい手指衛生を心がけ、
咳エチケットや正しいマスク着用等感染予防の対策をされた上、(マスクは各自ご用意のうえご着用ください)気を付けてお越しください。
また、開催にあたってはご参加いただくみなさまの安全を考慮し、下記対策を実施いたします。
・会場入り口にアルコール消毒液の設置
・参加社員のマスク着用
ご来社に不安のある方は、個別にご対応いたしますので、ご相談ください。
随時、事態の状況変化をみながら開催を検討いたしますので、
今後の状況によっては予定変更の可能性もございますが、
変更・中止の場合は、こちらの画面とリクナビからのメッセージ等でご案内させていただきます。
**************************************
事業内容 ■自動車事業部門
ドアトリムの他にも、トランクルームなどの内装部品、フェンダー(タイヤを覆うボディ部分)などの外装部品といった自動車に使用される部品の開発~設計~製造を行っています。
人命を乗せるため、特に、高い性能が要求されます。

■カスタム事業部門
家電メーカー、釣具メーカーなど、合成樹脂製品を必要とされるそれぞれのお客様に合わせた(カスタムした)製品を製造します。
例えば、釣具のクーラーボックスでは、低い温度ができるだけ長く保たれるように素材や形状といった機能性の工夫のほか、持ち上げやすくカッコいい外形など、メーカーや消費者の様々なニーズを踏まえながら開発~設計~製造を行います。
これらの製品を製造する際は、自動車事業で培った技術力が活かされています。

■原材料事業部門
合成樹脂の原料の製造加工を行っています。
合成樹脂のコンパウンド(ベース素材に特性を加える技術)や形状の加工、着色など、原料の性能や価値を高めるための取り組みを行っています。

■フィルム・シート事業部門
トレイやシート、包装など、合成樹脂製の製品を製造しています。
耐久性や引張強度、薄さなど、製品に求められる性能を踏まえながら、開発~設計~製造を行っています。

■電子事業部門
化学メーカーが製造される工業用高純度薬品等を調達して、必要とされる半導体製造業へ販売しています。
企業理念 ■一宮グループ経営基本理念
  (1)活力ある経営(組織と業務の活性化)
  (2)清新な経営(マンネリ化と自己中心判断の防止)
  (3)誠実な経営(奉仕)

■日泉化学経営理念・行動規範
  経営理念
   高度な応用技術力を柔軟に展開し
   時代のニーズをカタチにする
   トータルケミカルエンジニアリングを通じて
   新しい生活文化の向上に貢献する
   夢ある企業を目指します
行動規範    私たちは、ドキドキするときめきを提供します。
   私たちは、ひらめきをカタチにします。
   私たちは、夢ある時代を実現します。
   私たちは、地球に笑顔を、人に愛をひろめます。
設立 1957年7月
資本金 4億5000万円
従業員数 333名 
売上高 296億円(2021年1月期)
代表者 代表取締役社長執行役員  一宮  達
事業所 本社/愛媛県新居浜市
支店/東京・大阪
工場/愛媛(新居浜・西条・長浜(大洲))・千葉・埼玉・三重・滋賀
テクノセンター(研究開発拠点)/愛媛・栃木
営業所/名古屋・広島・熊本
海外/シンガポール・アメリカ・タイ・インドネシア・メキシコ
主な取引先 住友化学(株)、本田技研工業(株)、ダイキン工業(株)、グローブライド(株)、ソニーセミコンダクタ九州(株)、NECセミコンダクターズ関西(株)、メルコ・ディスプレイ・テクノロジー(株)、他
グループ企業 日泉ポリテック(株)
一宮化成工業(株)
近泉化学工業(株)
トータスエンジニアリング(株)
(株)アイシーシー
NISSEN CHEMICAL SINGAPORE Pte.Ltd.
NISSEN CHEMITEC AMERICA,Inc.
Nissen CHEMITEC (THAILAND) Ltd.
PT.NISSEN CHEMITEC INDONESIA
NISSEN CHEMITEC MEXICO S.A DE C.V
沿革
1951年  新居浜工場所在地において一宮工務店ビニール工場として塩化ビニールの精製
        を始める。
1956年  塩化ビニールを主原料とした製品開発に取り組み、ビニール床材1号品を市販。
1957年  一宮工務店ビニール工場を分離独立し、日泉化学工業株式会社として新発足。
        大阪営業所開設。
1961年  東京・名古屋に営業所開設。
1963年  ポリプロピレン精製加工分野に進出。ポリプロピレン工場新設。
1967年  千葉県木更津市に千葉工場を新設し関東・中部地区への供給力の増強をはかる。
1970年  新居浜工場・千葉工場に射出成形・押出成形を中心とした成形加工工場を新設。
1972年  トータスエンジニアリング(株)金型事業部を併設、プラスチック成形金型の設計製作
        に進出。
1974年  近泉化学工業(株)が発足。滋賀甲西町に滋賀事業所開設。
1977年  電子工業用薬品事業に進出。
1978年  千葉工場にラミネート装置を新設。各種フィルムシートの全国的な供給力を増強。
1981年  自動車部材事業に進出。
1982年  NISSEN CHEMICAL SINGAPORE PTE. LTD. 設立。
1984年   トータスエンジニアリング株式会社(大阪)を新設し金型事業に本格的に進出。
1985年   埼玉営業所、滋賀営業所、栃木営業所開設。
1987年   自動車パーツ専用工場の三重工場を開設。
1988年   北米の自動車パーツ専用工場としてJ.V(LONDON INDUSTRIES,INC)を設立。
1991年   R&Dの拠点とする日本ケミテック(株)を設立。
        社名を「日泉化学株式会社」に変更。
        自動車部材の企画・開発・海外支援業務を行う栃木テクノセンターを開設。
1994年   NISSEN CHEMITEC(THAILAND)LTD. を設立。
1995年   新居浜工場にバックライト工場を増設。
1996年   新居浜工場ISO9002を取得。
1999年    英国「LINPAC(現「ECO MOLD」)社」と技術提携。
2001年    三重事業所ISO14001を取得。
2002年    中国「珠海銘祥汽車工業有限公司」と技術提携。
2003年    関東事業所開設。
2004年    電子事業本部ISO14001取得。
2005年    関東事業所ISO9001取得。仏「SIMOLDES」社との技術提携。
2007年    タイにデザインセンター設立。(NISSEN CHEMITEC(THAILAND)LTD.内)
         インド「PRECISION PIPES&PROFILES CO.,LTD」社との技術提携。
          経済産業省「ものづくり日本大賞」優秀賞受賞。
          日泉化学株式会社設立50周年。
2008年     LONDON INDUSTRIES,INC をNISSEN CHEMITEC AMERICA, INC.に社名変更
2009年     電子事業本部総合マネジメントシステム((財)日本品質保証機構)を取得。
2010年   メキシコ「Plastic Tec社」と技術提携。
        日泉ケミカルグループISC総合マネジメントシステム運用開始。
        (日泉化学・日泉ポリテック・近泉化学工業・トータスエンジニアリング) 
2011年   フランス「FAURECIA AUTOMOTIVE HOLDINGS」と技術提携。
2012年   インドネシア「PT.NISSEN CHEMITEC INDONESIA」を設立。
2014年     メキシコ「NISSEN CHEMITEC MEXICO S.A. DE C.V.」を設立。

  
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)